« 忌まわしき邪道の時代 | トップページ | アイドルの正しいスタートライン »

2013/06/11

美少女たるアイドルの原型

BABYMETAL

アイドルの世界において落胆することの多い時勢、唯一目を向けたいと思うものがあるとすれば、新世代の内に秘めた力に他ならない。

なんとなくぼんやりと過ごしている間に、BABYMETALの新曲「メギツネ」のフルMVが解禁されていた。迂闊だったことは認めるが…ポストももクロの最右翼であるベビメタの話題を、もっと大々的にメディアで取り上げて欲しいとも思うのだが。
ヤフーのトップ扱いでもいいニュースではないか。
さて、この期待の新曲は、まさに世界に向けて発信するかのジャパニーズメタルであり、「」の雰囲気満載なベビメタならではの奇抜な楽曲といえるだろう。
トレーラーではオウムがヘドバンしていたが、あれはぶっつけ本番のガチな反応だったらしい。それだけ、リズミカルで小気味良い、他に類を見ない驚愕のサウンドといっていい。
日本の祭りを連想させるゆいもあ水野由結菊地最愛)のかけ声や、三味線のような和楽器の音色が、これ見よがしに「和」そのもの。
ダイナミックなダンスが映え、中元すず香の歌声とのベストマッチも変わらずだ。真夏のライブでやれば、それこそ狂気乱舞の大盛り上り間違いなしだろう。
メタルファンからすれば反感を買いそうな勢いだが、これこそがベビメタ究極のオリジナリティ。独自色をどんどん強めていって、これからも世界の度肝を抜いて欲しいものだ。

BABYMETALの破竹の勢いにあやかりたいのが、ソロデビューを発表したさくら学院卒業生武藤彩未
一年間に渡り音沙汰なかった彼女がデビューと聞いて色めき立ったが、その後は特に情報もなく、一部ファンからは事務所を責める声まで聞こえたほど。アミューズには、可憐Girl's解散の前科があるだけに、ファンも今ひとつ信用に足らないのだろう。
いわば、ムトーの日(6月10日)になって、会場限定販売のカバーシングル、その詳細な内容がようやく明らかにされた。
松田聖子はもとより、石川秀美河合奈保子の往年の名曲をカバーした、中年世代のハートを狙い撃ちしたその内容に驚かされる。
僕がアイドルに目覚めたのは、この少し後になるのだが、80年代アイドルに心惹かれた親父世代には堪らないラインナップであろう。

そして、これらを手がけたミュージシャンの顔ぶれも、また凄いらしい。僕は、音楽家に関しては全然知らないのでピンとこないが、なんでも日本を代表する面々であるとのこと。アミューズの本気度が伝わってくる、衝撃の発表といえるのかも知れない。
ここにきて、彩未ちゃん本人からも挨拶の声が届けられたが、できればブログなどもやって欲しいところ。ご無沙汰していたファンのためにもなるし、少しでも知名度を高めるきっかけになるかも知れない。個人的にも、是非お願いしたいのだ。

新たに生まれ出る、若い力を侮るべきではない。使い古された手法、既存のありきたりな演出からは想像もつかないほどの、全く新しい視点から生まれた世界観を見せつけてくれることが、ままある。
アイドルの原則が守られたままに魅了され、経験したこともないときめきを覚える想定外の瞬間。音楽性、オリジナリティ、過去への郷愁。それらの要素が紡ぎ出す魅力は、美少女たるアイドルの原型に回帰する事実を、決して忘れてはならないのだ。

|

« 忌まわしき邪道の時代 | トップページ | アイドルの正しいスタートライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/57566456

この記事へのトラックバック一覧です: 美少女たるアイドルの原型:

« 忌まわしき邪道の時代 | トップページ | アイドルの正しいスタートライン »