« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013/09/29

武藤彩未と桜の園

武藤彩未

とんでもない失態を演じてしまった。なんと、渋谷で迷子である。
初めて行くライブハウスとはいえ、何度か訪れている街ということもあり、下調べがお座なりであった。最初に入るべき道を間違えたことで、何やら完全に迷ってしまった。
結局、一時間以上彷徨った挙句、駅まで戻り、何とか正しいルートを辿れた。開演に20分ほど遅れ、しかも関係者入り口から入ろうとする慌てぶり。いやはや、情けない限りだ。

そんなこんなで、SHIBUYA-AXを訪ねた目的は、武藤彩未LIVE DNA1980 ~Version.2.0~である。
ひと息にメジャーデビューというよりも、地道なライブ活動を選択したかの展開が見え隠れする。年齢的な面での焦りは、我々が感じるほど、本人も事務所も感じてはいないのだろうか。
ともあれ、ライブの雰囲気は、やはり80年代そのもので、前回の初ライブと似通っていた。(参照:武藤彩未の新境地 キャパを増員した会場と言われていたが、見た感じ、それほど大規模な印象も受けなかった。

心揺り動かした、初ライブの完全再現ともいえる内容。伸びのある力強い歌声、ベタなほどに80年代なアイドル衣装、饒舌なトークが冴える華やかな彩未ワールドが繰り広げられる。
スマイル・フォー・ミー」では元気で楽しい空間に癒され、切なさで胸熱くした「セシル」には、彩未ちゃんの素晴らしさを再認識。
わたしは、いつもみなさんのそばに居ます」そんな言葉の端々に、心温まる優しさと包容力を感じ得る。これほどまでに、魂の共有を実感出来るアイドルを僕は知らない。まさに、彩未ちゃんマジ天使である。

今回、「彩りの夏」とは別に、新たにポップな新曲も披露。更に、関東四ヶ所を巡るライブハウスツアーも発表された。
締めは、年末の赤坂BLITZ。金欠に喘ぐ現状では悩むところだが、どうにか前向きに検討してみたいものだ。

さて、彩未ちゃんの今ライブに先駆けて、さくら学院のライブチケットも入手していた。というのも、これを気まぐれに取った直後に、彩未ちゃんライブ第二弾さくら学院の学院祭などの情報が入ったのである。
経済的な面を考えれば、優先順位は低かった。しかしまあ仕方ないので、学院祭を諦め、連日のライブ参戦となったわけだ。

白井沙樹、父兄を代表して顔笑ります!!」と題されたこのライブは、新曲「顔笑れ!!」リリース記念として、メンバーでありながら屈指の父兄でもあった白井沙樹が、自分好みのライブをプロデュースするというユニークなもの。
馴染みとなったShibuya O-EASTでの入場順は、300番台だったが、真ん中よりやや後ろめか。そこそこのポジションではあった。
さくら学院加入前から父兄として鋭意ライブ参戦し、最前をキープするほどの白井沙樹。新たに野津友那乃を加えたミニパティや、バトン部の再結成など、父兄目線に立った興味深い企画を発信していた。
それにしても、スタンディングということもあり、以前と比べてもファンの乗りが一変した印象を受けた。着席が主流だった頃は、手拍子程度で静かに見守るという雰囲気だったのだが、かなり激しく声援を送り、果ては振りコピまでやっている始末。
参戦スタイルが「地蔵」である僕にとって、なかなか溶け込み難い感じに変貌してしまっていた。地方遠征組としては、滅多にない機会で、振りコピなぞやってる余裕はない。メンバーの姿を目に焼き付けることが最優先なのだ。

