« 美少女たるアイドルの原型 | トップページ | 神聖なるアイドルの領域 »

2013/06/24

アイドルの正しいスタートライン

BABYMETAL

NTVのミュージックドラゴンに、BABYMETALが出演した。地上波の音楽番組に、メインゲストとして呼ばれるのは珍しい。今、最も旬のアイドルとして、ベビメタのキテル感がいよいよ高まってきた現れか。
やや大人っぽくなった印象のあるMOAMETAL菊地最愛)が、果敢にトークで切り込むのかと思いきや…いつも控えめなYUIMETAL水野由結)が、ドジっ子属性を遺憾なく発揮し、タカトシにイジられまくる願ってもない状況に。
あたふたと動揺しまくる由結ちゃんのリアクションが面白くて可愛くて、久しぶりに年甲斐もなく萌え転がってしまった。

いわゆる、ライブでの「神が降りた」時に比べ、あまりにも等身大で、あからさまな素の少女像。こうした、ありふれた少女の魅力に、ことのほか惹かれてしまうのは、やはり選りすぐられた美少女達だからこそ。
いわば、ロコドルを始めとしたマイナーアイドルに欠けているものとして、顕著な要素であると改めて思う。しかしながら、一部の少女らには、最も必要である要素をしっかりと備えている場合が、少なからずあるのも決して否めない。

BABYMETALの新曲「メギツネ」のオリコンチャートに注目していたが、デイリーのシングルチャートで二位に食い込む快進撃を見せた。大規模なリリースイベントをせず、握手等の水増しも期待出来ない状況を考えれば、途方もない快挙といって差し支えない。
そのチャートの中で、ベビメタに肉薄する勢いのロコドルが存在した。彼女らの名は、名古屋ローカルのチームしゃちほこ
ももクロの妹分という触れ込みだが、「首都移転計画」といった珍妙な楽曲やら、ファンを煽る独特のノリなどを見ても、確かに納得のいくものがある。私立恵比寿中学も似た立ち位置ではあるが、こちらは郷土色をより強めているのが特徴か。
ともあれ、ルックス面でハズレがないのが、初見の印象として最も大きな強み。とりわけ、センターの秋本帆華が、可憐なルックスながらメンタルの強かさも感じさせ、大いに注目すべき存在となっている。
単純に、ももクロの路線を踏襲するだけでなく、独自の雰囲気を編み出せれば、もっと面白くなっていくだろう。

ルックス面を何より重視するわけでもないが、無名のアイドルが現れた時、初見で端的に印象付ける利点があるのは間違いない。
釣りを通して自然に親しみ、成長していくアイドルをコンセプトに結成された、つりビット。あまりに斬新なテーマであるが故に、一般的なドルヲタには受け入れ難いのではないか?と、率直に思ってしまった。
そんな予想とは裏腹に、デビューライブは即日完売。小規模会場とはいえ、ほぼ無名のド新人な点を鑑みれば、相当に例外な人気の高さといえるに違いない。
理由は単純明快。メンバーが総じて若く、しかもかなり清純で可愛い子揃いだからだ。特に正統派の香り漂う聞間彩、昔のスマイレージ小川紗季に似てる安藤咲桜、愛嬌溢れる雰囲気の小西杏優など、粒選りな美少女ばかり。
ルックスレベルは珍しいくらいに高いが、やはり歌やダンスは素人そのもの。しかし、楽曲は意外と悪くない印象を持った。
オーソドックスではあるが、変に奇抜なわけでもなく、新人らしく爽やかな聴き心地のサウンドに割と好感を得た。釣りと、どう絡ませるかが課題だが、可愛いだけに期待してみたいグループのひとつだ。
つりビット

日々誕生する新たなアイドルにおいて、いつも考えを巡らすのは原則論に他ならない。これだけは外せない、どうしても必要なもの。
歌唱力やダンススキル、人々の心を癒す愛すべきキャラクター、そして何よりも大切なのが、目を見張るほどの可憐さ、純真な可愛さ
顔が可愛ければ良いというものではなくても、最初のきっかけとして、これに勝るものはないのも事実。生まれ持った武器を携えて、必要な素養を高める努力を怠らない。これこそが、少女がアイドルを目指す折の、正しいスタートラインなのだ。

|

« 美少女たるアイドルの原型 | トップページ | 神聖なるアイドルの領域 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/57656751

この記事へのトラックバック一覧です: アイドルの正しいスタートライン:

« 美少女たるアイドルの原型 | トップページ | 神聖なるアイドルの領域 »