« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014/10/28

水野由結の涙

水野由結前に訪れたのは憶えてないくらい、久しぶりの六本木。人生最底辺を這いずる僕には、六本木ヒルズなど、まるで別世界にある巨大オブジェのように思えた。
EX THEATER ROPPONGIにて開催された、さくら学院祭2014に参加する意味は、いうなれば卒業式の代替え。数年に渡り推してきたゆいもあ水野由結菊地最愛)の最後の姿を、しかと目に焼き付けることにあったといえる。
今回、二日目の26日公演に参加した成果としては、ほぼ完璧に、その目的を達成したと断言出来るだろう。
僕は、スタンディングエリアの、ど真ん中後ろ寄りに位置取っていたのだが、そこからは相当に近い距離感をもってメンバーの躍動する姿を視認することが出来た。
当然、ゆいもあはセンターに来ることが多く、そのアイドル界随一とも呼ばれる可愛さを、じっくりと堪能することが叶ったわけである。

ゆいもあは、さくら学院の要である。そう確信するに余りある、眩いばかりの圧倒的な存在感。他のメンバーもアピールに事欠かなかったが、やはり、ゆいもああってのさくらなのだと再確認することとなった。
卒業式は参加に向けて尽力するつもりだが、これまで武藤彩未中元すず香と、チケットを取り損ねている前例がある。僕にとって、ある意味、最後と踏んでの学院祭参加。それは、思いがけなく心揺さぶられるフィナーレを、心根に深く刻み付ける結果すら残したのだ。
鮮烈な印象を残したゆいもあを中心に、詳細に振り返ってみたい。

菊地最愛
会長らしくセンターをキープした最愛は、まさに目前にいた僕をメロメロに虜にした。
やはり、何といっても表現力が素晴らしく、歌い踊る際も、クルクルと変わる表情は見ていて全く飽きることなく、最高に可愛かった
さくら新グッズ提案の場面、「まくら学院」での森先生によるシモネタ投下にも、あっけらかんとした余裕の対応で、手慣れたものだった。
パンプキンパレードという曲中で、羽織ったマントが頭に絡まるハプニングが発生したものの、落ち着いて難なく乗り切る辺りは、BABYMETAL時の経験値がものをいった感じ。予期せぬトラブルを呼び込むタイプだが、華麗に処理する様が絵になり、実に素晴らしい。
パッチリした、力強い瞳も魅力的。目線が合うことが何度かあり、年甲斐もなく妙にドギマギしてしまった。残りの期間、生徒会長として、存分に輝きを放ち続けて欲しい。

水野由結
現アイドル界隈における屈指の純正統派、理性と友愛を併せ持つ美少女という点で、激単推しといっても過言ではない特別な存在。
今回も、色白で清廉な美貌、珍しく結んでいないゆるふわ黒髪で、僕の鼓動を、急き立てるように荒々しく掻き乱した。
寸劇の新グッズは、「由結ちゃんのほっぺ、最愛ちゃんのお団子」なるものを提案。シュークリームと、おはぎで形作ったお菓子らしいが…森先生に髪の部分は何で作るのか?と振られ、つい「自毛で」と答える。想定外の質問でうろたえて、無茶な返しをしてしまう辺りが何とも可愛く、萌え要素抜群である。
公演最後の最愛のMCにおいて、「中三にとって最後の学院祭」というキーワードが出たせいか、由結ちゃんだけ目が潤んでいたように見えた。
さくらの行事、ひとつひとつに精一杯、純粋に取り組んできた思いが覗けたようで、胸にぐっと込み上げるものがあった。あまりにも澄み切った純真な魂に触れ、心が洗われた気がしたのだ。

