« 注目すべきアイドルグループの今 | トップページ | その瞬間まで続く苦しみ »

2014/04/08

変わることのない原則

新おはガール

数あるメディアの中でも、とりわけ大きな力を得たネットという媒体。今やテレビの影響力さえ上回るほどの、底知れないポテンシャルを見せつけている。
そうした流れに追い付けないのが、ネットリテラシーの問題。殊に、世間のイメージを最重視するアイドルに関しては、死活問題にもなり兼ねない重要事項である。

新年度の注目事のひとつである、新おはガールの発表。ここで、何か想定外の事態が起きたようだ。いわば、表に出てこない、隠れたスキャンダルとでも呼べばいいのだろうか。
モデルや子役として活躍中の川鍋朱里井東紗椰が抜擢。ここまではいい。ただ、もう一人、事前告知されていたはずの平田あいりが姿を見せず、代わりに子役の実績ある三好杏依がメンバーとして紹介された。
番組内で特に説明はなく、物議を醸した模様。どうやら、平田あいりという子のブログに不適切な写真が掲載されたことにより、ちょっとした炎上騒ぎになったことが原因であるらしい。

この平田あいりという子は、ジュニアモデルということもあり、かなり今風の都会的な雰囲気の女の子だったらしい。ただ、その度合いは図抜けていて、茶髪にギャルっぽい服装が年齢に釣り合わず、とにかく違和感が凄いのだ。
こうした子が、清楚さを重視するおはガールに選ばれたこと自体、疑問なのだが…この容姿に反発したドルヲタによって、ブログの過去記事が掘り出され、常識を疑う悪ふざけな写真が発覚したとのこと。
地下鉄の入り口に座り込んだり、電車の車両内で吊り革に逆さまにぶら下がったりと、一見すると中学生ならよくある軽い悪ふざけだ。
しかし、一般人ならともかく、曲がりなりにも芸能活動しているモデルとしては、あまりに軽はずみな行為だといえなくもない。

いわゆる、昨今問題となった、若者による非常識なツイート「バカッター」と同種のものである。
その場のノリで悪ふざけし、何の考えもなしにツイッターやブログに載せて発信してしまう、極めて稚拙で愚かしい話だ。
この子の場合、そうした写真を親が撮っていた可能性もあり、そうでなくとも、13歳の子供のブログに載せていいものかチェックを怠っていたのもあり、親の責任が問われるべきだろう。
結果として、芸能界において大きな契機となったはずの仕事を失い、イメージ悪化の影響により、モデル業の先行きも怪しくなってしまった。拙い判断力で暴走したツケはあまりに大きく、取り返しのつかない最悪の事態に、さぞ落胆していることだろう。

この事件はある意味、同情する部分もあるが…この子の年齢不相応なギャルっぽさがなければ、ここまで叩かれなかったのでは?と勘ぐってしまうのは、正直なところ。
急遽、代役を任された三好杏依は、平田あいりと対照的に非常に清楚で評判が良く、ドルヲタの類いから絶賛されているようだ。
僕自身も、昼ドラ「愛のうた!」での荒井萌との姉妹役共演が大変印象深く、健やかに成長した子役美少女に胸が熱くなる思いだった。
おはガールに限らず、アイドル性というものは、混じり気のない清純さにのみ生まれるのだと強く再確認。容姿から受ける印象はもちろん、理性的で品行方正な性質も必須であると思う。個人的には、結果オーライというわけだ。
三好杏依

アイドルを語る上で、決して外せないはずのイメージの大切さ。AKBを始めとした国民的アイドルの影響を受け、スキャンダルにまみれたアイドルの存在を容認してきた事実が、この原点をないがしろにさせたといえるだろう。

一点の曇りもなく清純でなければ、アイドルとは呼べない。呼んではいけない。過去から現在に至るまで、決して変わることなき大原則
悪しき慣習を退け、今一度、夢溢れる存在に出逢いたい。そんな切望に胸焦がされる、熱い思いが抑えられないのだ。

|

« 注目すべきアイドルグループの今 | トップページ | その瞬間まで続く苦しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/59431534

この記事へのトラックバック一覧です: 変わることのない原則:

« 注目すべきアイドルグループの今 | トップページ | その瞬間まで続く苦しみ »