« 少女美の追求 絶妙なるバランス | トップページ | 追い求めた美少女の姿 »

2013/04/29

武藤彩未 始動の時

武藤彩未

ようやく待ち望んだ時機の到来である。
昨年、三吉彩花松井愛莉と共にさくら学院を卒業した武藤彩未が、一年の充電期間を経て晴れて活動再開。歌手として、ソロ活動をスタートすることが明らかにされた。
(参照:武藤彩未公式HP

卒業後の彩花は女優として順風満帆、最近ではCMでも度々見かけ知名度を上げてきている。そして、愛莉の方もゼクシィのCMガールオーディショングランプリを受賞するなど、他の二人はこれ以上ないくらいの順調な滑り出しを見せてきた。
それに比べると、類い稀な素質に溢れた武藤彩未の沈黙による、いわば「卒業格差」が盛んに揶揄され、しきりに歯噛みしたものだ。
そこへようやく、今年の卒業式において事前告知があり、武藤彩未に何らかの動きがあるということで、ファンの間ではソロデビューやら、バラドル転身やら、演歌歌手やらと、実に様々な憶測が飛び交った。
結果としては、ある意味無難なソロ活動開始とのことだが、僕にはやや意外な感じもした。さくら学院時代は、確かにそのアイドル性が評価され、親しみやすい明るい人柄もあり不動の人気を得たが、一般の知名度はまだまだである。
特別秀でた歌唱力があるというわけでもないので、完全にソロというよりは、可憐Girl'sのような彩未メインの小ユニットを結成する線が最も有り得るかと、勝手に僕は思っていた。

もちろん、ソロ活動は大変嬉しいのだが、同時に若干の不安を覚える面もある。アイドルという立ち位置を捨て、本格的なシンガーを目指すとなれば、並大抵の努力では済まされない。持って生まれた才能、資質という点も重要であり、ブレイクに至るには甚だ難しいと言わざるを得ないだろう。
それよりは、彼女本来のアイドル性というものを武器に戦っていく方が、遥かに勝算があるのは間違いない。今回発表された話によれば、80年代のイメージを取り入れた楽曲が特徴とのこと。松田聖子をリスペクトする彼女だけに、アイドル色を忘れないプロデュースを期待したいところだ。

色々言わせてもらったが、とにかく嬉しい限り。この一年の様々な面での成長を大いに期待しつつ、七月予定のソロライブに是非参加出来ればと考えている。
今年を契機に、アイドルとして、あるいは歌手としての存在感を存分にアピールし、また僕らをときめかせ熱く魅了して欲しいものだ。
散った桜は、再び芽吹きの季節へと。武藤彩未に、大いなる輝きの時を。

|

« 少女美の追求 絶妙なるバランス | トップページ | 追い求めた美少女の姿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/57272693

この記事へのトラックバック一覧です: 武藤彩未 始動の時:

« 少女美の追求 絶妙なるバランス | トップページ | 追い求めた美少女の姿 »