その他のメンバー
さすがはトーク委員長といった感じの野津友那乃は、序盤から小悪魔キャラで、他メンを責めまくっていた。さくらは、加入時期による先輩後輩の関係はないらしく、ゆいもあ相手でも容赦なくダメ出しの嵐で、なかなかキャラが立っていたと思う。
田口華磯野莉音によるプロレス同好会は、ホール両脇のバルコニーから登場したかと思えば、特設リング上で迫力あるパフォーマンスを実演。さくらの雰囲気とは明らかに異質であり、気合い入り過ぎのの表情に、正直ちょっと引いてしまった。
さくらデミー賞の告白シーンにおいて、小学生らしからぬ胸キュンアピールをやってのけた岡田愛。同級の山出愛子とガチ対立してそうなお子様感から逸脱した、相当な女子力の持ち主なのか!? 今どきの小学生は恐ろしいと、戦慄さえ覚えたものだ。
在校生と卒業生

純真無垢な可愛さで、正統派のアイドル像を体現してきたさくら学院。寸劇や部活動、果てはプロレスまで取り入れた奇抜な要素により、その個性味は大きく面白さを増し、少女らの魅力に華を添えた。

ただ、決して変わらないものがある。それは、どこまでも懸命に、感謝の気持ちを伝えようとする少女のひた向きさ。熱い思いが溢れ、やがて頬を伝うひと筋の滴となって、水野由結の涙は、僕の心に訴えかけてきたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/24

お知らせ

株式会社チャーム様より要請がありましたので、一部記事を削除しました。
記事中でのリンクが途切れている場合がありますが、ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/17

永遠へと落ちる記憶

おはガールふわわ

季節が流れるに従い、自らの衰えを実感する。最近は常に体調が優れず、気力も充実しないことしばしば。
アイドルを見つめ続けて、もう30年近くになるだろうか。戦国乱世において群雄割拠する彼女らの中にも、嘘偽りなく魅力ある存在を見い出すことが出来ず、つい無難な選択に走り、それに固執しがちだ。
現状では、さくら学院BABYMETALの他には、モーニング娘。'14に多少惹かれる程度でしかない。一時期、少しは興味を覚えていたグループも見られたが、今は何もない。特定グループの情報や動画などを、惰性で収集して終わりだ。

年齢と共に、視野が狭くなったのもあるが、スキャンダル等の容認傾向もあって、アイドルに対しての不信感が増したせいもあるだろう。
そして、実力のない存在が氾濫することによる、言い様のない物足りなさ。こうした要因によって、より盲目的になってしまった感がある。
ただ、未だ芽の出ていない個別の女の子の中には、もちろん注目すべき存在は居るはず。近頃は、こうした少女らを忘れていた事実に、ふと気付かされることが、ままある。
清原果耶

夜型で不規則な生活を続ける内に、朝の定番であるテレビ番組からも遠ざかっていた。
瑞々しいフレッシュな女子中学生の魅力が活力になる、おはガールの面々。今年度からのメンバーが、ユニット名を正式におはガールふわわとし、既に数曲をリリースしていたことを、つい最近になって知った次第だ。
前の、おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!を見ても、近年は、意外とアイドル的活動が見られてきている節がある。前は、リボン?のようなアイテムを駆使していた気がするが、今度はけん玉なんかを持って歌ったりしている。まあ、要するに子供向けアピールの一環であって、大きなお友達排除の傾向は、未だ改善されていないのか。
今年は、出だしからケチを付けられた感じがあったが、現メンバーの個別のクオリティは決して悪くない。
(参照:変わることのない原則
おおむね、ビジュアル評価の良い三好杏依と、愛されキャラで正統派な雰囲気の川鍋朱里が際立つ。楽曲の方は、アクティブな曲調に、飾りのない素朴なボーカルが溶け込み、悪くはない印象か。
来月に、ミニアルバムデビューと精力的。更なる展開を期待してみたいグループのひとつである。
山田杏奈

来春以降のさくら学院の急落が憂慮される情勢において、新たな核となる転入生の発掘が急務になるのは間違いない。
しかしながら、現状では候補になり得る女の子は皆無であり、非常に厳しいといわざるを得ない。そんな中、先日、アミューズ オーディションのグランプリが決定した模様だ。
清原果耶(かや)という、12歳の女の子だが…正直、どうなのだろう!? 何か妙に大人びていて、小ざっぱりし過ぎているルックス。わざわざグランプリに持ち上げるには、インパクトが薄いのではないか。
今年の国美にもいえるのだが、無難な選択をして、お茶を濁すのはやめて頂きたい。(参照:原石に出逢える予感
中二からさくらに入るのは無さそうだし、そもそもさ学の雰囲気でもない。小学生の、もっと可愛い子がいたのでは?と、つい愚痴りたくもなる。
余談ではあるが、ちゃおガール山田杏奈が、即席麺のCMに出演しているのを見た。進化した美少女ぶりに魅了されたわけだが…もし、この子がさくら入りを果たしていれば、あと一年は安泰なのにと、歯噛みすることしきり。
アミューズは、オーデだけでなく、精力的なスカウトに励んで、さくらを押し上げる努力を怠らないで欲しいと切に願う。

確実に朽ち、壊されていく心と身体、その陰鬱で異様な感覚。苦しみに支配されながらも、なお欲するものがあるとすれば、それは紛れもなく美少女の癒し。そして、慎ましいまでの、ささやかな触れ合いの思い出。

死という終わりに落ちていく、ほんの一瞬の間だけでも、脳裏に浮かぶものがあればいい。美しい少女の記憶が過ぎるのならば、そう、それは永遠へと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/11

決して揺らがない原則

松村沙友理

何度も何度も、もう懲り懲りなのだが、相変わらずの48グループの薄汚れたスキャンダルの発覚には、うんざりしている。
厳密にいえばAKB48と別物の扱いになっているものの、秋元康プロデュースという点からも繋がりの深い乃木坂46
このほど、主要メンバーの一人である松村沙友理不倫デートがスクープされ、大きな話題を呼んでいる。
妻子持ちの雑誌(ヤンジャン)編集者と長時間に渡りデートし、路上でキスをする場面まで写真誌に撮られてしまっている。

これを受けて、先日、ラジオ番組内で本人が泣きながら釈明したそうだ。
要は、たまたまナンパされ意気投合し、酔った勢いで軽はずみな行動をとってしまったとのこと。相手が既婚者とは知らず、不倫という意識はなかったと、苦しい言い訳を並べているらしい。
はっきりいうと、ふざけているのか?と思った。ナンパされ、フラフラとついていき、その場のノリで公衆の面前でキスまでしてしまうアイドルが、どこの世界にいるというのか。
いうまでもなく、即刻解雇相当の事案であり、事務所の対応が待たれるが…公式に謝罪の意思を表明したものの、本人の処分については、何も明らかにされていないようだ。
下手すると、このままお咎めなしで、平謝りだけで済ませられそうな雰囲気さえある。

もう今さら繰り返したくないのだが、アイドルにとってスキャンダルは致命的である。
イメージで売っているといっても過言ではないのだから、それが崩れれば、その時点でアイドルとしての生命は終わっている。
ちょっとした間違いとか、謝罪して済むとか、そういう問題ではないのだ。それまで応援してきたファンを裏切ったのだから、それ以上、アイドルを続けてはならない。これは、絶対の原則なのである。
事務所がどうこう以前に、松村自身が誠心誠意謝罪した上で、グループを脱退しなければならない。それが、当たり前の対応だ。
松村を擁護している生駒里奈も、こうした事を全く理解していないようだが、そんな心意気で務めているなら辞めてしまえと言いたい。
こんな基本的なことも分かっていないアイドルが、のさばっていると思うと、ほとほと嫌気が差してくる。

AKBの度重なる恋愛スキャンダルを見ても、頭を丸めて謝れば済む、人気メンバーなら左遷で済む、挙げ句の果てには、本人も事務所も素知らぬ顔で知らんぷりして、無かったことにする始末である。
こんなことでは、アイドルに夢もへったくれも、あったものじゃない。既に、AKBに対しては拭い切れない嫌悪感を感じているが、乃木坂の対応次第では、僕の中で完全に切り捨てる事態にもなり得るだろう。
特に、乃木坂46には、AKBの汚さに失望したファンが流れてきたという話を、よく聞いている。それだけ、清楚なイメージがあっただけに、今回の一件は途方もない汚点になるに違いない。当然あるべき、厳格な措置を強く求めたい。

昨今のアイドルを取り巻く情勢を知れば知るほど、本来の原則から離れていっている気がしてならない。
何が、アイドルというものを成立させているか、その存在意義は何なのか。そう考えれば、最も大切に思わなければならない対象は、いわずとも分かるはずだ。

薄汚れたイメージが氾濫するこのご時勢、必然的に低年齢アイドルに心が移ろうのも、やむを得ない話。たとえ見せかけだけでも、清純を貫けないのなら、決してアイドルを名乗ってもらいたくはない。
原則は断じて揺らがず、ファンの夢を最優先するのが正統派のあるべき姿。例外は、一切認められないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/09

新展開への期待

モーニング娘。'14

海外人気が安定しているハロー!プロジェクトというテーマを以前に取り上げたが、モーニング娘。'14ニューヨーク公演を見ると、改めてその人気の高さを思い知らされる。
アメリカでは初のワンマンとの話だが、キャパ2000人ほどの会場を、ぎっしりと埋めたらしい。アイドル文化のないアウェーの地というのを考えれば、これは十分に大盛況だといえるだろう。
ちなみに、AKB48の同地における集客は、無料であるのに拘らず、800人に満たなかったと聞いている。やはり、前に指摘した通り、ハロプロの海外人気とでは、まるで比較にならないようだ。(参照:新たなアイドルの時代

いわゆる、アメリカ在住の日本人を集めたのでなく、世界各国の多様な客層から構成されているファンも興味深い。
カナダやハワイはもちろん、ペルーなど南米からやってくる人までいたそうな。メンバーからも、潜在的な人気の高そうな南米での公演を望む声もあったようだが、治安面での不安要素が大きく、実際には難しいだろう。
その他、メジャーリーガーの田中将大・里田まい夫妻や、喉頭がんが寛解したつんく♂といった面々が客席を飾り、話題になった。
道重さゆみ卒業後のモーニング娘。において、海外展開は新たな道すじを作るかも知れない。次に期待したいのは、フランスや東南アジアでの、フルメンバーによるワンマンだろうか。楽しみである。

さて、道重がいなくなったワンフォーをなかなか想像出来なかったのだが、12期新メンバー決定を経て、ようやくイメージが湧いてきた感じがする。ビジュアル補強を達成した来年以降のモーニング娘。が、楽しみで仕方がない。
個人的な趣味では牧野真莉愛一択なのだが、一般から入った二人も思いのほか、良さそうな印象がある。
海外でのイメージアップに貢献しそうな、英会話が特技の野中美希清楚で愛嬌ある雰囲気ながら、グラビアでも映えるスタイルの持ち主か(バスト大きめ!?)。水着写真集を出すには、打ってつけの素材のようにも見える。
長年、フィギュアスケートをやっていた尾形春水は、同名のはるなん飯窪春菜)とはタイプの異なる、ビジュアル強化型鞘師里保といったところ。しなやかで細身ながら、どことなく身体のバネを感じさせる。スキル次第では、将来のエース候補にもなり得るかも。
ただ、早速、過去のツイキャスをハロヲタに掘り出されており、エグイ変顔をネット上に曝されてしまっている。調子に乗ってハメを外す性格のようで、スキャンダル等の心配は、常についてまわりそうな気配だ。
12期メンバー

モーニング娘。'15からの展開は、様々な点において未知数であるが…ハイパフォーマンスの地盤は磐石であり、その上にキャラクターの面白さ、個性味が絶妙に加味されている。
そして、道重さゆみの抜けた大きな穴を埋めるに余りある、大幅なビジュアル補強によって、明るい展望が見えてきたと確信している。

