« 記憶に降りた少女の煌めき | トップページ | 美少女に眠る可能性 »

2013/10/29

少女の奏でる旋律

船木結

人との関係性をうまく築けず、悩まされて生きてきた僕にとって、孤独とは馴染み深い友のようなものだ。いつでも、その陰鬱な暗闇に紛れては、冷たい吐息を吹きかけるようにして心の奥に囁いてくる。
孤独に依存し続けた結果として、一時的な心の安らぎと、拭い去れない無気力を手にすることとなった。ここ最近は、度が過ぎるほどにこじらせ、我ながら痛々しいまでに弊害を実感している。

ブログの更新意欲が極端に衰えている。これを維持するためだけに、ニフティの基本料金を払い続けてきたが、来年からは口座振替の管理費まで余計にかかるらしい。
もういっそ、ブログなどやめてしまおうかと思い始めている。他に移行するのも面倒だし、何もない人生を生きてきた男が何を語ろうとも、所詮ロリコンの戯言だと一蹴されるだけなのだ。

ぼんやりとした虚脱感に支配されながらも、無意識の内に、視線は新たなる美少女を追いかけている。
ハロー!プロジェクトにおける次世代を象徴する存在、ハロプロ研修生モーニング娘。12期メンバー該当者なしを受けて、最終候補者が続々と研修生に加入した。
最も目を引いたのが、船木結か。愛くるしいという形容が相応しい、絶品の可愛さが光る。クリクリした瞳と関西訛りが純朴そうで、新加入組の中でも飛び抜けた存在感を有していた。
惜しむらくは、右の前歯が飛び出した歯並びの悪さ。高学年だと矯正も難しかろう。芸能人は歯が命というが、まさにその通りで、初見の印象が大きく分かれてしまう。口を閉じていれば非の打ち所がないだけに、非常に残念だ。
この他にも、羽賀朱音など有望そうな子が研修生入りしている。研修生ユニット第二弾の構想も含めて、楽しみにしたい。

グランプリが絶対にブレイクしない」で、お馴染みの国民的美少女コンテスト。オスカーの、初動プロモーションの数知れない失敗はともあれ、ビジュアル的に高いレベルを維持してきたのは紛れもない事実である。
以前に美少女クラブ21とかいうグループを結成したが、いつの間にか消滅。懲りずに、またしてもX21というグループを作って同じ轍を踏む。失敗の前例をものともしない図太さには、むしろ敬意を表したい。
その中では、最年少の井頭愛海がお気に入り。品のあるご令嬢といった容姿ながら、無邪気な面もあったり、しっかり者であったりと。
意外性のある美少女という点では、ひときわ図抜けている。話題の映画「おしん」にも出演しているらしい。

キッズモデルの事務所が、アイドルグループを手がけるケースは増え、細かいものも合わせれば乱立状態といっても差し支えない。
とりわけ異色なのが、ボナプロ小学生ユニット聖☆ボナプロ学園だろう。いわば、チャームキッズなどに見られる、地下らしいお遊戯レベルのパフォーマンスなのだが…妙に対外的なアピールが強い印象があり、対バンやフェスにも積極的な傾向が覗える。
楽曲がまた独特で、校歌風な曲中で特技披露したりする。2ndの「夢見るカーニバル」に至っては、良い意味でも悪い意味でも衝撃を受け、一晩悪夢にうなされた。幼い女の子が唄う、デジタルライクなダンス歌謡が奇天烈で、脳神経を震わせる。
どこか狂気を感じさせる部分を、個性といっていいのかどうか迷うところではある。
井頭愛海

新生の喜びというものが、孤独に生きる現実には決して存在することはない。あらゆる事象を独りで完結し、自らを無理にでも納得させるのに力を注ぐだけの、虚しい日常が延々と続いていく。

無垢な美少女という、これ以上にない純粋な躍動する生命に触れたなら、凍てついた孤独感も幾らかは和らぐだろうか。
冷たく流れる時を止め、少女の奏でる旋律に耳を傾けたい。ただひと時の、安穏とした温もりを手にするために。

|

« 記憶に降りた少女の煌めき | トップページ | 美少女に眠る可能性 »

コメント

santaさん、こんにちは。

お久しぶりです。

ブログの事に関して書かれていたので少しコメントさせていただきます。

僕も孤独と友達って感じなんで最近やる気が減退しててブログ更新滞ってるんですけど・・・santaさんのブログすごい楽しみにしてますよ。まぁ料金的な問題も有るでしょうかからあまり無理強い出来ないし、ブログはやっぱり自己満足の為に書いていくものだから、ご自身の気持ちが1番大切だと思いますけど・・・数少ない交友関係の僕でもこのブログを知ってる人、楽しみにしている人いるんですよ。僕もだけどブログやってて、時折いろいろ考える時有ると思います。コメント少ないし、続けてる意味有るのかなとか・・・でも楽しみにしている人は居るし、それに何より毎回これだけ濃い内容のブログ書いてるんだから、ご自身の気持ちをいろいろ整理するのにも役に立ってるんだと思います。引っ越しとか考えてでも続けていただけたら幸いです。

あと、娘の幻の13期メンバー・・・僕も同意見です。ただ可愛い子たくさん居るので勝ち抜いてデビュー出来るか楽しみでも不安でもあります。

投稿: 館の主 | 2013/10/30 21:55

こんにちは。
今のところ、すぐにブログをやめるとかまでは考えていません。ただ、やめようかなと思うことは多くなりました。
僕の場合、今年の初めに父親を亡くしてから、家族というものを完全に失いました。兄弟とは仲違いしているし、親戚も縁遠く、本当の意味で一人ぼっちです。
休みが続く時などは、家に引きこもって誰とも会話することがありません。そうした孤独感というものが、想像以上に大きかったのだと思います。

おっしゃる通り、気持ちを整理するのに続ける意味はあると感じます。過去の記事を読み返しては、その時の心情、心境を思い出し、書いていて良かったと思うこともありますし。
今後は、人に見られている意識を持ちつつも、備忘録のようなつもりで気負わずに続けていければと思っています。
お気遣い、ありがとうございました。

投稿: santa | 2013/10/31 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/58477625

この記事へのトラックバック一覧です: 少女の奏でる旋律:

« 記憶に降りた少女の煌めき | トップページ | 美少女に眠る可能性 »