« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/27

失われた心の余裕

失業者にとって、人生の意義を見い出せないのは必然である。取るに足りない下らない日常を、ただ惰性で過ごすのみ。
単純に仕事を失うというよりも、生き甲斐そのものを失くしてしまった感覚に日々悩まされる。

先日、献血50回を達成した。なにやら妙な杯を頂戴したが、これで祝杯でも挙げろというのか。意味が分からない。
以前にも述べたが、人助けのつもりで献血したことなど、ただの一度もない。時間を持て余しがちな無職の身では、無料ドリンクとハーゲンダッツが付いた暇潰しは、極めて魅力的に思える。たった、それだけのことだ。

震災の影響か、一般人のボランティア参加が、まるで流行のような風潮が蔓延した。別にその事自体、否定するつもりはないが、どうにも胡散臭い感情に捉われたのも事実。
無償の人助けというのは、あくまで自己満足で結しない限り、それは偽善になりかねない。僅かでも、見返りを求めてはならない。ただ、自己満足というのは、継続させるのは甚だ難しい。今回の場合、電車でお年寄りに席を譲るのとは訳が違う。それこそ長い年月をかけ、地道に復興を目指さなければならない。一時的な助けでは、ほとんど意味を成さないのだ。
ボランティアに全く関心のない僕は、一時の自己満足だけで人助けしようとは思わない。一円にもならないのに、瓦礫の撤去など出来はしない。申し訳ないが、義援金は一銭も払っていない。自分の事だけで精一杯なのである。

僕は、冷たい人間なのだろうか。追い詰められ、人生が行き詰まった人間の性根が歪むのは、至極当然と思われる。
全ての人が平等に、必要最低限の生活が保障されたなら、もっと他人を気遣うだけの心の余裕が生まれるのではないか。
先に、実刑が確定した堀江貴文被告。金の亡者に見えた同氏を、当初から僕は好きでなかった。ただ、収監前に彼が提示していた日本の改革論、つまりベーシックインカムの導入については、共感を禁じ得なかった。
ベーシックインカムとは、国家が例外なく一律の現金を国民に配り、その生活を保障するというもの。
これにより、労働者に仕事を与えるためだけの、無駄な公共事業を一掃出来る。年金や生活保護の不平等感の是正、またそれらの行政サービス自体要らなくなることで、税金を吸い上げる役人の大幅削減にも繋がる。
年齢に関係なく全ての国民に同じ額が支給されるため、少子化対策にもなる。誰も働かなくなるという反論がありそうだが、余裕が出来れば人のために何かしようとするもの。日常的なボランティアが、大きく増加するのは間違いない。
むしろ、やりたくもない仕事を喰うためだけに働く現在の状況よりも、ずっと円滑に社会が動いていくだろう。
もちろん今まで通り働きたい人は、働けばいい。貧富の差がどんなに開こうとも、生命が脅かされなければ何も問題はない。
心の余裕というものが、きっと社会を大きく変える原動力になるはずだ。

震災の死者・行方不明者、三万人に上るといわれている。しかし、この国では年間三万人の、いやおそらくはその数倍の自殺者を出している。明らかに異常である。この国は病んでいる。
自ら進んで散った命でも、災害で散った命でも、その重さに何ら変わりはないはず。誰も、好き好んで死んだ者はいない。
全ての人々が平等に守られ、生き甲斐を持って生きていける社会こそ、理想的な国家の姿に通じていると信じたいんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/14

天才子役の違和感

芦田愛菜

先日、おいも屋にて購入した、りな&ゆっきーな小田原撮影ドキュメント。08年の映像であるが、これを見る限り、当時の二人の距離感は極めて微妙に思われた。
ともに妹系キャラ同士、磁石の同極が反発しているかの相容れなさが、容易に見てとれる。
今や、所属事務所であるエヴォルトにおいて、輝かしい将来を嘱望されている二人。果たしてこれから先、うまくやっていけるのだろうか?
さて、牧野りな(現、原里杏)ちゃんといえば…かつてのイベントにおいて、「完全なるノーリアクション」という手痛い洗礼を受けたことを、ほぼトラウマに近い形で記憶している。
(参照:幼さが問う真意
しかしこれはある意味、これ以上にない、子供らしい正直な反応だったと言えるのかも知れない。

今、天才子役というのが巷で話題となり、もてはやされている。彼女(彼)らは、幼い時分より厳しいレッスンを受け、到底信じ難いような卓越した演技と、落ち着いた佇まいで大人達の度肝を抜く。
確かにこれは凄いことだし、天性の才能と努力の賜物だと思う。しかし、どうにも違和感を禁じ得ない。

弱冠6歳にして天才的な演技力を発揮し、たちまち時の人となった芦田愛菜。ただ、残念ながら、僕にとっての美少女としての評価はさほど高くなく、これまで注視するに及ばなかった。
画面を通じての彼女が、あくまで幼く可愛いのは認めるものの、子供が大人であるかのような不自然さが際立ち、どうしても素直に受けとめられないのである。
演技の集中力気持ちの切り替えハキハキとした喋り口完璧な台詞まわし…どれをとっても、6歳の子供が出来ることではない。考えてもみて欲しい。我々が6歳の頃には、ろくに人と話すのもままならず、赤ん坊も同然だったはずだ。
ここまでのレベルに達するのに、常軌を逸した過酷なレッスンを経てきたのは疑いない。聞いた話では、いつでも泣けるようにする為、レッスンの先生がもの凄い形相で睨みつけ、子供を精神的に追い詰め無理にでも泣かせるらしい。
幼少期に恐怖で感情をコントロールさせるなど、とても正気の沙汰とは思えない。こうした無茶な方法で、性急に子供を訓練する必要が本当にあるのだろうか?
大人になるまでの間に徐々に経験を積み、その子なりのペースでステップアップしていけば充分なのではないか?

毛色の違うタイプとして挙げられるのは、大橋のぞみが好例か。もともとが歌手であり、子供らしい拙い歌声と素朴な可愛さが、不況でささくれ立った大人達の心を潤した。
演技においても、「白い春」、「ハガネの女」などで見せた、決して巧みではないものの、幼子本来の純真でひたむきさの伝わる自然な演技が光っていた。
他には、最近のものとして、「犬を飼うということ」に出演する久家心にも同様に、ありのまま自然な存在感を感じ得る。
あまりにも奔放に幼さを振り回し、むしろ魅了されてしまったのが、「海のやさい」CMが今なお印象に残る松浦愛弓
古今東西のCM子役が集う某番組において、あの明石家さんまを相手にタメ口で切り返し、人目もはばからず、ボーイフレンドとの遠距離恋愛をもカミングアウトしてしまったエピソード。
これが芦田愛菜であれば、まるで地方の女子アナのような、面白みのない受け答えに終始していたに違いない。
演技は経験、実績ともにまだまだだが、こういった手垢の付いていない天然の子役美少女にこそ、率直に惹かれるのだ。
松浦愛弓

出逢った瞬間に完璧な存在であったとしたら、尊敬こそすれど、温もりある親密な感情を抱くことは出来ないのを知ってしまう。それは、生まれながらにして手の届かない、異質なものとして認められる不幸を意味している。
幼く未熟なものにこそ、未来への果てない希望を託すことが出来る。決して急ぐことなく、一歩ずつ踏み締めるように進んでゆく歩みだけが、健やかな少女の成長といえるのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »