« 失われた絆 孤独の闇に消されて | トップページ | 闇に浮かぶ幻 2010アイドル総決算 »

2009/12/28

2009年 アイドル総決算

可憐Girl's

ぽっかりと口を開いた穴に突如として落ち込み、暗闇の中、為す術もなく茫然と時を過ごした。
今年一年を表現するなら、まさにそんな感じだろうか。僕のこれまでの人生において、ここまで「何もなかった」年は、未だかつて経験したことがない。
とにかく仕事がなく、イベントにも行かず、思い入れの深い女の子までが跡形もなく消えた。かつてない孤独感に苛まれることで、自らの存在意義を見失い、精神の深みで苦しみ悶えた時間であった。
この空白が、僕の世界観にどれだけの影響を及ぼしたのか。
それを知るためにも、今一度振り返る必要がありそうだ。

出会いと別れが同じ比率というわけにはいかず、別ればかりが目立った一年。これ以上にないほどの完成度を誇る美少女ユニットが、いかなる理由があろうとも突然解散などしてはならない。しかし、それは起きてしまった。
今なお輝きの記憶が新しい、可憐Girl'sの三人組。インパクトのあるデビュー曲で火が付き、続くセカンドも素晴らしい出来映え。まさしく順風満帆に上昇気流に乗っかった矢先、突然の解散が知らされる。
事務所絡みの諸々の事情があったにせよ、これには単純に悪意しか感じられなかった。少女らの夢は突如、幻と散ったのだ。
それと入れ替わりに心に飛び込んできたのが、言わずと知れたクッキンアイドル福原遥。あまりに意図的なNHKの戦略にまんまと嵌まり、U-15アイドルファンをメロメロに萌え盛らせ社会現象に。
あくまで子供向けのスタンスを崩さない姿勢が非常にもどかしく、むしろ反感を煽る傾向も窺えるが、受信料徴収にひと役買ったとか買わないとか!? 兎にも角にも、来年の本格的アイドル展開に期待したい。

止め処なき夢の領域
可憐少女は夢まぼろし
過去へと消えた眩しき日々

かつてのハロプロ独り勝ちの構図も、完全に逆転した昨今
紅白から突き放され、その穴埋めはAKBが十二分にこなす。
モーニング娘。は、世間からその存在を忘れられ、高齢化と共にBerryz工房℃-uteといった妹分も勢いを弱めていく。
ソロでの売り込みに活路を見い出そうとするも…道重さゆみのブレイクはともかく、真野恵里菜のアイドルデビューは、必ずしも大成功と断言出来ないのが苦しいところ。
ただ、松浦亜弥以来の純正統派としては価値ある存在に。ハイティーンの割には、大いに健闘したといえるだろう。
これとは別に、個人的な興味を掻き立てる存在が、今のハロプロには見つけられない。唯一といっていいのが、少女期の旬である℃-uteの鈴木愛理くらいか。相変わらずの天然キャラ、スラリとしたスタイルが清純派のお約束通り。残り僅かな、希少な少女の美しさを目に焼き付けたい。

刻み始めた少女の時
アイリーン 炎の戦線

胸の中を乾いた風が吹き抜ける毎に、この魂は干乾びた抜け殻と化していく。諦めでも哀しみでもない感情に支配され、当てもなく彷徨う運命に光は見えてくるのだろうか。
癒しを求める魂の行く末、それは、現実とはかけ離れた小さき少女達の桃源郷。新たなる時代に生まれ来る美少女の幻を夢見て、心静かに過ぎ行く時を見詰めたい。

|

« 失われた絆 孤独の闇に消されて | トップページ | 闇に浮かぶ幻 2010アイドル総決算 »

コメント

santaさんのおかげで、なんとか有沙ちゃんの姿を眼に焼き付ける事に間に合いました。
ドラマの最終回では声も聴く事ができ、
小さい頃と全然変わってなかったので、とても嬉しかったです。

来年もいいことがあればいいですなあ。( ^ω^ )

投稿: いぷしします我 | 2009/12/28 07:35

ここでは取り上げなかったですが、ありりん(中村有沙)の復活も大きなニュースでしたね。
予想通り、品のあるご令嬢に成長していて何よりです。
来年にはまた、心ときめく新星が現れるのを期待しましょう。
よいお年をお迎えください。

投稿: santa | 2009/12/29 20:13

ちょっと気になる事があったので、santaさんに質問させて下さい。
”整形”についてです。
最近、ある芸能人の女の子の画像を見たのですが、
整形前、整形後とあって、確かに見違える程きれいになっていました。
天然を人工物にするのには私は反対派なのですが、
それについてsantaさんの意見を聞かせていただけませんか?
少女達の間でも”整形”ってあるんでしょうか?

投稿: いぷしします我 | 2009/12/30 07:04

今年は、本当に多くのものを失いましたね。
以前、私は、「田口まりんは、干されていた」というコメントをしました。
今更ではありますが、年が変わる前に、それについての詳しいことを私のブログ  http://ameblo.jp/arjetan/
に書きましたので、どうか見てやって下さい。
それから、この記事の内容に対するコメントも少し書かせて下さい。
真野恵里菜は、事務所が諦めずに売り込めば、必ずブレークすると思います。こういう子が評価されない国に住むのは、嫌です。
個人的には、スマイレージに期待していますが、
AKB48は、2010年をピークに急速に衰退していくと思います。その理由も、私のブログで徐々に述べていきます。
最後に、松嶋友貴奈ちゃんについて。
いくらなんでも、あの「ラブレター」の後に、何もないなんて、あり得ません。
恐らく、何か大きな仕事が決まりかけていたのに、大人の事情で潰された。
そのショックで、やる気が無くなったのではないでしょうか。

投稿: アールジェタン | 2009/12/30 19:28

>いぷしします我さん
当然のことながら、人の手によって作り変えられたものを肯定することは出来ません。「少女の自然な美しさ」は、奇跡によって生まれるからこそ価値あるのですから。

ただ例外として、顔のホクロ除去はアリかなと思います。
有名どころでは、小倉優子がそれによりブレイクしましたし、現役でも伊藤夏帆や中元すず香など、より輝く素材が存在しますね。
少なくとも、U-15世代では必要なく将来的にという意味ですので誤解なきよう。

>アールジェタンさん
田口まりんちゃんに関して、大方的を射ているかと思います。
契約の関係でも「干される」ことは常套手段らしく、とても不憫に感じますね。

まのえりには、ファン思いの良い娘というイメージが根強いです。むしろ、アイドルらしくない?性格の良さ、親しみやすさを大事にしていって欲しいですね。

友貴奈の件については、どうしようもないほどの胸騒ぎに悩まされています。あのタイミングでの休業は本当に考えられないし、何らかの説明が欲しいとまで思ってしまいます。
ここにきて、どうやら引退も確定のようです。
僕は正直、この喪失感を拭える自信がありません。。

投稿: santa | 2009/12/31 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/47133669

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年 アイドル総決算:

« 失われた絆 孤独の闇に消されて | トップページ | 闇に浮かぶ幻 2010アイドル総決算 »