« 永遠に揺らめく花 | トップページ | 忘れかけた過去のときめき »

2012/10/18

「プロ」たるアイドルの本領発揮

モー娘。を推すユースケ

今、アイドルの形として求められているのは実に多様であり、枚挙に暇がない。大勢の中から注目を集めるために、奇抜な演出を駆使して、いたずらに斬新さを追求するばかり。古典的なアイドルのイメージとは、かけ離れたものも少なくない。
かつて、80年代に清純派アイドルがもてはやされ、おニャン子によってグループアイドルの個性味の魅力が、重要な要素として確立された。後に、モーニング娘。によりパフォーマンスと楽曲の強化がなされ、ひとつの完成形に至ったと確信している。
現代の頂点に立つAKBは、それらを多人数の条件下で平均以上に高めた、いわば「総合力」のアイドルグループだと言えるだろう。

僕は、長年アイドルを見続けることで、いわゆる人数の多さや派生グループによって個々の実力にフィルターをかける手法が、必要以上に目に付くようになってしまったようだ。つまり、言い方を変えれば、それは「ごまかし」である。
別にAKBを否定するつもりはないが、真にプロフェッショナルかと言えば違うと思う。更に上のレベルの最上級のパフォーマンス、彼女らはまだ登れるはず。それを具現化しているのは、間違いなく新生モーニング娘。だと断言することが出来る。

メンバーが大幅に刷新され新垣里沙が卒業する辺りから、楽曲の質が向上した印象が強い。ダンスとフォーメーションで魅了する意図が明確に感じられ、高度なパフォーマンス有するモー娘。の良い面が浮き出た風であった。
もちろん、言うまでもなく、鞘師里保石田亜佑美などの実力者生田衣梨奈佐藤優樹といった個性派の加入による相乗効果も見逃せない。最高峰のパフォーマンス、そして新たな個性味の注入。ここにきて、モーニング娘。の再興が大いに期待出来る状況になってきた。

特筆したいのは、ももいろクローバーに代表される芸能人ファンの増加傾向。これまでモー娘。ファンとして公に知られていたのは、指原莉乃柳原可奈子くらいか。しかし最近、意外な人物がハマっているらしい。
先日の「ぷっすま」での企画、ユースケ・サンタマリアが、スマップ草彅にモーニング娘。の魅力を熱く力説していた。
彼の場合、比較的最近よりハマったようだが…しばらく興味を失ってメンバー入れ替えから再び惹かれ始めた経緯、更に、ほぼ同年代ということもあり、妙に親近感が湧いてしまった。
やはり、彼もその圧倒的なパフォーマンスに魅了されたらしく、AKBなどとはレベルの違う高い実力に衝撃を受けたようだ。
ラジオまでチェックしているところを見ると、個性豊かなキャラクターの面白さが拍車をかけたのも容易に想像がつく。推しメンが、えりぽん生田衣梨奈)というKYキャラな点が、また何とも通好みである。
僕の場合、娘。に対し、ルックス重視の評価は始めからしていないが、強いて言えばだーいし石田亜佑美)が推しメンになるのだろうか。
平均以上のルックスだし、ダンスも巧い。だがそれよりは、まーちゃん佐藤優樹)の保護者的な役割に見られる、包容力や優しさが魅力的に思えるのかも知れない。
石田亜佑美

あらゆる手段、そして新たな方法を用いて高みを目指すのは、決して悪いことではない。ただ、然るべきアイドルの精神と心意気、脈々と受け継がれた根本たる能力が伴わなければ、まかり間違うことになり兼ねない。
ひと目見ただけで、裏打ちされたクオリティ、そしてたゆまぬ努力が垣間見えること。少女が輝きを増す時。ただ飾り立てるだけでなく、積み上げた最高の贈り物をファンに届けるのが変わることなき原点。モーニング娘。は、改めて僕に教えてくれた。

|

« 永遠に揺らめく花 | トップページ | 忘れかけた過去のときめき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/55917561

この記事へのトラックバック一覧です: 「プロ」たるアイドルの本領発揮:

« 永遠に揺らめく花 | トップページ | 忘れかけた過去のときめき »