« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/03/17

境界に漂う虚ろな魂

東北、関東を襲った未曾有の大震災。おびただしい数の死傷者、原発の危機と、下手をすれば一国が崩壊しかねない差し迫った状況に陥っている。
自宅に独りでいる際、震度6強の激震に見舞われた僕は、初めてまざまざと自己の死を意識することになった。
恐怖を覚えながらも、どこか他人事のような冷めた感情が心の奥底に澱んでいたのは、やはり僕自身の現状が既に崩れていたからなのだと思う。
未だ、原発が深刻な状態で予断を許さないが、いっそのこと最悪な事態になっても構わないと、少しだけ考えてしまう自分が怖くなったりもする。
震災で亡くなった方々は大変気の毒に思うが、僕にとって死とは、もはや唯一の救済とさえ思えるのだ。

臆病で小心者の僕からすれば、死そのものよりも、それに至るまでの苦痛が恐ろしく、これまで自殺という手段は選択外にせざるを得なかった。
もし、原発が最悪の爆発をすれば、高濃度の放射線が広範囲に飛散し、東日本は全滅するらしい。そうなれば僕は、心静かに自己の死と向き合いたいと思っている。

死は全ての終わりであり、永遠に続く深い眠りである。

その確固たる信念は、苦境にあっても常に僕を励まし続け、これからも須らく心の拠りどころとなっていくのだろう。
人が人として生きる以上、せめて最後まで人間らしい天寿を全うしたいと願わずにはいられない。死を恐れず受け容れて、自分らしい最期を遂げられたなら、それこそ悔いのない最高の幕切れとなるに違いないのだ。

苦しみに満ちた生と、終わりでしかない死の境に立つ時、この不遇なる運命に何かしらを悟れるのか。やがて訪れるその時を思うほど、恐れを押し退けて、なお熱く燻ぶる期待感が心の内に芽生えるのを、今ぼんやりと感じている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »