« 神聖なるアイドルの領域 | トップページ | 将来を見据える志し »

2013/07/20

武藤彩未の新境地

武藤彩未どうにも馴染めない渋谷の街を訪れる理由は、大抵においてさくら学院の関係になってきた。しかし、今回は待ちに待ったというべきか。
父兄なら誰もが待ち望んだ、可憐なる天使の復活。記念すべきソロアイドルの第一歩目となる、武藤彩未初ライブに行ってきたわけである。

幸いにも猛暑というには及ばない耐えうる暑さの中、僕は柄にもなく熱く高まっていた。実に、一年四ヶ月ぶりの彩未ちゃんとの再会。
アイドルに必要な、あらゆる要素を兼ね備えた逸材可憐なルックスはもとより、明るく朗らかで誰からも愛されるキャラクター。何よりもファンを一番に考える、旺盛なサービス精神。まさに、アイドルになるために生まれてきたような女の子だ。
それだけに、この旬である時期にブランクが空いてしまったのは、酷く惜しまれた。この復活劇は、尋常ではないほど求められた、異例中の異例のものなのだ。

さて、メルマガ先行で我先に取ったチケットだが、900番台という、いわゆる糞番。最後列から双眼鏡と諦めていたが、入ってみると意外にも、真ん中端よりという割と良い位置をキープ出来た。
二階の関係者席が気になったが、しきりに見上げている人がいたようだし、誰かしらさくらのメンバーかOGが来ていたのは間違いない。彩未ちゃん大好きな、推しの由結ちゃん(水野由結)も来ていたのだろうか。僕は、どうにもそわそわし、落ち着かなかった。

久しぶりの彩未ちゃんは、以前と変わらず清楚で、背も伸びず小さいまま。極めて良い意味で、純白のドレスがぴったり合う、80年代清純派アイドルそのものだった。
雰囲気は変わらないものの、歌唱力に関しては、かなりの成長があった様子。80年代っぽい抑揚の付け方や声量、歌声の伸びが素晴らしい。
ブランク期間に、相当なボイスレッスンを積んだのだろう。実直な努力の成果、さすがである。
スクールメイツ風の彩未ちゃんがバックダンサーとして映し出される、ソロならではの粋な演出が冴える。MCでは、感極まりそうになりながらも、サービス精神たっぷりの彩未節で観客を魅了。時が経っても変わらない「武藤彩未」という存在感が懐かしく、そして嬉しくもなる至極の瞬間であった。

総括すると、やはり彩未ちゃんは紛れもなく「アイドル」であったということ。カバー曲が多い点から見ても、本格派シンガーよりの路線も十分有り得たが、そんな心配は全くなかったのだ。
アイドルとしての資質はもちろんのこと、僕がこのライブで再確認したのは、彩未ちゃんの底知れない温かさ愛嬌溢れる笑顔真っ直ぐな気持ちの強さ人の心を和ませる親しみやすさ。僕の持っていないものを全て有しているのが彼女であり、荒んだ心を優しく包んでくれる、まるで太陽のような掛け替えのない人である。
アンコール

このライブで、どれだけの元気をもらったことか。新たなる境地に踏み出す彩未ちゃんに並々ならぬ希望を見い出し、言葉で言い表せない感謝と、深い愛情を捧げるかの如く、このひと言を声高に叫ばせて欲しい。

彩未ちゃんマジ天使!

|

« 神聖なるアイドルの領域 | トップページ | 将来を見据える志し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/57828731

この記事へのトラックバック一覧です: 武藤彩未の新境地:

« 神聖なるアイドルの領域 | トップページ | 将来を見据える志し »