« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012/09/30

心に降る夕闇

生きている実感というものを何時からか失った時から、痛みや苦しみという感覚は、常に身に纏った衣服のような不可思議な体感を覚えている。なぜかしら、苦しみ喘ぐ自らの吐息さえ、どこか現実味の薄い他人事のようにすら思えるのだ。

母が亡くなって一年が過ぎた。最も信頼をし心の支えになっていた存在が消えてから、父に悩まされ兄弟とは反目し合い、僕は否応なく孤独へと追い込まれた。
それは、決して光の届かない奈落の底であり、夜明けの訪れない夕闇に閉ざされたかの如くであった。
僕はただ、「今」という時を暫定的に生きているに過ぎないのだと、自分に言い聞かせた。最早、「死」は、僕の心を癒し、静かに、そして優しく寄り添ってくれる友人であるかのような存在に変貌していた。唯一、永遠に続く安らぎの象徴として。

人の生きる意味が何であるか。これに考えを巡らす時、必ずといっていいほど出口は見つからない。ただ、生まれたから生き、僅かな喜びや楽しみの為に、長く続く苦労に耐え忍ぶ。その結果が呼び起こす空しさや脱力感は、これまでの人生において、嫌というほど繰り返し味わってきた。

人の温もり、溢れる生命力、たったひと時の癒し。そういった求め続けていた全てを凝縮した存在が、美少女アイドルだった。
穢れない未完成で純真な魂に触れる時、心は清々しい清涼感に満たされ、重苦しい憂鬱さはどこかに吹き飛んでしまう。
彼女らは、いつでも輝かしい未来に向け努力を惜しまず、ある種、擬似的な人生観と幸福感を僕に与えてくれた。彼女達の境遇と、自らのそれがかけ離れていればいるほど、より希少で眩しく映ったのだ。
押し潰されそうな現実の暗闇に戻る時、いつも僕は孤独の中で手探りし、そこに何も無いことを確かめる。まるで、自分だけに許された奇妙な儀式を執り行うようにして。

ただ、そこに居て欲しかった。心のどこかで孤独を恐れていた。愛情を感じても、どう応えていいのか分からなかった。
悲しみや寂しさを、どうすることも出来ず持て余していた。切なく痛々しい記憶を、意味もなく反芻していた。いくら探しても、なんの生き甲斐も見つけられなかった。
何も見えず、何ひとつ変わらずに堕ちてゆく自らの運命を脱したいと藻掻くほどに、得体の知れぬ泥濘に埋もれ、為す術を失っていく。
振り絞る気力は途絶え、やがては生きているという感覚さえ意識から遠のき、何もかもがぼんやりと霞みがかってくる。
癒しを求める放浪者。その行方は、もう誰にも分からない。

透明に澄んだ秋の空に真っ赤なインクを滲ませるようにして、あの夕刻は訪れる。深い闇の底に導かれるままに、果てしない時の階段を降りてゆくにつれて、心を凍てつかせるあの冷たい情感が満ちてくる。
いつまでも、そして着実に刻む不遇の物語を経て。降りしきる氷雨のように、微かに波打つ慟哭が胸の底から染み出して僕を狂わせる。
頬に感じた雨滴の感触は、闇に覆われて見えなくなった悲壮感を思い出させる、心に降る夕闇であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/16

待望する美少女のピュア

小澤奈々花、吉本実憂

工場などに勤めると、配属される現場によって当たり外れが大きいのを実感する。女性向きの単純作業で、さして残業もなく十分に余裕のある現場。それに対し、力仕事ありで、途轍もない残業量を課せられる過酷な現場。今回、僕は後者の外れクジを引いてしまった。
連日で五時間近い残業を強いられ、立っているのもやっとなくらい疲れ切ってしまう。元々、体力に自信がなく、年齢的にも衰えが目立ってくる年代である。短期前提でなければ、身体が持たず辞めていたと思う。

そんなわけで、しばらくブログを放置していたが…かつての常連方も訪れなくなった過疎っぷりも板について、何の問題もなかろうかと。
これからも適当に放置し、気ままに更新していこうと思う。
ただ、実際のところ、記事にするほどの話題が見つからなかったのも、また事実である。僕の個人的に注目している女の子の動向はといえば…表舞台から退いていったり、何の活動もなかったり、地下に埋もれたりしていて寂しい限りなのだ。
こうなってくると、僕の興味を僅かでもそそる対象を見つけ出し、脳内で整理してみたい。あまりに疲れていると、頭も働かないのだ。

ミスコンの単一化
良く言えば無難、悪く言えば無個性。そんな印象を強めている昨今の美少女ミスコン。グランプリがブレイクしなくなって久しい国民的美少女コンテストだが、今回もまた、特徴の薄い子を二人も担ぎ上げてしまっている。
吉本実憂小澤奈々花ともに美少女なのは確かだが、原石の放つオーラはやや微妙か。顔にクセのない小澤奈々花は、多少期待出来そう。
ただ、過去のダブルグランプリである渋谷飛鳥阪田瑞穂もブレイクの気配すらなかった。二の舞になる予感は十分に伝わってくる。
ホリプロタレントスカウトキャラバン、今回のグランプリが菅野莉奈。既に、「優希美青」という芸名を与えられ、売る気満々だが…どうだろう?美少女というには大人びてい過ぎはしないか。見ようによっては20代後半にも見えるアダルトな雰囲気は、如何ともし難い。
より大人びた子を「完成形」として選ぶのは無難な選択といえる。しかしそれでは、美少女という要素が置き去りにされているようで、違和感を覚えてしまう。もう少し、未熟でも輝きを放つであろう原石を発掘するのに力を注いで頂きたい。

モー娘。と佐藤優樹と11期
モーニング娘。におけるニューカマーの影響力が絶大であったのは、今さら言うまでもない。文字通り、「生まれ変わった」モー娘。の中でも、とりわけ異彩を放ったのが佐藤優樹その人。
掴み切れないド天然なキャラクター、否、掴もうとすること自体が無意味なほどの底無しな個性の力をひしひしと感じ得る。気付けば、まーちゃん動画を延々ループしてしまう中毒性すらあるのだ。
黒バラ」で中居の振りを絶妙に返せていれば、彼女の面白さをもっと世間に知らしめたのに…と、歯噛みすることしきりである。
さて、そんなまーちゃんに後輩が出来るという異常事態に際して、ついつい過剰な期待をしてしまいがちであった。蓋を開けてみれば、11期はただ一人のみ、研修生の小田さくらとのこと。
やはりというか、当然というか、「歌える子」を入れてきた。確かに歌唱力その他、レベルの高さは認めるが…個人的に期待を寄せていたルックス面では、かなり裏切られた感はある。言い方悪いが、正直「老け顔」だろう。40代の顔立ちでしょう、これは。(失礼)
モノマネ得意なイロモノ要素があるので、まーちゃんとの絡みは幾分興味をそそる。しかし、未練の残る11期オーデとなったようだ。
小田さくら

渦巻く疲労の只中にあって、なおも生き続けることに執着している自分が甚だ無様であり、かつ愛おしくも思える。
この険しく厳しい道のりをどれだけ進んでも、得られるものは何もなく徒労に終わるだろう。立ち竦んでいたとしても、きっと同じこと。
荒々しく寄せる波に呑まれても、瞳に投影されるのは穏やかに心潤す清流のせせらぎ。美しい少女のピュアな存在感が、溺れそうなこの卑しい魂をいつも救い上げてくれるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »