« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013/12/27

2013年アイドル総決算

武藤彩未一言でいうなら、これまで以上に孤独を深めた一年。それはある意味、束縛からの解放ともいえるのだが…心が凍てつくかの孤独感に苛まれた結果、前向きな思考を忘れ、より一層に自らの行動力を失っていった。
気が付けば、周囲はひと息に時間を縮め、僕はその場に静止したままであった。そんな、全く何の内容もない一年。

アイドルへの興味、関心も薄れかけ、ともすれば生き甲斐を見失いそうになることも、ままあった。
いわゆる、絶対的な推しが見つからない、もどかしさが根底にあったようにも思う。少なくとも、かつての熱いときめきや高揚感は、遥か遠くなったのは確かか。
そうした虚ろで惑いがちな心持ちを辿りつつ、この一年を改めて振り返ってみたい。

最後の身内といってもいい父を亡くしてからの、孤独の幕開け。突然の出来事に戸惑う心情が、不思議なことに、激しいメタルサウンドにリンクした。
メタルダンスユニットBABYMETALメジャーデビュー。まさに世界的規模で反響を呼び、異色アイドルとしての人気も急上昇した。
サマソニでのメタリカとの共演、海外ワンマンライブと、話題に事欠かず、まさに破竹の勢いであった。
来年春には、早くも日本武道館2DAYSを決め、その勢いは留まることを知らない。来年の新展開にも、大いに期待が持てる。個人的には、北米、欧州での初ライブを是非とも実現させて欲しい。

深淵に宿る炎
音楽的潮流というより荒波

清楚で瑞々しい美少女揃い」という点に惹かれ、推しといえなくもないさくら学院だが…あの人が抜けてからは、幾分の綻びを感じずにはいられないかも知れない。
武藤彩未の活動復帰。これは確かに、僕にとって、今年の大きなニュースであったのは間違いない。
80年代アイドルへの回帰というテーマは、彼女のイメージにぴったり合っていたと思う。現役のトップアイドルでさえ見失いがちな、原点ともいうべき素養を、既に身に付けていることが何より素晴らしい。
単純にアイドル性というが、そこには可憐な可愛さ、気持ちを伝える表現力、人を和ませる温かな人柄と、様々な要素が凝縮している。
来年はもちろん、メジャーデビューに向けての飛躍の時として頂きたい。

武藤彩未 始動の時
武藤彩未の新境地
武藤彩未と桜の園

アイドルのあるべき姿を意識させたのは、やはり頂点に立つ者の影響が多分にあったろう。
最もタブーとされるスキャンダルにまみれたAKBの、無様な体たらく。それでもなお支持され揺るがない現状に、生粋のアイドルファンとしては失望を禁じ得なかった。
指原莉乃がトップに祭り上げられる事態に際し、長年守られ、誰もが信じ続けたアイドルの夢が壊れる思いがした。いわば、一般層を取り込んだ国民的アイドルの、多大なる弊害を目の当たりにしたわけである。

忌まわしき邪道の時代
アイドルに見る理想との葛藤

ハロー!プロジェクト再編論は、時期的に避けては通れないだろうと考えていた。
特に、順調に世代交代したモーニング娘。の再ブレイクが物語る通り、不良債権化しつつある既存ユニットの刷新が求められるのは、ごく自然の成り行きであった。
紅白の意図的ともとれる除外など、単にネーミングの変更だけで拭い去れるほど根の浅い問題ではない。有望な研修生を主体とする新ユニットを加え、大幅な若返り円滑な世代交代を促すべき大事な契機に差し掛かったといえる。
ハロプロ全体としてフレッシュに生まれ変わり、2014年こそは、AKBに取って代わる存在感を出して欲しいものだ。

ハロプロ再編成の時機
未来に踏み出すのに必要なこと

BABYMETAL

見渡せば見渡すほどに、膨大に拡がり続けたアイドルの世界。一見して彩り豊かで、華やかに飾られたその世界は、実のところ、目に見えない汚さや歪みで変貌してしまっている。そんな印象が、苦々しく胸を締め付ける。

冷たい孤独の淵に立ち、どれだけ癒しを求めても、心の支えとなる輝きは見つけられなかった。新たな時代を迎えての希望や期待感は、最早そう多くない。
甘い夢に溺れるほどに、身を委ねられる美少女アイドルの出現。そんな願いさえも、文字通り、夢と消えてしまうのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/10

未来に踏み出すのに必要なこと

田辺奈菜美、浜浦彩乃今年の紅白歌合戦に、モーニング娘。が出演出来ないのは、どう考えてもおかしい。
この選考基準に不信感を抱いた諸兄は、恐らく多いことと思われる。韓流こそ駆逐されたが、実に例年通りのAKB一色なアイドル枠。しかも本体とは別に、NMB48などが選ばれたりと、あからさまなモー娘。外しが見てとれた。
オリコン連続一位や、話題となったフォーメーションダンスなど、実力、実績共に十分なのは明白であった。矢口真里の相次ぐ不祥事による悪影響があったとはいえ、所詮、あんなものは過去の人である。
くだらないしがらみに左右されたばかりに、正当な評価を怠ったNHKは、大いに非難されて然るべきである。

