« 青空に捧げた美少女の夢 | トップページ | 心に棲む美少女の陽炎 »

2009/08/28

仮想世界が呼び起こす光

高橋香波、一木有海

いつもの公園で、不意に女の子に声を掛けられた。後ろから走り寄ってきた、二人組の小学生くらいの女の子達。
遊んでテンションが高まったのか、見ず知らずの僕に「おじさん、おじさん」と無邪気に声を掛け、走り去っていく。
子供と接する機会のなかった僕にとって、そう呼ばれたのは初めてかも知れない。本来なら、あのくらいの娘がいても何の違和感もないだろう。もう諦めたはずの遠い幻想が、僅かに胸を締めつける。

本当に求めているのは何なのか? 自問自答を繰り返しても、返ってくるのは、どっちつかずの曖昧な答えでしかない。
ひとつ言えるのは、僕にとってアイドルとは「現実にはない仮想の存在」だということ。
考え得るあらゆる姿を投影しては、現実とはかけ離れた世界で、つかの間の幸福感に浸るのに欠かせないものとなった。

過去に見た面影を、無理にでも当てはめて郷愁を誘うのが最も一般的な方法。かつて、天才てれびくんMAXにおいて、多様なあどけなさを見せた一木有海は、実に忘れ難い永遠の輝きを有していた。
今夏も「ほん怖」メンバーとして、唯一といっていいテレビ出演を果たしている。一見して、お姉さん風な印象を増した予想通りの成長が窺えたが、僕が危惧したのは以前にも増して存在感が希薄に感じられた点
毒舌の有吉などと絡むのかと思いきや、果敢に挑む高橋香波に比べ、大人しく静かな有海。成長したから…というよりは、顔色も悪く元気のない印象ばかりが目立ってしまう。
有海は、どうしてしまったのだろう。あの懐かしく思い出される、生き生きとした純朴さの片鱗を垣間見たかったのに…。

様々なタイプの美少女を輩出した天てれだが、とりわけ地味でありながらも、なぜか気になる存在というのも今にして思えば貴重だったのかも知れない。
その後の人生を自ら軌道修正し、目的意識をもった行動には感服せざるを得ない篠原愛実。最近、妙に興味を抱かせるブログの魅力には、他に類を見ないバラエティ豊かな交友関係が大きく影響していると思われる。
今、絶好調の若手女優川島海荷とのプライベートな写真に、かなりの意外性を覚えたのが発端。他にも、まゆゆ(渡辺麻友)などのAKB勢、アイドリング!!!の横山ルリカ、ホリプロGP足立梨花、ミスマガ荒井萌と、数え上げたらキリがない。
素朴な外見に見合わない美脚の持ち主等、意外性という点で突出している。
想像を超えた思いがけない魅力の発見、その驚き
このテーマは、僕の単調な仮想世界との接触に、センセーショナルな課題を提示した。

天てれから典型的なアイドル路線に舵を切り、意表をついたのが伊倉愛美か。つぐと同様に、地味な印象が先行した結果、ほとんど注目することはなかったが、正統派アイドルを選択するとは夢にも思わなんだ。
スターダストのももいろクローバーを経て、新ユニットクリィミーパフェのリーダーに就任。カラフルな衣装に身を包み、昭和テイストを巧みに織り交ぜたアイドルアピールは、完全に30代以降の大きなお友達をターゲットにしたものだ。
ローカルな小規模会場でのライブイベントに精力的に参加し、意欲的な姿勢が見てとれる。美少女度は及第点以下だが、洗練された楽曲で十分に期待が持てる。彩りある個性を発揮すれば、仮想世界のアイドル味を味わわせてくれるだろう。
クリィミーパフェ

別世界で漂う感覚は、あらゆる事象から解放されると同時に、現実における自我を自ら束縛するのを意味している。
それでもなお、仮想現実に堕ちていく快楽は、きっと僕を放しはしない。
ありきたりの現実も、いつの日か閉ざされて終末が訪れる。
ただひたすら心に留め置きたいのは、記憶に投影された胸ときめく横顔。深い眠りに落ちる僕を呼び覚ますように、柔らかな光を発している。

|

« 青空に捧げた美少女の夢 | トップページ | 心に棲む美少女の陽炎 »

コメント

自我って…なんだろう…?

投稿: BlogPetのAki | 2009/08/28 14:08

こんにちは。
うーんテレビはいろいろ話ていてもカットされてしまうこともありますからね。。。にしてもあまりに印象が薄い感じでガッカリ感はありましたね(涙
天てれの時も初年度は自分から行く感じでしたが、後年は後輩を引き立てる為に控えてた感じがしましたもんね。。。
・・・でも今の世の中あまりに控えめだと高評価してもらえないのかも知れません。

篠原さんのブログは以前はチェックしていたのですが、最近はさっぱりでした、今回からチェックさせていただきますね♪
事務所はあまりパッとしない所でしたが、交友関係は豪華ですね☆
いろんな人の成功・失敗を活かして自分のものにして欲しいですね。

クリパはももクロの影響ですかね、期間限定を解除して事務所が推し始めてますね。
僕的には伊倉さんから入ったスターダストですが、藤白すみれちゃん・和川美優ちゃんが今のお気に入りです。

今回は3人とも天てれ組でしたね。
みんないろいろあるけど頑張って欲しいです。。。と僕の方がもっと頑張らないと(汗

投稿: 館の主 | 2009/08/29 10:38

有海の場合、芸能活動自体が控えめなのだから、テレビ出演なんて絶好の機会にはもっとアピールして欲しいものです。
アイドルでも女優でも、欲がなく現状に満足してしまう子では、まずブレイクの機に恵まれることはありません。
沈黙を守る松嶋友貴奈も同様に、素質があるのに消えていく子というのは、本当に残念でなりません。。

その点、つぐは、学業よりも女優へと強い意志の力を感じますね。
社交性を遺憾なく発揮しているのも、将来のパイプ作りに余念がないともとれます。まあ、あの小動物的可愛さが、女の子受けしているだけかも知れませんがw

投稿: santa | 2009/08/30 00:01

今、仕事なにやってるの?

投稿: 生半可 | 2009/09/03 18:30

プライベートな質問にはお答え出来ません。
記事の内容に関係のないコメントは削除することがあります。
ご了承を。

投稿: santa | 2009/09/04 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/46048603

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想世界が呼び起こす光:

« 青空に捧げた美少女の夢 | トップページ | 心に棲む美少女の陽炎 »