« 紛れもない少女の真実 | トップページ | 武藤彩未と桜の園 »

2013/09/23

届けたい大切な思い

田﨑あさひ少女の内に秘めた才能を肌で感じる時、胸が詰まるような息苦しい切なさと、思いがけなく打ちのめされた衝撃で身動き出来なくなってしまう。
そこに存在する少女の美しさのみならず、その奥深い部分に眠る、未知なる才能が目覚める瞬間の素晴らしさ。数知れない美少女を追い求めたこの身をもってしても、今更ながらに圧倒されてしまうのだ。

ハロー!プロジェクトにおける完全実力主義は、妥協なく練り上げられた歌やダンスのパフォーマンスからも、明確に汲み取れる。
ただそれは、あくまでアイドルとしての技術レベルが図抜けていることを意味しており、本格的なシンガーやアーティストの領域まで含まれているわけではない。
アイドルを超える水準にまで目を向けているか定かではないが、計り知れない素質を持つ原石を有しているのは確かなようだ。

いわゆる、ミュージシャンを厳選するFOREST AWARDオーディションから見い出された、田﨑あさひ。元々、アイドルの括りではないのだが、宮崎由加Juice=Juiceに加入した経緯もあり、それほどの垣根は感じられなかった。
この田﨑あさひという娘は、一見して地味で平凡な雰囲気が色濃く、デビュー当初より僕のアンテナの圏外にあったのは否めない。しかしながら、気まぐれにインディーズデビューシングル「手紙」のMVを目にした僕は、強く胸を打たれ、感動を禁じ得なかった。
ピアノの弾き語りで、彼女特有の、落ち着いた澄んだ歌声が心に響く。楽曲の出来も良く、思いもしない鮮烈な印象を受けたのだ。
そもそも、弾き語りというだけでも、僕には凄いことのように思える。真野恵里菜などもやっていたが、それよりも演奏が安定していて、しかも、数曲に及ぶカバーもこなすらしい。
これで、まだ17歳というのだから、途方もない資質の持ち主だといえるだろう。

一方で、秘めたる力に疑問符が付くケースが、このところ多々見られるのも、また事実である。
個性を重視した選考基準が斬新な講談社のオーディション、ミスiD。2014年度受賞者の結果が、既に発表されていた。
やれロコドルやらコスプレイヤーやら、個性的な面々からグランプリを射止めたのは、弱冠小学六年生青波純。さほど、このオーデに注目していたわけではないが、何やら、しっくりとはいかない違和感を覚えた。
この子は、言うに及ばず地味なのだが、これといって素質を匂わせる部分がない。声が小さく目が泳ぎ、笑顔がない。カメラ無視で、腐女子っぽいイラストに興じる。大場はるかのインタビューとか見るに耐えず、かなり酷かった。
別に、この子を否定するわけではないが…要するに、そこら辺にいる、普通の田舎の女の子にしか見えないのだ。

このオーデに関しては、前回から不評が相次いでいたようだ。
ある程度、ファンの人気を反映出来るシステムだったらしいが、それにも拘らず、結果的には業界人が選んだ娘がグランプリになったとか。ファンの意に反した選出がされたことにより、事務所等のしがらみや癒着が取り沙汰され、出来レースとの不審感が煽られることにも繋がった。
こうした背景から、悪いイメージを払拭するため、全くの無名でド素人の青波純が選ばれたのではないか? もしそうなら、論外である。
それに、個性だけではアイドルを語れない。きちんとした自己アピールファンに向けての熱い思いがなければならないのは、言うまでもないことだ。この子からは、そういったものが何も感じられなかった。
正直いえば、この子よりも、子役として存在感を示した木村葉月や、個人的にルックス評価の高い石崎日梨の方が、よほど良い素材といえるのは間違いない。
石崎日梨

アイドルとしても、歌手としても、内在する思いや才能なくしては、人の心を掴むことなど出来はしない。ただ顔が可愛い、歌やダンスが巧い、個性的で目立つ。それらは大切ではあるけれど、散り散りの断片のままでは、単なる一要素にしかなり得ない。

来るべき新しい時代に少女が輝く時あるならば、それは真摯に投げかけられる気持ちの強かさに他ならない。言い換えるのなら、歌にのせた思いであったり、ファンに対する感謝の気持ちであったりと。
届けたいものを、自分なりの表現で伝えることの大切さ。偽りなき愛情で満ちたそれを受け取れたなら、凍てついた心を溶かすほどの、温かで澱みない感動に浸ることが出来るのだ。

|

« 紛れもない少女の真実 | トップページ | 武藤彩未と桜の園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/58250768

この記事へのトラックバック一覧です: 届けたい大切な思い:

« 紛れもない少女の真実 | トップページ | 武藤彩未と桜の園 »