« 終局への旅立ち | トップページ | 失われた絆 孤独の闇に消されて »

2009/11/21

相反する世界に在る光

志田未来

当て所のない旅路。それは辿るべき道のない失望感に見舞われる、未来なき最果ての運命に他ならない。
訪れる日々は言い様のない苦痛だけを与え、倒れそうになる僕を嘲笑うかのように吹き荒び通り過ぎていく。
過酷な現実に曝されることで、いつしか後ろ向きに生きるしかなくなっていた。それでもなお、夢や希望を見据える少女の眼差しに微かな羨望はある。悲しいかな、もう叶わぬ望みであるが故、より眩しく思えるのだ。

いかなる逆境においても、明るく前向きに生きることの素晴らしさ。全てを肯定的に受け止めることで、優しく健やかな少女の美しさは内面から際立っていくもの。
ご存知の通り、ドラマ「小公女セイラ」である。セイラといえば、アルテイシア・ソム・ダイクンと、今はなきチャームの王女様、川上セイラくらいしか思い浮かばない僕だが…そこには、成長した新進女優の確固たる存在感があった。
子役から女優へと、順風満帆な道のりを歩む志田未来
思春期にかけ急激に顔が膨らみ、劣化の危険を案じさせたが、徐々に端正な従来の美貌を取り戻した感がある美少女。
女王の教室での「てぃひ」、「14才の母」、ストーカー被害など、話題に事欠かない彼女だが、今回は実に女性らしい役柄に恵まれたようだ。主人公であるヒロインは、いかなる境遇にあっても優しさや誠実さを忘れない、プリンセスたる崇高な魂の持ち主。やや地味な印象が先行する彼女であるが、こういった華やかな役柄を見事に演じ切っているのに感嘆した。
共演者にも、岡本杏理つぐ(篠原愛実)、菊里ひかり指出らん(指出瑞貴)、中村有沙という粒揃いのラインナップが。
未来ある少女らの輝きを存分に感じ得る、名作ドラマとなりそうである。

さて、プリンセスといえば、選りすぐりの美少女の頂点に立つ有名ミスコンのグランプリに注目してしまう。
名のある若手女優を輩出した、ホリプロタレントスカウトキャラバン。今年度グランプリに輝いたのが、小島瑠璃子である。
最近の傾向としては、しっとりした潤いのある美少女を主とする、純正統派が選ばれる傾向にあるらしい。ただ、今回スポットライトを浴びたのは、意外にも都会的な印象漂う洗練されたイマドキ美少女であった。
一見して大人びたルックスのモデル系なのか?と思わせたが、いわゆるお人形系とは程遠い、力強い意志を感じさせるキャラクターが際立った。前年グランプリの高良光莉もそうだが、大先輩和田アキ子に物怖じしない度胸の良さ、15歳とは思えないはっきりとした物言いに驚かされる。
まさに未来志向に突き進み、夢を叶えそうな潜在力を内に秘めた原石であるといえよう。

心沸き立つときめきに見舞われる、珠玉の美少女コラボレーション。その本質とは、旬を迎えた少女らの相乗効果にある。
スカパーのオリジナルドラマ「小池三姉妹」では、公私共に馴染み深い「小池」姓の美少女演じる三姉妹が、リアリティある仮想現実で魅了してくれる。
日テレジェニック2009小池唯、ジュニアアイドル一時代を築いた小池里奈、子役実績とアイドル性を兼ね備える小池彩夢
実に完成度の高い美少女が集結し、否が応にも注目を集める試みとなった。
ドラマの方は、何てことはないバラエティ風味の短編だが、三人それぞれが個性溢れる役柄を演じており見所は多い。特に、彩夢ちゃんの読書好きキャラが個人的にツボだ。
ドラマのみならずアイドルユニットとしての本格始動水着を含めたグラビア競演積極果敢なイベント露出等、様々な可能性が浮かび上がる三人組。是非とも、一時の企画モノで終わらぬことを祈りたい。
小島瑠璃子

若々しく弾けるような生命力の源は、清らかな少女の織り成すポジティブな世界観にある。温かな陽射しが降り注ぐように、全ての命あるものを祝福し、尽きることない確かな力を与えてくれる。
この澱みくすんだ曇天、泥沼と化した大地。今こうして此処に立つことで、見ることも適わなくなった光の温もりは、ますます遠く手の届かないものになっていく。
相反する地に住まう少女の希望を糧として。やるせなくも切ない思いを胸に、苛烈な現実を生きていくのだろうか。

|

« 終局への旅立ち | トップページ | 失われた絆 孤独の闇に消されて »

コメント

久しぶりにここを訪れてみれば、「中村有沙」の文字が!!
このドラマ、チェックしてなかった・・・思わず声をあげてしまいました。もう見逃しません。santaさん有り難う。

投稿: いぷしします我 | 2009/11/21 22:46

まあ、ようやく晴れて活動再開といったところでしょうか。
しかし、長い空白期間でしたね。理由はともかく、最も少女の輝きに磨きがかかる時期だったかと。少々、勿体ない気がしました。

私ごとですが、松嶋友貴奈の沈黙に心痛める日々が続いています。かように、現実は理想と程遠くままならないものですよねぇ。。

投稿: santa | 2009/11/22 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/46822275

この記事へのトラックバック一覧です: 相反する世界に在る光:

« 終局への旅立ち | トップページ | 失われた絆 孤独の闇に消されて »