« 束縛された世界の行く末 | トップページ | 美少女アイドルへの崇敬 »

2014/01/25

少女の魅力を見出す視点

山田杏奈(中央)

さくら学院に曲を提供していた作曲家が、女子高生を買春して逮捕されたらしい。上昇気運のさくらに悪影響を及ぼされるのは大変嫌なのだが、この程度のことが大きく報じられる違和感もないわけではない。
さくらはスタッフまでもロリコンなのか?と、散々揶揄されていたが…今時の女子高生と交際したからといって、ロリコン呼ばわりは少々酷ではないか。
ジュニアアイドルばかり追いかけている僕のような人間ならともかく、早熟な昨今のJKを女性と認識出来ない男がいたなら、それは男性機能的に問題があるといわざるを得ないだろう。
いっそ、16歳以上の女の子との、合意のある交際は合法にしてはどうか。精神的に未熟とかいわれるが、十分に物事の判断はつく年頃だ。
それでなければ、売る側にも罰則を与えるとか。買春した方だけが罰せられるのでは、まるで男性差別そのものではないか。

まあ、そもそも女子高生を「児童」扱いしている時点で、おかしな話であって、この国の法律的な違和感を挙げれば枚挙に暇がない。
さくらに話を戻すと、新たに加入する転入生に大きな関心を抱いているのは、先述した通りだ。アミューズの該当する世代に目立つ存在はないように思えたが、意外にも、光り輝く原石が埋もれていたのを見落としていたらしい。
先日、子供向けバラエティに出演した山田杏奈という女の子。ちゃおガールオーディショングランプリなどの経歴を持つ子だが、ドラマ出演の子役経験も少なからずあるようだ。
端正な顔立ちに、長い黒髪。将来的にギャルっぽくなりそうな感じが若干見られるが、全体的なビジュアル評価は極めて高いといえる。
是非とも、新年度の転入生として迎え入れたい逸材であるのは、間違いなさそうだ。
浜辺美波

表に出てこない隠れた原石という点でいえば、かねてより高い評価をしている、浜辺美波を真っ先に挙げておきたい。
石川県の地元新聞で連載を持つなど、ローカルな活動に終始していた印象のある彼女だが…ここ最近の活躍ぶりは、本格始動といって差し支えないものがある。
ドラマ「僕のいた時間」では中学生ながら小学生役を演じ、その瑞々しい美少女ぶりによって、共演の多部未華子を妙に老けさせるという離れ業をやってのけている。
この他、サンスポの独占インタビューや、某ミュージシャンのMV出演など、露出の幅を少しずつ拡大してきている。一時期、肥満劣化の気配が垣間見えたが、ここにきて本来の華奢で繊細な美しさを取り戻している。今後の期待が、大いに高まる朗報だ。

可愛い女の子が出ていない限り、見る気にもならなくなったテレビだが、唯一、CM子役のチェックだけは欠かせない。
最近、印象的だったのは、COCO塾ジュニアのCMに出演している朝倉さくらだろうか。長い髪の清楚な雰囲気の子なのだが、まだ拙い喋り方と、お辞儀する仕草が堪らなく可愛い。
子役CMとしては珍しく、公式のメイキングも公開されていて、その無邪気な素顔を拝見することも出来る。共演の伊勢谷友介と戯れる素顔に、何ともいえず癒される。
こうした積極的な舞台裏公開は、大歓迎だ。他社の子役起用のCMでも、是非、見習って頂きたい。
朝倉さくら

偏見というわけでもないが、僕の目には、大抵の女子高生は汚れて見えてしまう。どこかで計算して悪知恵を働かせ、身体を売ってまでも己の物欲を満たそうとする。そんな、見た目だけの低俗な生き物
無論、それらは勝手なイメージだろうが、規制社会やマスコミ報道の影響によって植え付けられた感があるのも、また事実である。

純粋にアイドルや女優を目指す女の子達は、いつでも眩しく輝いて見える。幼くして大きな夢を抱き、絶え間なく努力を重ね、熱い声援に深い感謝で応える姿。いつでも、胸打たれるものがある。
年齢云々ということに決して惑わされることなく、少女の魅力を見い出せる新しい視点を、いつか手にしたいと改めて切に思うのだ。

|

« 束縛された世界の行く末 | トップページ | 美少女アイドルへの崇敬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/59006765

この記事へのトラックバック一覧です: 少女の魅力を見出す視点:

« 束縛された世界の行く末 | トップページ | 美少女アイドルへの崇敬 »