« 抱え侵された死の感触 | トップページ | 仮想世界が呼び起こす光 »

2009/08/18

青空に捧げた美少女の夢

伊藤綺夏

時折、追い詰められたかの切迫した心情に襲われることがある。この世界はとても生きづらく、機を逃せば、人生を立て直すきっかけはほとんど得られない。僕はここにきて、完全に行き詰まってしまった。
そんな時、僕は無理にでも外出するようにしている。公園のベンチで読書したり、日がな空を見上げたりしている。
空は不思議なものだ。どこまでいっても果てがなく、遠くに浮かぶ雲を眺めていると吸い込まれそうになってくる。
ひたすら青空を見上げていると、頭の中の余計なものは消え去ってしまう。そして、まっさらな気持ちのまま、非現実へと逃避するのが新しい習慣となった。

もう憶えていないくらい遠い昔に失ったもの。例えばそれが夢と呼ばれるものだったとしたら、今はやはり、無垢な幼い少女にその片鱗を探しているのだろう。
計り知れない可能性に満ち、一瞬の儚い美しさを湛えた美少女は、存在そのものが夢。追い続けるとしたら、もうそれしかないのかも知れない。

虚脱した魂には、端的に視覚で訴えてくるものに弱い。テレビCMの別バージョンというのは簡単だが、そこには現実感のない夢と、生身の少女の成長という相反する要素が混在していた。
セイバン 天使のはね」CMの伊藤綺夏。この少女然とした美脚に釘付けになった僕だが、更に急速な成長を遂げた、新バージョンCMがオンエアされている。(参照:探し求める美少女の光
糞でも喰らわせたくなるアグネス予備軍の弾圧を憂慮したのか?かなり大人しめな印象で、以前の躍動感がさほど感じられないのは気のせいか。綺夏ちゃんの髪型も含め、雰囲気が一変しており、早過ぎる成長に複雑な心境が入り混じった。
太田総理の夏休み子供SPにも出演していた模様。落ち着いて意見を述べるその姿に、ちびまる子ちゃんの面影はなく、弛まなく少女期を駆け抜けているようだ。
これもまた、一瞬で終わる儚い夢なのだろう。

いわば、幼い少女ならではの未熟さに、豊かな可能性を認識出来ることの喜びがある。
以前に、キャナァーリ倶楽部を脱退した橋口恵莉奈に、おがまな(小川真奈)に続くソロ展開の情報がないかと調べていたところ、思いがけない伏兵に出くわした。
NICE GIRL μ(ミュー)という、NICE GIRLプロジェクトの研修生達。ハロプロでいえばエッグみたいなものだが、その幼さと意外なまでの美幼女っぷりに驚かされた。
主に、他ユニットのバックダンサーなど務めているが、彼女らだけでステージに立ったこともあるらしい。動画で見たが、これがまた何とも稚拙で頼りなげなステージング。音程外しまくりボーカルに、チャームっ子のお遊戯に毛が生えた程度のダンスアピール。
そう、これこそが萌えである。途方もない成長と夢を感じさせるに余りある、希望の象徴なのだ。

虎視眈々と、関西進出の糸口を探るチャームキッズ。これが本格始動したなら、確実に競合を避けられないであろう、大阪モデル事務所エンジェルプロダクション
エースである、るいかのギャル化、の劣化により完全に興味を失っていたが、やはり舐めてはかかれない大阪の勝負魂
低レベル弾を無鉄砲に放つモンハンのガンナー曰く、超速射は狩人の真骨頂。数撃ちゃ当たるのである。
このほど僕を射抜いたのは、既にDVDもリリースしている小学六年生れおちゃん。とても六年生とは思えない幼い容貌、華奢な体躯、透き通る白い肌。非常にルックスレベルの高い女の子だ。
かつての若かりし小橋めぐみを彷彿とさせる、猫顔の完成度といったら…。現在のところ、ほぼ知名度ゼロというのが惜しいくらいの逸材。ケチなCD写真集程度で終わらせて欲しくない、夢の美少女である。
れお

あの空に捧げた想いは、透き通るほどに純粋な少女の風のよう。錆びついた胸の内を吹き抜けるように、心地良い清涼感で、いつも心を洗い流してくれた。
掴めなかった幸せも、叶わなかった夢も、何もかもが過ぎ去った幻。突き抜ける果てしない青空が、新たな夢を少女の微笑みに変えて届けてくれた気がするんだ。

|

« 抱え侵された死の感触 | トップページ | 仮想世界が呼び起こす光 »

コメント

santaが始動するの?

投稿: BlogPetのAki | 2009/08/18 14:02

確かに毎日毎日の現実とは厳しくツライものですね。。。

空を見ていると遠く果てない空に自分の小ささを感じます。

μはお披露目の時に見ましたが、エッグよりも小さく可憐な子がたくさんいて驚きましたね。

いろいろ変動の激しいナイスガールプロジェクトなので今後は少し心配ですが、みんな頑張って欲しいですね♪

伊藤さんは役者さんだけに元から大人っぽい子なのかも知れませんね。
ただ今までは子役だから、子供っぽく振舞っていたのかも知れません。
大人になった伊藤さんに注目ですね。。。ちなみに僕はタマちゃんの眼鏡掛けた子の方が好きです。

投稿: 館の主 | 2009/08/22 12:05

非常に厳しい世の中です。
今度の選挙で政権交代しても、大して変わらない気がします。
まあそれでも、児ポ法改悪派の自民公明には入れませんけどね。

伊藤綺夏cは、かなり日焼けしていてボーイッシュな感じになってました。大人っぽいというより、そちらの方が気になりましたねぇ。
少女として一番輝く時期だけに、女の子っぽさを大事にして欲しい。小学生にそこまで求めるのは酷なのかなぁ…。

投稿: santa | 2009/08/23 18:17

エンプロはアニソンカフェのほうが好調で
社長さんもそっちばっかりみたいだし
どうなるんですかねー

投稿: | 2009/09/22 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/45958978

この記事へのトラックバック一覧です: 青空に捧げた美少女の夢:

« 抱え侵された死の感触 | トップページ | 仮想世界が呼び起こす光 »