そんなわけで、推しである水野由結ちゃんを視線で追いかけ、脳裏に焼き付ける。未だ幼い雰囲気ながら、着実に成長した美少女っぷりが眩しい。ライブが進むにつれ、頬を染め額に汗する容貌が、お風呂上がりのようにも見え実に艶かしかった。
僕は左寄りにいたのだが、そこからは菊地最愛ちゃんがよく見えた。やはり、紛れもなくこの子も美少女だ。ゆいもあが卒業したら、僕も父兄を卒業するかも知れないと、改めて思わせるものがあった。
このステージでは、ベビメタライブのように両端にお立ち台?があったのだが…そこに立たれると、かなり距離感が近く感じる。大賀咲希ちゃんや友那乃が立った時は、ちょっと見惚れるくらいのインパクトがあった。さくらのルックスレベルの高さを、まざまざと実感したものだ。
さくら学院

武藤彩未ソロライブ、さくら学院ライブ、それぞれに良い面があるが…共通するのは正統派、清純派の方向性が揺るぎなく、磐石な点。
アイドルとは、こうあらねばならないという、基本的かつ重要な部分が、しっかりしているのだ。これは、昨今のおちゃらけたグループアイドルによくある、奇抜さによる話題性のみを狙ったプロデュースの、悪しき風習を如実に炙り出している。

確実に人の心を掴み、長く愛されるには、時代に囚われない心意気の強さが必要だ。過去への回帰はもちろん、受け継がれた根本を守り、今の時代に即した演出を体現していくこと。
武藤彩未に、輝かしいアイドルの血脈を見ること。さくら学院に、正統派アイドルとしての精神を感じること。それらは、未来永劫変わることなく僕らの心に響き、熱いときめきを呼び起こすのだと信じて疑わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/23

届けたい大切な思い

田﨑あさひ少女の内に秘めた才能を肌で感じる時、胸が詰まるような息苦しい切なさと、思いがけなく打ちのめされた衝撃で身動き出来なくなってしまう。
そこに存在する少女の美しさのみならず、その奥深い部分に眠る、未知なる才能が目覚める瞬間の素晴らしさ。数知れない美少女を追い求めたこの身をもってしても、今更ながらに圧倒されてしまうのだ。

ハロー!プロジェクトにおける完全実力主義は、妥協なく練り上げられた歌やダンスのパフォーマンスからも、明確に汲み取れる。
ただそれは、あくまでアイドルとしての技術レベルが図抜けていることを意味しており、本格的なシンガーやアーティストの領域まで含まれているわけではない。
アイドルを超える水準にまで目を向けているか定かではないが、計り知れない素質を持つ原石を有しているのは確かなようだ。

いわゆる、ミュージシャンを厳選するFOREST AWARDオーディションから見い出された、田﨑あさひ。元々、アイドルの括りではないのだが、宮崎由加Juice=Juiceに加入した経緯もあり、それほどの垣根は感じられなかった。
この田﨑あさひという娘は、一見して地味で平凡な雰囲気が色濃く、デビュー当初より僕のアンテナの圏外にあったのは否めない。しかしながら、気まぐれにインディーズデビューシングル「手紙」のMVを目にした僕は、強く胸を打たれ、感動を禁じ得なかった。
ピアノの弾き語りで、彼女特有の、落ち着いた澄んだ歌声が心に響く。楽曲の出来も良く、思いもしない鮮烈な印象を受けたのだ。
そもそも、弾き語りというだけでも、僕には凄いことのように思える。真野恵里菜などもやっていたが、それよりも演奏が安定していて、しかも、数曲に及ぶカバーもこなすらしい。
これで、まだ17歳というのだから、途方もない資質の持ち主だといえるだろう。

一方で、秘めたる力に疑問符が付くケースが、このところ多々見られるのも、また事実である。
個性を重視した選考基準が斬新な講談社のオーディション、ミスiD。2014年度受賞者の結果が、既に発表されていた。
やれロコドルやらコスプレイヤーやら、個性的な面々からグランプリを射止めたのは、弱冠小学六年生青波純。さほど、このオーデに注目していたわけではないが、何やら、しっくりとはいかない違和感を覚えた。
この子は、言うに及ばず地味なのだが、これといって素質を匂わせる部分がない。声が小さく目が泳ぎ、笑顔がない。カメラ無視で、腐女子っぽいイラストに興じる。大場はるかのインタビューとか見るに耐えず、かなり酷かった。
別に、この子を否定するわけではないが…要するに、そこら辺にいる、普通の田舎の女の子にしか見えないのだ。