無念の新生モーニング娘。に、改名案が出たりしているが…こうした悪あがきに、つんくPの只ならぬ動揺が感じられなくもない。
ここは冷静に、原点に立ち返って、ハロプロ刷新による人気の底上げを図るべきである。つまり、円滑な世代交代を進め、モー娘。はもとより、全体的にフレッシュな顔触れに生まれ変わり、過去の汚点を払拭するべき時なのだ。

以前にも指摘した通り、高齢化や低迷の進む既存ユニットを思い切って切り捨て、「新生」のイメージをより強くアピ-ルしていく必要がある。(参照:ハロプロ再編成の時機
初の研修生ユニットJuice=Juiceのデビューは極めて革新的で、ハロプロファン以外にも鮮烈な印象を与えた。構想として確かにある研修生ユニット第二弾を、来年度には是非とも結成し、更なる新世代の注入を進めて頂きたい。

いわば、カッコ可愛い系のグループイメージを持ったJuice=Juiceに対抗し、次なる研修生ユニットはほぼ間違いなく、女の子っぽいプリティな、いかにもアイドルらしい清純派のカラーを得ていることだろう。
最大の問題は、歌唱力やダンスなど、各スキルに秀でる存在が見つからない点か。ただ、清純派アイドルとして成立するに余りある美少女は、研修生内には、既にいくつも見られている。

先ずは、浜浦彩乃。バラエティでブレイク中の「ももち」こと、嗣永桃子を敬愛し、そのアイドルスピリッツを手本としている数少ない新世代である。
ブリッコな面白キャラばかりが目立つももちだが、本来は、確固たる正統派アイドル精神の持ち主。
(参照:ももち論最終章 大いなる眠れる魂
この一点に惹かれたはまちゃんの存在が非常に頼もしく、アイドル通としては嬉しい限りなのだ。もちろん、新たなユニットでは、メインに据えて欲しい逸材である。

その他では、佐々木莉佳子牧野真莉愛和田桜子といった有望株が名を連ねているが、美少女としての評価はいずれも高い。
名前だけ見てみると、やや地味めで小粒な印象があるが、下の写真のように並べてみると意外に悪くないものだ。よく知られているコラージュだが、第二弾ユニットをイメージするには良い画像かも知れない。

ここで、こうしたイメージを大きく覆すかも知れぬ存在感を、早くも放っているのが、幻の12期最終候補者組である。
大本命は、最年少の船木結。いわゆる万人に愛される、特有のロリ可愛さが秀逸で、前評判を大幅に超える人気を既に獲得しつつある。
新人ながら、グッズ売り上げが凄まじく、たちまちの内に品切れ完売。このほど、弱点であった歯の矯正にも着手した。
下手をすれば、ハロプロの将来を大きく左右し兼ねない、特別な存在感すら漂わせてきている。当然、新ユニット構想にも絡んでくるのは間違いないだろう。

有力な研修生が目白押しな一方で、煮え切らない、もしくは、はなから無理がある残念な子も見受けられるのが、嘘偽りない現状だ。
研修生リーダー格金子りえだが、各スキルは在籍に見合った成長を遂げたものの、如何せん、ビジュアルの悪さがネックとなっている。
ショートカットにしたのが劣化に拍車をかけ、どうにもパッとしない印象を濃くしてしまった感が否めない。今までの頑張りが報われない、典型的なパターン。ある程度で諦め、一般人に戻った方が幸せになれるに違いない。
他には、なぜこの子が?というケースも多々ある。最も痛ましいのは、三瓶海南か。加入時の写真から悪い意味で話題となり、その体格と主張の強すぎる顔立ちから、サモア人痛烈に揶揄された。
アイドル云々以前に、ルックスが酷過ぎる子を研修生入りさせる意図が分からない。研修生オーデとはいえ、もう少し真面目にやって頂きたいものだ。
新ユニット構想の一例

過去の呪縛に囚われ、今、形ある輝き放つものを捻じ曲げるなど、愚の骨頂である。過去を捨て、装いを新たにしてこそ、夢のある未来へと着実に歩き出すことが出来る。

古き良きものは大切に記憶に仕舞い込み、悪い過去は反省材料として次に活かすこと。世代交代を推し進め、いつでも新鮮な輝きを失わない、夢溢れる希望の存在であること。
それこそが、現代を生きるアイドルであって欲しい。そんな想いが、ざわめくように今宵も胸を駆け巡るのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »