« 時が掻き消す永遠 | トップページ | 飾らない美しさ 今だけの真価 »

2013/03/12

穢れた心が追い求めたもの

宮脇咲良温もりを手離したその瞬間から、失ったものの大きさに気付くまで、長い時間が掛かったのだ。冷たく閉ざされた心の傷跡は、絡みついた茨で締め上げるように今も僕を苦しめる。
孤独であればあるほどに、冷徹で無機質な感情で満たされるのが悲しいほど自覚出来る。瑞々しく純真なもの、温もりある優しげなもの、それらは僕にとってずっと遠い存在になったと、明確に思えるようになってきた。

震災から二年。家族を失った人々のその後などがよく報じられていたが、なぜか僕には共感出来なかった。
二年経った今でも涙を流す人をテレビに映し、仰々しい慰霊式典を執り行う様子を目にした。それでも、何も感じなかった。
死んだ者が何をしようと生き返るわけではない。悲しみがあるとしても内に秘めるものであって、お茶の間に流す事柄ではないと。
そんな風に考えていることに気付いた時、僕は自分が乾ききって、索漠としている事実に向き合わなければならなかった。

ここ最近はテレビなどを眺めていても、白々しいCMや不細工な芸人が映ったりするだけで消してしまうことがよくある。
自分自身が穢れているのが分かっているだけに、あからさまな偽善や、見た目にも汚らしい映像に拒絶反応が極端に出てしまうのだ。
アイドルの世界もスキャンダルが見え隠れし、うんざりすることもしばしば。そうなるとどうしても、より若々しく穢れの見えないニューフェイスに目がいってしまうのは当然の成り行きである。

AKB48の姉妹グループであり、指原移籍をきっかけに注目を集めつつあるHKT48。主に中学生を中心とした、若さ溢れるメンバー構成が特徴的。現時点で有力といっていい、次世代アイドルの一郭をなしている。
最近生活リズムが崩れ、夜更かしが過ぎる僕の目に、彼女らの深夜番組が留まったのは言うまでもない。若い子が多いせいか、より新鮮で思ったより可愛く見え、ルックスレベルは平均以上な印象を強く受けた。
幼い雰囲気の兒玉遥朝長美桜から、美形の森保まどかまでタイプが様々。最も惹かれたのは、大きな瞳が愛らしい宮脇咲良だろうか。
一部、キャラの濃そうな面々がいるものの、全体的にはまだまだ大人しめ。もっと隠れた個性を見てみたい、期待のアイドルである。

ハロー!プロジェクトから初の研修生ユニットとなる、Juice=Juice。あくまで研修生という点からしても、全く予想外の展開となった。
ウグイス嬢宮崎由加など研修生外からの加入もあったが…最も話題を呼んだのは、不遇のエースかりんちゃんさん」こと宮本佳林の加入であろう。
モーニング娘。スマイレージなど数々のオーディションを受けるも、ことごとく落選。幼い頃から一定の固定ファンを付け、研修生として場数も踏んできた。歌やダンスの実力もかなり高いレベルに達し、モー娘。クラスのエースを張っても何ら不思議ではないほど。人気の高さも研修生随一だ。
ただ、正式メンバーではない上、メジャーデビューも未だ視野に入っていない今ユニット。しかも、メンバーカラー紫というエースらしからぬ立ち位置。ちゃんさんの行く末は、まだまだ険しいようだ。
研修生といえば、「はまちゃん」こと浜浦彩乃が大のお気に入り。11期オーデの小田さくら合格は、モー娘。の歌唱力不足から仕方なかったかも知れないが、可愛さと健気さは小田の比ではなく群を抜いている。もし11期加入していたら、ロリコン趣味道重リーダーはさぞかし歓喜していたに違いない。続く新ユニットでの選出に、大いに期待がかかる。
浜浦彩乃

時間と共に自らが変わっていくのを感じた時に、それが悪い方向だと悟った瞬間ほど、打ちのめされ自己嫌悪に陥ることはない。泣きたくなるくらい無様で、救いようがないほど愚かしい自分という存在を、跡形もなく消し去ってしまいたくなる。
純粋な少女らが夢を想い、より良い方向へと上昇していくのを見るのは、僕にとって言わば奇跡に等しいような非現実感があった。
いつまでも飽きることなく見つめ続けていられるほどに価値のある、唯一の真理となったのだ。

|

« 時が掻き消す永遠 | トップページ | 飾らない美しさ 今だけの真価 »

コメント

こんにちは(o^▽^o)

HKTがトップで驚きましたw確かにHKTのレベルは高いと僕も思います。僕はゲームでのHKTしか知らないけど、今度よみうりランドで会えるかもと楽しみにしています(あくまでも予定)でも、アイドルって自分の理想の中で存在していて、実際会うと・・・ってことも多いんですよね。僕の場合、勝手にどんどん理想が膨らみ過ぎてるのと、イベントに参加する労力が多きすぎるのが原因なんですが・・・

ただ・・・最近48系のアイドルの脱退が相次いでる点に問題を感じます。NMBやSKE・・・さすがにデビューして2週間で卒業を選択してしまうのはファンとして悲しいことだと思うし、本人にとってもすごい不幸だと思います。48系のアイドルは普通の女の子とアイドルの境目が無くなりましたね。あまり言いたくないけど「アイドルとしての覚悟」みたいなものが無くなんとなく流でアイドルになる子が増えたのがこーいう事態を起こしてるのかも。それにアイドルをただの踏み台みたいに考えてる子が多いのも気になります・・・将来女優になりたいとか夢があるのは分かるけど、あまりそればかりなのはどーかなと。

でも、運営側にも問題が多いみたいですね・・・なんかアイドルという高い志を持たずに、ただ若い子を集めてアイドルと称して金儲けを考えてる悪い大人が多いのかな・・・大人として女の子達の将来を考えてあげてほしいです・・・それはチャームに関しても言えますね。。。

震災に関して・・・なんか埼玉に住んでると感じるんですが、温度差ですね・・・

被災地は少し復興の芽が出てきた程度なのに、こっちでは全く忘れちゃった感じがします。喉元すぎれば・・・は日本人の特徴なんでしょうね。テレビでの特集も一時的だったし、個人的にはWBCなんかより大切だろうと思います。

僕自身もあの時の記憶が薄れて来てますね・・・あの時は地震対策しないと!!って思いましたが、今現在何もしていません・・・

まぁ、何かあった時に「生き残りたい」という気持ちが希薄なのもその要因なのかも・・・

ハロプロの飼い殺しはしょうがない気がします。かりんちゃんほどの子のピークを見過ごしたり、HKTの田島さんを採れないつんく♂さんはダメダメでしょうね。秋元さんに比べて全てが遅いんです。

前回久しぶりに研修生公演行きましたが、今のハロプロ研修生は粒揃いだと思います。問題はそれを活かせるかでしょうね。浜浦ちゃんは野菜を売らされてるのが少し悲しい気がしました。アイドルとして下積みは必要だけど、変な宗教絡みの野菜売りさせられてるのは悲しいです。。。またそのファンの絡みが・・・。やはりハロプロはダメですね。

では、またの更新楽しみにしています★

投稿: 館の主 | 2013/03/13 14:12

HKTに関してはテレビで見た印象だけなので、まだよく知りません。若い分、可愛く見えているだけなのかも知れないし…これから色んな面を知ることで、どう印象が変わるか楽しみですね。
AKB系列の脱退については、かなり違和感を覚えています。
本来なら、アイドルになるのを夢見て人一倍の努力を重ねるはずなのに、最初の一歩にも満たない段階であっさり辞めてしまう。
最近の、あのSKEの子ですか。10日で辞めるとか、ほんの遊び半分だったのでしょうか?? ちょっと考えられません。

それと、よく聞く「学業優先」という言葉。勉強って、はっきり言って大人になっても出来るんですよね。
アイドルって誰でもなれるわけではないし、その時にしか出来ないものです。どう考えても、学業より軽いわけがありません。特に、人気絶頂だったスマを辞めたゆうかりんとか。
人に夢を与えるアイドルを軽く考えるなんて、とても悲しい風潮だと思います。。

ハロプロの事情については、色々複雑なのでしょう。それぞれユニットのカラーがあり、キャラ的に合う合わないとか。
ただ、落とされまくっても挫けることなく直向きなちゃんさんを見てると、さすがに気の毒になりますが…。この新ユニットは、恵まれない彼女の救済策と見る向きもありますが、できれば正式な形でエースを張らせてあげたいですね。

SATOYAMA企画は、大方不評のようです。はまちゃんの売り子姿が、チャームの物販そのもので見るに耐えないです。
そんなことではなくて、個々のドキュメンタリーや、個性を活かしてあげる企画を考えて頂きたいですね。

投稿: santa | 2013/03/14 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/56942068

この記事へのトラックバック一覧です: 穢れた心が追い求めたもの:

« 時が掻き消す永遠 | トップページ | 飾らない美しさ 今だけの真価 »