AKBももクロに苦汁を舐めさせられた、元祖、実力派アイドルであるモーニング娘。の再興。今一度、ぬるま湯に浸かって弛み切ったこの世界に、活を入れて欲しい。そんな期待感が、胸に迸るのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/01

少女達のアイドル研修

モーニング娘。'14新メンバー

取り急ぎ、モーニング娘。'14新メンバーの情報が入ったので。一般から二人、研修生からは牧野真莉愛羽賀朱音が選出されたようだ。
11期の小田さくらにも見られた、スキル重視、ビジュアル軽視の姿勢から一転した今回の結果には、正直驚いた。
飛び抜けたスキルを持たない研修生の二人に評価されたのは、明らかに将来性道重さゆみお気に入りの牧野、顔が似ているといわれた羽賀、こうした点からポスト道重としての期待を担っていると見ることが出来る。
研修生の中では、特に目を付けていた二人のモー娘。入り。個人的には、なかなかに満足感のある良い結果になったと思う。

さて、ハロプロに振り回されたものの、とりあえずの一段落となったか。ここで、本来の推しの話題に触れていきたい。
先日、有明で催されたさくら学院のライブイベントにおいて、様々な新しい趣向が凝らされた面白い試みが見受けられたらしい。
菊地水野野津倉島山出から成る新生バトン部や、田口華完全に趣味的な新ユニット「プロレス同好会」など、あっと驚く斬新な仕掛け満載の内容だったようだ。

この会場は、よくプロレス会場として使われるようで、なぜか特設リングがあり、そこで田口磯野によるロープ投げ?にも似た振り付けの、ユニークなパフォーマンスがあったりした模様。
BABYMETALで消耗していると思われたゆいもあ水野由結菊地最愛)も、アルバム収録曲のアレンジを披露するなど、ファンアピールに事欠かなかった。ただ、来年年明けには、BABYMETALさいたまスーパーアリーナ公演も決まっており、超過密スケジュールが続くだけに、さくらのライブでは軽めの役割でも宜しいかとも。バトンは練習量が必要になるし、少々二人には重い感じがするのだ。

そして、昨今の傾向として顕著なのが、ファンとの距離感を重視する向きが、ようやく出てきたことだろうか。
さくら学院は、アイドルとしては大変に珍しい、握手等の「接触なし」を前提にしてきたわけだが…それは、清楚で品行方正なイメージを得る反面、一線を引いた距離感による冷たさをも、ファンに感じさせてしまうものだ。
しかし最近になって、接触はないものの、曲始めに客席の間から登場したりする演出が、盛んに取り入れられている。今回のライブでも、秋学期試験における「かけっこ対決」にて、山出岡田の二人が、大勢の父兄(ファン)の間を駆け抜けるというのがあった。
こうした試みは、ファンとの距離を縮め、より親しみやすい親近感を持たせるのに大変効果的だと思う。握手が全てではないのだ。

夜公演最後には、白井沙樹バースデイサプライズで涙する場面も。来春以降、会長就任が最も有力視されているが、元父兄で、さくら学院愛に溢れる彼女なだけに、メンバー、ファン双方から愛されている様子だ。
僕個人は、最大の推しメンであるゆいもあ卒業後のさくらからは離れる予定だが、懸命に頑張る女の子らにはエールを送りたい。
もちろん、来春の卒業式には是が非でも出たいところ。ただ、競争率が厳しいだろうし、難しそうなので、とりあえず学院祭のチケットは確保した。月末の学院祭は、最後のつもりで、さくらのゆいもあを目に焼き付けてこようと思う。
さくら学院

小中学生限定」という名目の下に生み出されたアイドルでありながら、その実、研修期間という扱いに近いさくら学院。
ハロプロ研修生も一般人扱いであるものの、より本格的な「アイドル研修」を施されているように感じる。

アイドルと名が付く以上、高いパフォーマンスを追求し、ファンを楽しませる演出を忘れないで欲しいと願う。いわゆる「例外」というものを捨て、原点に立ち返るのも、これからの少女らには必要なのかも知れない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »