« 忘れかけた過去のときめき | トップページ | 少女の灯 »

2012/11/13

世界的ヒロインの胎動

BABYMETAL

ごく限られた空間で萎縮し思い悩んでいると、ますます世界が狭められていくように感じる。実に馬鹿げているのかも知れないが、現実という壁は高く立ちはだかり、そう簡単に抜け出すことは出来ない。
アイドルという存在に魅了され、時に依存してさえいた僕にとって、それは夢を越えてより大きな世界へと連れ出してくれる気がする。まるで、自らが解放され、歓喜に満たされるかの疑似体験を得ることが出来る。

先日、新生モーニング娘。として初の海外遠征、ハロプロ15周年を記念した世界握手会が催された。タイやフランスなど、四カ国で開催されたのだが、改めてその人気の高さを思い知らされた。
国内では知名度も薄れ、都内のロケでも誰にも気付かれないほどだが、海外では一躍スター扱いである。バンコクのミニライブでは、間奏などで女性ファンの絶叫が響いたりと、盛り上がりが半端ではない。パリでも、田中れいなが急遽欠席したにも拘わらず、熱い声援で迎えられた。
実際に、海外では多少差があれど、日本のアイドルといえばモーニング娘。であり、AKBなどはあまり知られていないことが多い。ハロプロの本格的なパフォーマンスが正しく評価され、ただ数にまかせた多彩さに惑わされない辺り、海外のアイドルファンは見る目があると言える。
こうした量より質を重視してくれる世界の舞台で、自らが推すアイドルが受け入れられるのは、とても嬉しく頼もしい気持ちになるのだ。

海外を席巻した話題性という観点から、また、独自のアイドルの形を生み出した功績、バランスの取れた美少女の組み合わせ、その他、数え上げたらキリがない異色な存在感という点からも、僕の心を掴んで離さないアイドルユニット、BABYMETAL
昨年に世界を揺るがした「ドキモの衝撃」以降、想像を絶するニューリリースを連発してきた彼女らが、初となる海外公演を成功させた。シンガポールでのアニメフェスにおいてゲスト出演、熱狂的な現地の声援を受け、圧倒的なパフォーマンスを見せつけることに。
この模様をニコ生で観ていたが、正直言って鳥肌が立った。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」に始まる4曲のみだが、「いいね!」のラップ部分にアレンジしたり、最後の「ヘドバンギャー!!」を生唄でやったりと見所が多数あった。
何より現地の盛り上がりがもの凄く、世界人気の一端を垣間見た気がした。MC無しノンストップのベビメタだが、それ故に最後を生唄で締めた中元すず香高いポテンシャルを、ひしひしと感じ得た。さすがは、広島でダンスの鞘師歌の中元と呼ばれただけはある。

公演最後に、もしかすると「イジメ、ダメ、ゼッタイ」を披露したかも知れないが、カットされている。この曲で来年メジャーデビューが決まっているので、手回しがあったのだろうか。
さて、このデビュー曲について言及するのは初めてだが…これまでライブで何度も披露しておきながら、音源化されなかった経緯を考えると、確かに予感はあった。メッセージ性が高い曲なのだが、昨今のいじめ問題に触発された感じがしないでもない。
ただ、ゆいもあ(水野由結菊地最愛)全力失踪、ゆいもあバトルなど、面白い要素が盛り込まれており、インパクトは抜群だろう。
まあ、それにしても遅い。本来なら昨年末の流れから、ひと息にデビューしていてもおかしくない。そういった確信が持てるほど、世界的な人気は、潜在的な部分を含めてあると思っている。
日本での売上げが伸び悩んでも、世界に向けたプロモーションで成功出来る可能性は十分にある。来年は、メタルの本場、北欧などでライブを実現させて欲しい。ただ、欧州においてのアピール機会があるかどうかが問題ではあるが…。

BABYMETALの本格始動に関連して、クローズアップされるのが、「さくら学院重音部」という肩書き。もちろん、これは撤廃するべきである。このままだと、来春には中元すず香が抜けることになってしまう。メインボーカルがいなくなれば、到底成立はしない。
あくまでも、さくら学院とは切り離された単独ユニットとして、世界進出を目指して欲しい。もしも、可憐Girl'sの二の舞のような真似をすれば、今度はファンも怒るだろうし、この事務所を誰も信用しなくなるに違いない。よく肝に銘じるべきである。
モーニング娘。

想像上での産物でしかない世界の大舞台。あまりに現実とはかけ離れたものを、アイドルを通じてリアリティ溢れる感覚に置き換えられるとしたなら、それはとても価値ある体験に違いはない。
世界中を魅了する、美少女たるニューヒロインの誕生。高鳴る鼓動にも似た確かな胎動が、この胸に熱いときめきを蘇らせるんだ。

|

« 忘れかけた過去のときめき | トップページ | 少女の灯 »

コメント

santaさんのおっしゃるとおり、BABYMETALはさくら学院とは切り離して、単独のユニットとして扱って欲しいと願っています。
まさに可憐Girl'sの二の舞だけは勘弁です。

BABYMETALは、メタルが好きな僕から見ても、メタル的に完成度が高いうえに、アイドル要素も高く、うまく融合した希な例だと思います。

アイドルというカテゴリーがない欧米人にとって、ティーンエイジャーがメタルを歌うこと自体が、斬新かつ新鮮に見えていると思います。

メタル的な側面からも、十分評価されてますから、もしかしたら国内よりも、海外の方がBABYMETALのファンの数は多いかもしれません。

来年の3月にどうなるのか?
キツネの神様にしかわからないのでしょうね。

投稿: ねこぽく | 2012/11/13 17:35

来年ようやくデビューして、春には解散という流れはさすがに無いでしょうが…悪しき前例がありますからねぇ。。

ベビメタの音楽性は、まさにメイド・イン・ジャパン。
メタルを独自にアレンジした面白味は、他にない魅力ですね。
まさに、世界に誇れるオリジナリティ。美少女アイドルの可愛さと合わせて、是非とも堂々アピールしてもらいたいです!

投稿: santa | 2012/11/14 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/56105340

この記事へのトラックバック一覧です: 世界的ヒロインの胎動:

« 忘れかけた過去のときめき | トップページ | 少女の灯 »