« 混濁するオアシス | トップページ | 待望する美少女のピュア »

2012/07/18

美しいアイドルの幻想

とちおとめ25くるみ

懸命に働きかけるも、状況は好転するどころか悪化の一途を辿る。わずかな光が見えたと思ったら、それはただ幻であって、何ら良い結果には結び付かない。そんなことを繰り返す内に、心身を徐々に蝕まれるようにして精神が疲れてきてしまった。
アイドル」という、かつて胸ときめかせた存在はどんどん遠くなっていく。以前のように、イベントに遠征するのをやめてから随分と久しい。経済的にも、そして精神的にも余裕がなかったのは確かだが、やはり心のどこかで求めているのは今もあるのだと思う。

東京までの交通費、その他諸々の経費を捻出出来ず、行動力もないとなれば…おのずと目が向くのは、ご当地アイドルであった。
地元栃木の特産品である苺から名前を取った、とちおとめ25。なぜ48でなく25なのか知る由もないが、地元に居ながらにして全く気にもかけなかった、いわばローカルアイドルである。
普段からの行動範囲でもある、地元商店街のイベントスペースでミニライブを催すというので、ものは試しにと行ってみることにした。
制服風の衣装で歌い踊る雰囲気は、AKBに似たり寄ったりだが、パフォーマンスそのものは平凡で無難にまとめてあるなと初見の印象で思った。根っからのファンはごく少数に思えたが、意外にも数人はオタ芸らしきものも打っていたようだ。
ただ残念ながら、ルックスのレベルが著しく低い。ロコドルなのだから仕方ないとはいえ、アイドルと呼ぶにはあんまりなご面相の娘が、大半を占めているのは流石にどうかと思う。
まともに見れるのは、最年少?の「くるみ」という子くらいか。無料の握手会ですら見送るほどで、正直言って落胆してしまった。

ロコドルの場合、地元限定で活動してくれる女の子を探すわけで、範囲が絞られる分、可愛い子を探すのは困難に違いない。
だからといって、やりたい気持ちさえあれば誰でもなれるというほど、甘いものでもなかろう。アイドルって、決してそんなものじゃない。
以前に、徳島ロコドルcoco's(コニーズ)に魅了された時期があった。(参照:楽園に焦がれた異界の住人
彼女らの特徴はといえば、ランドセルでの楽器演奏自作コントラジオ体操といった奇想天外なパフォーマンスが挙げられるが、何といっても、やはりその可愛らしさが群を抜いていたのを鮮烈に思い返す。
モチベーション、歌やダンスのスキル、アイドルに必要な要素は数あれど、最も重要なのは美少女であることだと僕は思うのだ。
大して可愛くもない、その辺を歩いている女の子と同等、またはそれ以下のルックスしか持ち合わせていないのなら、アイドルは諦めるべきである。それだけ厳しく、神聖な存在でいて欲しいと切に願うのだ。

今、モーニング娘。11期のオーディションなども進行中だが、どうせならこれまでにないくらい、ルックスを重要視して頂きたい。
とかく、歌やダンス経験を重視する向きがあるハロプロ
現に、センター抜擢の鞘師里保は、広島アクターズスクールでトップクラスのダンススキルを有していた。ルックスの評価は道重が推すほどではなく、やや微妙である。
宮城の石田亜佑美もダンスに秀でているが、こちらは意外にもロコドル出身。髪型を工夫すれば結構可愛いと評判で、皮肉な結果となっている。
石田のような素材が良いとは思うが、たまには絶世の美少女を加入させ、ルックスの底上げを図って欲しいと願わずにはいられない。
coco's

見る影もなく崩れ落ちてゆく、愚かしいまでの我が生涯
身も心も汚れ、やがては無惨に朽ち果てる結末が見えているのならなおのこと、美しく儚い少女の想い出で、たとえ一瞬でも心の内を清々しく洗い流したい。
いつの日にか夢を見ることが叶うのならば、それは紛れもなく、繊細な美少女のイメージで埋め尽くされているのだろう。手に取ることも、指先で触れることさえ出来ないとしても、アイドルという幻想は僕の中で生き続けるのだ。

|

« 混濁するオアシス | トップページ | 待望する美少女のピュア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/55220512

この記事へのトラックバック一覧です: 美しいアイドルの幻想:

« 混濁するオアシス | トップページ | 待望する美少女のピュア »