このオーデに関しては、前回から不評が相次いでいたようだ。
ある程度、ファンの人気を反映出来るシステムだったらしいが、それにも拘らず、結果的には業界人が選んだ娘がグランプリになったとか。ファンの意に反した選出がされたことにより、事務所等のしがらみや癒着が取り沙汰され、出来レースとの不審感が煽られることにも繋がった。
こうした背景から、悪いイメージを払拭するため、全くの無名でド素人の青波純が選ばれたのではないか? もしそうなら、論外である。
それに、個性だけではアイドルを語れない。きちんとした自己アピールファンに向けての熱い思いがなければならないのは、言うまでもないことだ。この子からは、そういったものが何も感じられなかった。
正直いえば、この子よりも、子役として存在感を示した木村葉月や、個人的にルックス評価の高い石崎日梨の方が、よほど良い素材といえるのは間違いない。
石崎日梨

アイドルとしても、歌手としても、内在する思いや才能なくしては、人の心を掴むことなど出来はしない。ただ顔が可愛い、歌やダンスが巧い、個性的で目立つ。それらは大切ではあるけれど、散り散りの断片のままでは、単なる一要素にしかなり得ない。

来るべき新しい時代に少女が輝く時あるならば、それは真摯に投げかけられる気持ちの強かさに他ならない。言い換えるのなら、歌にのせた思いであったり、ファンに対する感謝の気持ちであったりと。
届けたいものを、自分なりの表現で伝えることの大切さ。偽りなき愛情で満ちたそれを受け取れたなら、凍てついた心を溶かすほどの、温かで澱みない感動に浸ることが出来るのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/14

紛れもない少女の真実

浜辺美波

上辺だけ装って、それらしく見せる。辻褄が合うように、嘘で塗り固める。心にもないことを、平然と表に曝け出す。
この世の中に生きていれば、そんな見せかけだけの薄汚さが肌身に染み付いて、まるで当たり前のことのような顔をして誰もが日々を過ごしている。
社会の底辺で孤独に喘ぐ僕には、なぜだかそうした汚さが余計に醜く思える。無様な生き様を曝しても、人として、せめて正直にありたいと、心のどこかで望んでいるのだろうか。

最近は大してテレビに興味もないが、何となくつけているという習慣は、まだ続いている。こちらの意思とは無関係に流れてくるCMなどに、時折、嫌な印象を植え付けられるのが、大きなマイナスといえるのかも知れないが…。
今、とりわけ嫌っているのが、どこだかの宗教団体の新聞のCM。花嫁が「本を読んでくれてありがとう」とかいう、例のアレである。
素人に毛の生えたような役者で、これ以上ない臭さを演出するのは勝手だが、お茶の間に垂れ流しにするのはやめて頂きたい。
ああいう、いかにもな綺麗事には虫酸が走る。製作者は、さぞ得意げに、感動巨篇を作ったと息巻いているのだろう。

CMのような一方的な場で、こんなものを流すこと自体、そもそも押し付けがましいのだ。感動的なストーリーで人の目を引き付けようなどと、あまりにも短絡的すぎる。
臭い芝居が鼻をつくのは、やはり紛い物だからだとも思う。純真な子役の少女でも起用すれば、この手のCMは、劇的な変貌を遂げるに違いない。汚れた三文役者じゃ、話にならない。嘘偽りのない、ナチュラルな美少女子役に限るのだ。
石井薫子

数あるCMから見い出された屈指の美少女といえば、2011年の「隠れた東宝シンデレラ」と噂された浜辺美波か。
ハウスシチューバーモントカレーのCMで、温もり溢れる柔らかな印象と、元気で瑞々しい少女ならではの生命力を感じさせてくれた。
地元石川県での生活を重視したのか、これまで目立った芸能活動は見られない。クオリティの高い美少女だけに、少々惜しい気がした。
そんな彼女に憂慮すべき事態が。先月のピチレモン学園祭に出演していたのだが、明らかに足が太くなり、二重アゴにも見えるほど顔の輪郭がふっくらした印象が強く残った。
元が完璧に近い美少女だっただけに、少々の肥満が、やけに劣化したように映ってしまう。今後の成長具合いが、非常に心配である。

ランドセルのCMといえば、言わずと知れたセイバンのものが有名。過去にも、伊藤綺夏石井萌々果の、可愛らしいリズミカルな体操?が話題を呼んだ。
新しいバージョンでは、お馴染みのダンスはないものの、フレッシュなニューフェイスに個人的な趣味を触発された形となった。
まだほとんど芸能活動のないらしい、石井薫子という女の子。フリフリのチェックのミニスカートから伸びる、スラリとした脚線が幼いながらも美しく、脚フェチ気味の僕の琴線に触れまくったのである。
もちろん、顔も小動物系の美少女なのだが、やはりこの年代ならではの足の綺麗さが印象的。一瞬の刹那的な美にこそ、心ときめかせる希少な価値があるのだ。
長木玲奈

少女ならではの儚さ、可憐さを感じ得たものに、ヤマハ音楽教室のCMが挙げられる。いくつかの種類があるが、中でも「こんな曲できたよ」篇に出ていた女の子の雰囲気が良かった。
長木玲奈というこの子は、それほど美少女というわけでもないが…ピアノに向かう小さな後ろ姿や、楽しげに演奏する表情に、何か郷愁をそそられるかの素朴な魅力を感じてしまった。
ふっくらした頬が、あどけない柔らかな雰囲気を際立たせて、ほっと心和む効果が秀逸。かつて、Berryz工房にいた石村舞波にも似て、癒し系の少女へと成長していく姿が目に浮かぶようだ。
こういった、ピュアで飾りのない演出こそ、自然に大衆に受け入れられ、テレビCMとして極めて高い評価を受けるのである。

ここで、CMとは関係ない話になってしまうが、子役つながりということで。
無名の子役は当然、色々調べることになるが、結局分からない場合もある。それが気に入った子だと、どうにもやるせなく、言い知れない欲求不満に陥ってしまう。
下の画像は、ネット上で拾ったものなのだが…この女の子を、どうしても特定出来ない。何かのサスペンスドラマに出ていたらしいが、詳細は不明。
とても愛らしく良い感じの子なので、気になって仕方がない。どなたか知っていれば、教えて頂けると有難いのだが…。
この子は誰?

身から出た錆だと打ちひしがれる間もなく、何者かに追い立てられるようにして時を過ごしている。そうして、いつしか全てを許容していく。汚れたボロ布を纏って、嫌悪感も忘れ、ただ生きるためだけに。

穢れてしまった心は洗い流せるはずもなく、ひたすらに求めるのは、新たに生まれ出る幼子のピュア。擬似的に作られたものでなく、紛れもない真実で生きている少女の純真こそが、何よりも尊くあれと強く願うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/04

出逢えた時の肖像

Sho→Boh vol.27未曾有の雑誌不況は、アイドルの世界にも少なからず影響を及ぼした。数々のアイドル誌が姿を消し、今や少数のマイナー誌が不定期刊行し、かろうじて存続している現状に。
アイドル隆盛期が徐々に減退しつつあるとしても、この状況は少し寂しいか。ネットコンテンツや、動画配信に重きが置かれた傾向も、多々あるとは思うが…。

最も印象に残っているのは、やはり、U-15限定グラビア誌の「ピュアピュア」だろう。未だ見ぬ原石を先取りした絶妙のキャスティングと、少女ならではの美しさを重視した美麗な写真の数々。現在においても、資料価値と共に、その功績は深く記憶に残っている。
ただ、晩年は単なるアイドル情報誌のような体をなし、その後、すぐさま休刊してしまった。(参照:終局への旅立ち
事実上の廃刊であるが、あの高い品質を超えるアイドル誌は、今のところ類を見る機会はない。

