« 少女達のアイドル研修 | トップページ | 決して揺らがない原則 »

2014/10/09

新展開への期待

モーニング娘。'14

海外人気が安定しているハロー!プロジェクトというテーマを以前に取り上げたが、モーニング娘。'14ニューヨーク公演を見ると、改めてその人気の高さを思い知らされる。
アメリカでは初のワンマンとの話だが、キャパ2000人ほどの会場を、ぎっしりと埋めたらしい。アイドル文化のないアウェーの地というのを考えれば、これは十分に大盛況だといえるだろう。
ちなみに、AKB48の同地における集客は、無料であるのに拘らず、800人に満たなかったと聞いている。やはり、前に指摘した通り、ハロプロの海外人気とでは、まるで比較にならないようだ。(参照:新たなアイドルの時代

いわゆる、アメリカ在住の日本人を集めたのでなく、世界各国の多様な客層から構成されているファンも興味深い。
カナダやハワイはもちろん、ペルーなど南米からやってくる人までいたそうな。メンバーからも、潜在的な人気の高そうな南米での公演を望む声もあったようだが、治安面での不安要素が大きく、実際には難しいだろう。
その他、メジャーリーガーの田中将大・里田まい夫妻や、喉頭がんが寛解したつんく♂といった面々が客席を飾り、話題になった。
道重さゆみ卒業後のモーニング娘。において、海外展開は新たな道すじを作るかも知れない。次に期待したいのは、フランスや東南アジアでの、フルメンバーによるワンマンだろうか。楽しみである。

さて、道重がいなくなったワンフォーをなかなか想像出来なかったのだが、12期新メンバー決定を経て、ようやくイメージが湧いてきた感じがする。ビジュアル補強を達成した来年以降のモーニング娘。が、楽しみで仕方がない。
個人的な趣味では牧野真莉愛一択なのだが、一般から入った二人も思いのほか、良さそうな印象がある。
海外でのイメージアップに貢献しそうな、英会話が特技の野中美希清楚で愛嬌ある雰囲気ながら、グラビアでも映えるスタイルの持ち主か(バスト大きめ!?)。水着写真集を出すには、打ってつけの素材のようにも見える。
長年、フィギュアスケートをやっていた尾形春水は、同名のはるなん飯窪春菜)とはタイプの異なる、ビジュアル強化型鞘師里保といったところ。しなやかで細身ながら、どことなく身体のバネを感じさせる。スキル次第では、将来のエース候補にもなり得るかも。
ただ、早速、過去のツイキャスをハロヲタに掘り出されており、エグイ変顔をネット上に曝されてしまっている。調子に乗ってハメを外す性格のようで、スキャンダル等の心配は、常についてまわりそうな気配だ。
12期メンバー

モーニング娘。'15からの展開は、様々な点において未知数であるが…ハイパフォーマンスの地盤は磐石であり、その上にキャラクターの面白さ、個性味が絶妙に加味されている。
そして、道重さゆみの抜けた大きな穴を埋めるに余りある、大幅なビジュアル補強によって、明るい展望が見えてきたと確信している。

AKBももクロに苦汁を舐めさせられた、元祖、実力派アイドルであるモーニング娘。の再興。今一度、ぬるま湯に浸かって弛み切ったこの世界に、活を入れて欲しい。そんな期待感が、胸に迸るのだ。

|

« 少女達のアイドル研修 | トップページ | 決して揺らがない原則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/60446618

この記事へのトラックバック一覧です: 新展開への期待:

« 少女達のアイドル研修 | トップページ | 決して揺らがない原則 »