« アイドルの生きる道 | トップページ | 穢れた心が追い求めたもの »

2013/02/13

時が掻き消す永遠

野々村香音

野々村真の娘香音が歌手デビュー。やはり芸能界という世界は、人目を引く輝きあるとびきり可愛い女の子を放っておかないらしい。
何だかんだいってハンサムな父親の遺伝子を受け継いだこの子は、大きな瞳が特徴の典型的なお人形系美少女。正直好きなタイプだが、幼い頃はこの目元が主張し過ぎていて、やや不自然な印象があった。
ただ、高学年という旬の時期に差し掛かって、顔のパーツのバランスがうまく整ってきた感じがする。輝きを増してきたその容貌を目にするにつれ、一方で僕には、どうしても拭えない不安が付きまとうのも、また事実である。

こういったテーマは、未来ある幼い少女に夢を馳せるのには、そぐわないのかも知れない。しかし、いたずらに「儚い少女期」という意味合いで気持ちの整理をつけるのは、僕にとって甚だ苦しい作業でもあるのだ。
巷でよく囁かれる「劣化」というものは、一般的には「成長」でしかないのは言うまでもない。ただ、その少女期の美しさが際立っていればいるほど、成長と共に大きく変貌して見える場合は、やはり特異なケースといえるだろう。

一時期の僕に多大なる影響を及ぼした美少女といえば、前田亜季に他ならない。まだ「ジュニアアイドル」という言葉がない時代、卓越した演技力と愛らしさで、チャイドルブームの火付け役を担った役割は極めて大きかった。
その彼女も、中学生から高校生にかけて急激に面長の顔つきになり、高校を卒業する頃には見る影もなかった。今現在も女優として活動しているものの、かつてのいわゆる「天才子役」といった期待度からすれば、決して花開いたとは言えない。
個人的に思うことだが、あの大幅な劣化がなければ、今の状況は一変していたのではないか。少なくとも、一因にはなるかも知れない。

劣化」のパターンとして最も多く見られるのが、顔の輪郭、形そのものが変わってしまうものが挙げられる。
前田亜季のように縦に長く伸びてしまうものもあれば、丸く膨らんでしまうものもある。肥満とは別に、顔だけが膨らむと、以前より太った印象とバランスの崩れた不自然さが、必要以上に目に付くことになる。
顕著な例は、Berryz工房菅谷梨沙子か。幼い頃がフランス人形ばりの完璧な美少女ぶりだっただけに、殊更目立ってしまうのもある。
ただ、最近は輪をかけて奇抜な髪色にしているのも、劣化を助長しているように思える。フットボールアワー岩尾が、ももクロに推し変するのもやむを得ないと感じてしまう、悲しいばかりの劣化ぶりである。

これらとは逆に、成長と共に、むしろ洗練され輝いていく珍しいケースも見られる。
昨年、さくら学院を卒業した武藤彩未の場合、小学校中学年あたりの雑誌モデル時代の写真を見ると、あまりパッとしない印象があった。前髪を全開にしていた髪型のせいもあるが、どこか垢抜けない、そこらへんの平凡な子供という感じだ。
しかし、高学年でピュアピュアに取り上げられた頃から見る見る内に可愛くなり、高校生である現在ではより洗練され、眩いばかりの美少女オーラを放っている。
極めて稀であるが故に、何度でも申し上げたい。事務所は、この逸材を飼い殺しにするなと。今の武藤彩未を活かせないとなれば、アイドル界においてあまりに大きすぎる損失なのだと。新ユニットでも何でもいい。直ちに動くべきである。
武藤彩未

時を刻むことの意味は、絶えず変化を余儀なくされるということ。だからこそ人は、記憶という自分だけのスペースに美しいものや尊いものを慎重に選別し、決して忘れまいと大切に仕舞い込みたがる。
現実を直視しようと思えば思うほど、そこにあるのは汚され、壊れてしまった残骸に思えてしまう虚しさに苛まれる。生きていくことの苦しみの中には、美しさが永遠ではないと認めるつらさも含まれているのだろうか。

|

« アイドルの生きる道 | トップページ | 穢れた心が追い求めたもの »

コメント

こんにちは☆ミ

お久しぶりにコメントさせていただきます、館の主です。

前回が2011年7月ですから、1年半ぶりくらいですねw

僕が日記を見てない間にsantaさんにはいろんなことがあったんですね。。。

お母様、お父様のこと・・・お悔やみ申し上げます。

僕の両親もそろそろ介護を考えなければいけない年になって、その先のこととか・・・いろいろ考えさせられました。

いろいろあってケンカしてばかりですが、まぁ両親が生きていてくれるのは幸せなのかな・・・と思いました。(僕の場合、兄弟や親戚もいないので・・・両親だけが唯一の血縁者)


昨日夜に1年半のブログをまとめて拝見させていただいたのですが、いろいろなことがありましたね。(アイドル界も)

娘の10期・そして11期、ももクロの台頭、AKBの崩壊の序章、さくら学院、フェアリーズetc・・・本当にいろんなことがありました。

読んでいて思ったんですが、本当santaさんと自分の考えが似ていて驚きました。特にスマイレージに対する愛の有る毒ですw

まぁ、スマに関しては諦めという結論に居たりますが・・・でも、今まで飼い殺しボジションだったハロプロエッグ(ハロプロ研修生)から続々とユニットが誕生するらしく、それに期待ですね。

佐藤優樹ちゃん・・・僕は去年の秋から娘熱が再燃して何度か個別握手会等にも行きましたが・・・噂や想像以上にスゴイ子ですwいろんな意味で。

あんなに可愛くてキレイなのに、いろんな意味でびっくりさせられますw


チャームに関しては僕の好きな子が次々に居なくなってしまうので何とも・・・(伊藤ありす・藤谷まな・丸山ももか)

その原因はsantaさんのご指摘の通りなんだと思います。

僕の中で注目してるのは香山すずちゃんです。

ブログで見せるアイドルセンスの高さはもちろん、実際会うとその人懐こさに驚きます。。。ただ、おしゃべりすぎるのが玉にキズw

彼女達の世代に大きな影響を及ぼしているのが、AKBとアイカツです。

アイカツはアニメですが、アイドルとは何なのかを泥臭いまでに語ってくれます。アイドル活動っていう響きは少し軽く、嫌だなと思いますが僕の考えるアイドルの理想像を一途に追い求める素晴らしいアニメだと僕は思います。

小さい頃からああいうものを見て、アイドルとは何なのかを潜在意識からしっかり身に着けるこの子達の将来が楽しみでなりません。

まひなちゃんについては同意見ですw実際会うのは怖いけど、そのいい意味のエロスを見ていたいですwただ、見た目のエロさと違って意外?と純粋な感じの子みたいなのでちょっと残念ですw

久しぶりでまとまらない長文ですいません。

またの更新楽しみにしています★

投稿: 館の主 | 2013/03/06 14:01

お久しぶりです。
色々ありましたが、今は大分落ち着いてます。
ただ、こうして天涯孤独の身になってみると、気持ちが内向きになってしまいます。ブログの更新意欲も湧かず、放置気味ですよね。。

館の主さんのブログ、よく拝見していますよ。
お仕事が大変そうですね。お疲れさまです。
まーちゃんは、ああいう子なのでハロヲタもみんな容認しているみたいですね。気にすることないです。

アイドルの世界は目まぐるしく変わって、戸惑いを覚えます。
さくら学院を始め、惹かれるアイドルはいるのですが、我を忘れてのめり込むほどの存在は皆無。少し寂しい感じがします。
チャームでは、香山すずcや汐崎まいcなど、幼い子のキラキラ感が素晴らしいですね。久々にお芋屋さんに行ってみたい気持ちになりましたw

独りよがりな主張と妄想垂れ流す本ブログですが、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

投稿: santa | 2013/03/07 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/56759239

この記事へのトラックバック一覧です: 時が掻き消す永遠:

« アイドルの生きる道 | トップページ | 穢れた心が追い求めたもの »