同時期に、小中高と学年別に分け、グラビア誌を展開した海王社の手法は、極めて斬新かつセンセーショナルであった。
とりわけ、「小学生限定」という、響きだけでもアグネスが騒ぎ出しそうなSho→Bohは、今なお出版が継続されている。元々、季刊だったはずが、かなり間が空き、ほぼ不定期の刊行になっているらしい。これも、児ポ法改正気運の悪影響なのか。
久しぶりに購入したvol.27、これまた久しぶりのアイドル誌レビューを、気ままに書き綴ってみたい。

早坂美咲
この子目当てで買ったといってもいいほどの、非常にクオリティの高い美少女。六年生にしては小柄だが、それだけに幼さを色濃く残す端正な顔立ちが、ひときわ鮮烈な少女美を漂わせる。
黒髪に白い肌華奢でバランスの取れた身体つきと、ほぼ非の打ち所がない清純派美少女であるが…唯一、気になるのが、上唇にある濃いホクロだろうか。表紙などは画像修正してあるが、メイクでは容易に隠しようがないのでは?
除去が最善だが、場所が特殊なだけに可能か疑問は残る。今後の活躍が大いに期待されるだけに、不安要素には適切な対処をして頂きたい。

荒井暖菜
例のニプレス露出で反響を呼んだ女の子。セーフかどうかはともかく、あまり宜しくない格好で名前が売れてしまった感はある。
実際には、弾ける笑顔が魅力の愛嬌ある子のようだ。姉妹で出ているが、共に大きな口で笑うと、ニコニコマークを連想させる独特の愛らしさが滲み出す。
典型的な幼児体型で、ブルマーなどがよく似合う。ただ、丸顔と寸胴な腰つきから、将来太りそうな感じがあるのが懸念材料か。

須田理夏子
高次元の美少女といって差し支えないが、大人っぽい顔立ち故に、ランドセルに違和感を感じたりもする。品のあるお嬢様な雰囲気があるだけに、水着などよりも清楚なワンピースの方がしっくりくる感じがある。
いわゆる、発育の遅めな高学年といっていい小柄な体格とのギャップが、今のこの時期での最大の魅力かも知れない。この手のタイプは急激に成長する場合が多く、中学生くらいで、グッと大人びてしまう。少女美の賞味期限が短いのが、注意点だろう。

河井ともみ
どこにでもいる素朴な低学年の子だが、親戚にも普通に居そうな親近感という点では群を抜いている。少女の可愛さというよりは、単純に子供のそれ。でも、何か放っておけない、素人っぽさの醍醐味を味わうには打ってつけの女の子だ。
時折、くすぐりをかけてしまうスタッフの心境も理解出来る、飾りのない無邪気さスカート付きの水着が妙に似合うのも、この年代ならでは。たまには、こんな子で和むのも乙なものかも。

宮園梨織
岡詩乃バーサスキッズから、新たに参加。親しみやすい愛嬌溢れる雰囲気と、高学年ならではのスレンダーなスタイルが映える。
なぜか森下真依ちゃんが撮影お手伝いと称しインタビューしていたが、しっかりした受け答えが見られ、アイドル性の高さが垣間見えた。
二葉姫奈ちゃんとの撮影では、共にスリムな発育途中の身体で抱き合ったりと、なかなかに萌えのポイントが目白押しであった。
飛び抜けたものはないが、粒選りな印象を強く得た。バーサスキッズ、要チェックかも。
二葉姫奈、宮園梨織

ただ記憶に繋ぎ留めるだけの少女期も、儚く美しい想い出となるなら、それでいい。しかし、生命力に満ちた鮮明な質感と、くっきりと刻まれた幼げな輪郭を写真として残せるのなら、記憶を呼び起こすのに大切な鍵となるに違いない。

誰にも、ごく当たり前にあった幼き日々。こんなにも胸を熱くさせる少女の時が存在したなんて、あの頃は想像すら出来なかった。
出逢えた時のそのままに、ひたすらに愛らしくあどけない美少女の肖像。時の波に埋もれても、胸苦しいほどの切なさと、どこかほろ苦い甘酸っぱさが、果てしない記憶の海原に今も広がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »