« 追い求めた美少女の姿 | トップページ | アイドルの賞味期限 »

2013/05/18

歴史に刻まれる美少女アイドル

浜浦彩乃、宮本佳林

ハロプロ研修生ユニットJuice=Juiceの曲が耳に付いて離れない。
インディーズデビュー曲「私が言う前に抱きしめなきゃね」に続き、2nd「五月雨美女がさ乱れる」をリリース。クールでリズミカルな曲調を主とした作り込みは、研修生ユニットらしからぬ大人っぽい雰囲気で、かつダンスも非常に激しい。
当初しきりに囁かれていた、宮本佳林救済ユニット、もしくは研修生限定の単なる企画モノという思惑は、良い意味で外れたと言えるだろう。思いがけない楽曲の良さに、つんくPの本気度が窺い知れる。
各曲MVの作りは極めてシンプルだが、とりわけ、鬼気迫る宮本佳林ダンスのキレが凄まじい。キレというか、躍動感というのか、他のメンバーが…特に、経験の浅い金澤朋子宮崎由加が、完全に引き立て役になっている。
何というか、ダンス、歌などパフォーマンスはもちろんのこと、心構え、気迫からしてモノが違う。そんな底力を感じさせる女の子だ。
その他メンバーの個性は未だはっきりしないが、強いて言えば、植村あかりの大人びた外見に反する喋り方の幼さが、妙に印象に残った。

ハロー!プロジェクトのアイドルユニットそれぞれを見ると、スマイレージを除いては、全体的に上り調子だということが出来る。
モーニング娘。は連続オリコン一位、Berryz工房は東南アジア人気上昇、℃-uteは海外公演・単独武道館決定と、良い風が吹いている。
これに影響を受けてか、研修生に至っても、かなり良い傾向が出てきているような気がする。飛び抜けた存在は居ないが、粒選りな精鋭揃いで、すぐにでもメジャーシーンで活躍出来そうな子もちらほら。
最も端的に食い込んできそうな機会は言うまでもなく、モーニング娘。12期オーデに他ならない。色々な見方があるが、いわゆる可愛さ、ルックス面を重視するならば、浜浦彩乃牧野真莉愛が最有力と見ている。
共に11期最終選考に残ったが、「歌姫」の要件は、残念ながら満たしていなかった。しかしながら、アイドル的「可愛さ」なら別である。

浜浦彩乃は、いわばプロロリコンのタワレコ社長も推すほどの、生粋のピュアアイドル要素を持っている。
カエルと揶揄される丸顔は、成長過程にありがちな面長劣化を推測させない有利さに満ちている。そして、折れそうな華奢さから繰り出されるダンスは意外とキレがあり、細長い手足をよりしなやかに美しく魅せる効果が絶大である。
はまちゃん大佐のトレードマークである「敬礼」を既に得ていたりと、アイドルアピールの手段も万全である。十分に、メジャーで通用するアイドル資質を持ち得ているのは、火を見るより明らかだ。

牧野真莉愛も平均以上の資質を秘めているが、現リーダーの心を掴んでいるという事実が、何より大きいだろう。
道重さゆみが、妹にしたいハロメンに挙げ「人懐こくて可愛い」と溺愛。主に、鞘師里保に対するセクハラ発言や盗撮、果ては性的な妄想に耽るロリコンリーダーが目を付けただけあって、正統派の美少女といって何ら差し支えない。
この子がモー娘。入りすれば、リーダーのモチベーションが上がり、鞘師の心理的負担が軽減するのは間違いない。リーダーとエースの上昇作用を併せ持つ、貴重な存在。更なるモー娘。浮上には、絶対に欠かせないだろう。

この他、公開実力診断テストで脚光を浴びた田辺奈菜美、天然系の和田桜子、そして、AKBの前田敦子大島優子に似ていると話題になった佐々木莉佳子も控えている。
研修生ユニット第二弾に振り分けられる可能性を考えると、今後の展開を予想するのは甚だ難しい。楽しみに見ていきたいところだ。
牧野真莉愛

完全実力主義を貫き通す、ハロプロの揺るぎない心意気
アイドルの域を超える、トップレベルのパフォーマンスは疑う余地はないが…時には、少女ならではの可憐な可愛さ、類を見ない美少女性を重視する視点があってもいいのでは?と、強く思うことしばしば。
それはきっと、歴史に名を刻む存在。アイドルという甘い夢の記憶に残したいのは、とびきり美しく愛らしい美少女であって欲しいと、誰もが願うのだから。

|

« 追い求めた美少女の姿 | トップページ | アイドルの賞味期限 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/57406207

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史に刻まれる美少女アイドル:

« 追い求めた美少女の姿 | トップページ | アイドルの賞味期限 »