« 心に降る夕闇 | トップページ | 「プロ」たるアイドルの本領発揮 »

2012/10/05

永遠に揺らめく花

浜辺美波

思い描くままに、そしてありのままに輝きを放つ美少女は、例えるなら野山に咲く花のようなものだ。ありふれた平凡な光景の中に、ほっと心安らぐ印象を付け加えてくれる。
「生きる」ということは、つまるところ、思い出を作ることのように思える。それを穢れたものにするか、美しいものにするかは、人それぞれ受け止め方によって違うのだろう。
僕はただ、積み重ねた悪い思い出を、美しい少女のイメージで塗り潰したいだけなのかも知れない。

伝説に残したかった美少女松嶋友貴奈(現、松山友紀奈)以来、「珠玉」と呼べるほどの美少女が現れたかといえば、やや疑問が残る。
アイドルグループが乱立する中で、様々な魅せ方が提案されたのは確かだが、飛び抜けて可愛い女の子が果たして出現しただろうか?
総合力と距離感という点でAKB、奇抜さとひたむきさという点でももいろクローバー、パフォーマンスと個性という点でモー娘。他ハロプロ勢。しかしながら、美少女性を追求したグループは、なかなか思いつかない。

個人的に唯一気になる存在なのが、やはりさくら学院か。義務教育終了と共に強制卒業、こういった無茶な試みにより、武藤彩未三吉彩花松井愛莉の三人が今春卒業した。ツインタワーは方向性に食い違いがあったようだが、アイドル性抜群で美少女っぷりにも定評のあった武藤彩未を失ったのが甚だ大きい。
損失を補填するには転入生に期待するしかないが、田口華磯野莉音微妙に期待外れに終わった。中元すず香の会長就任と共に転入した野津友那乃大賀咲希杉本愛莉鈴に関しては、個性が未だ見えないものの、ルックスレベルは意外と高い印象がある。
とりわけ目を引いたのが、杉本愛莉鈴。小学生には見えないスレンダーな体型でありながら、パッチリした目元と愛嬌ある笑顔が愛らしい、相当な清純派美少女である。
ルックスの良いメンバーが揃うさ学においても、抜きん出そうな気配さえ感じる。広島アクターズスクール出身でモー娘。鞘師里保と同期、歌唱力もあるそうで期待は高まる一方だ。

子役の世界は盛んに見えるが、実のところ、長年の不作が続いているのが真実である。いわゆる「幼女」ではなく、中学生にかけての少女美が際立つ年齢層には、思ったよりずっと注目株は少なくなっている。
かつての安達祐実前田亜季ほどの才能を持った存在はなく、美少女性もまた然り。そんな寂しい状況の中、僕が感嘆するほど「美少女」然としているのが、真の東宝シンデレラ浜辺美波であった。
デビュー当初から僕の肥えた目を釘付けにし、成長した旬の今となっては、溢れんばかりの美少女ぶりを遺憾なく発揮している。
ドラマ「浪花少年探偵団」では、有象無象の小学生に混じって、信じられないくらいのオーラを放ち存在感を際立たせていた。
端正で愛らしい少女の造形美は、まるで奇跡を直視したかの衝撃がある。非の打ちどころがない、まさに「究極の美少女」である。
杉本愛莉鈴

美しいものを尊く思い、鮮烈な記憶としていつまでも残そうとするのは、人が生きていく上での本能に根差すものだろうか。
傷ついた心を癒し、活力を与えてくれる少女の美しさは、いつしか永遠不朽の思い出へと変わってゆく。
いつでも挫けそうな時に支えてくれた、大切なもの。どこか懐かしい、馴染み深い風景に溶け込んだ、あの愛らしく可憐な花のよう。
駆けてゆく優しい風になびかれて、ずっと心の内で揺らめいている。

|

« 心に降る夕闇 | トップページ | 「プロ」たるアイドルの本領発揮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/55815513

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠に揺らめく花:

« 心に降る夕闇 | トップページ | 「プロ」たるアイドルの本領発揮 »