« あるまじきタブー | トップページ | 時代が灯す清純派の光明 »

2009/07/04

散りばめられた星屑

一木有海

ようやく今月発売となるピュアピュアVol.54は、ジュニアアイドル誌らしからぬ大人びた少女が表紙を飾る。
あくまでハロプロは排除しつつ、AKBは特段の別扱いなのか。前号で、妙に僕を白けさせた松井珠理奈が、一度のみの掲載で表紙・巻頭グラビアに大抜擢。これには、U-15ファンからも巷で大ブーイングだ。(参照:サヨナラ少女の季節
奇跡の美少女松嶋友貴奈の表紙から一転、落胆はことさら大きい。しかも、ユッキーナレギュラー化ならず、引き続き一木有海の完全排除と、僕にとって最悪の流れである。
密かに掲載が噂されたクッキンアイドル福原遥も、まさかの掲載見送り。NHKの呪縛は、思いのほか強力であるらしい。
そんなわけで、久方振りに購入を見合わせる運びとなりそうだ。今となっては、唯一無二の正統派ジュニアアイドル誌。
もう少し原点に立ち返った、適切な人選を考えて頂きたい。

さて、「静かなるユッキーナの時」を刻み、憔悴し切った僕を慰める材料は、現時点において何も見当たらない。
既に、旬である少女の時期を終えつつある一木有海の沈黙も、もはや当たり前の日常となってしまったのが悲しくてならない。
しかしながら先日、天てれOBとしてテレビ出演したのが、随分と斬新な印象を与えることになった。
極めて鋭角的に輪郭を形成する顎のライン、それを誤魔化すかの奇妙なベレー帽、モデルらしくスラリと伸びた四肢。かつての幼さは影を潜め、大分女性らしさを帯びてきたように見える。
年齢よりはずっと幼く、ピュアな可愛さを持ち味としていた有海。本当の絶頂期は、小学校高学年の頃だったろう。過ぎた日は戻らないが故に、より愛おしく思えるのだろうか。

ユッキーナが戻らない日々は、まるで煉獄に堕ちるが如き無常である。僕はまさに今、灼熱の炎によって焼かれている。
チャームキッズにおいて、これに代わる美少女は未だ見つかってはいない。ただ、この甚だしい苦痛に見舞われる心情は、紛れもなく新たなる美少女の癒しを求めている。
伝説的美少女の抜けた穴を埋めようと、躍起になっている風にさえ見える矢継ぎ早な新人投入。そのほとんどが有象無象なのだが、唯一、僕の肥え過ぎた目を引く少女が存在した。
藤谷まなという、この子。ロングヘアと大きな瞳が、いと可愛ゆし。キャラ的にはまだまだ未知数だが、正統派美少女のルックスはずば抜けている。少しだけ期待しつつ、見守りたい。
この他、事務所自体が問題を起こし、しわ寄せを喰らった感の山田レイナが、晴れてチャームに電撃移籍!? 事情はともかく、違和感は全く感じない存在。むしろ、上原れなの名前に、オリオールズのエースもびっくりだ。

こういった状況であればこそ、常にアンテナを張り巡らせたいところだが、ままならないものだ。それでも執拗にネット巡回していれば、意外な拾い物が見つかることもある。
BSデジタルどころか、地デジすら今だ導入していない僕にとって、珍しくもあり幸運でもある拾い動画。いわゆる、ローカル臭ぷんぷんのアイドルバラエティ番組の中から、原石を発掘出来る確率は天文学的である。
小学生アイドル候補生に焦点を絞った番組構成は、大いに評価に値する。ただ残念ながら、全体のレベルが低いのが難点な「We Can☆」なるバラエティ番組。
なぜか、ミス日本グランプリ宮田麻里乃がMCを務める、情報バラエティであるらしい。もう一人の茶髪は知らんので割愛。
さあ、ここで注目したのが、高橋奈々という女の子。黒髪ロングに清楚な顔立ちの、お嬢様風美少女。四年生とは思えない完成された端正さと、気品ある佇まいに魅了される。
声も細く特徴的で、ある意味、福原遥なみの衝撃を覚えるに至った。まさに原石という感じの、少女本来の輝きが印象的だった。
高橋奈々

ひと際輝いていたはずの星明かりが陰る時、今まで気付きもしなかった煌めきに、ふと胸を打たれる。どうして、あの星が消えかかっているのか、知る由もない。ただこうして、此処を一歩も動けずに見上げるだけ。
夜空を覆い尽くす様々な星々、形作る未来の時、消えゆく数奇な運命に思いを馳せる。いつしか、心を包容されるかの温かな感覚に満たされ、意識することなく、この場所に佇んでいたんだ。

|

« あるまじきタブー | トップページ | 時代が灯す清純派の光明 »

コメント

こんにちは。
ハロの排除とAKBの起用はやむを得ない気がします・・・ハロは事務所的にもピュアピュア等の雑誌には出さないだろうし、仮にエッグの芽のある子を起用したところで、ピュアピュアのファンが納得してくれるかに疑問が残ります・・・
それに比べるとAKBは事務所も積極的に売り出しているし、松井さんは性格的には微妙な線でも、ビジュアルはある種の人には受けるのが現実なのでは無いでしょうか・・・
・・・まぁ、みーちゃん(有海)が好きな僕にとってまた出ないのはガッカリですね・・・
でも、もう当然と言うか・・・ある意味想定内かなと・・・
もう、ピチレモンでのモデルとしての有海ちゃんしか見ることは出来ないのかも知れません・・・
そして、僕は天てれを観て無いので、この放送も数少ない友人から情報を聞きました・・・
もちろん、録画も出来て無いし・・・(涙

藤谷まなさんは僕も日記で気になってます♪
文章的には?って感じですが、かわいいですね☆
あーやっぱり、山田レイナちゃんですよね・・・僕はすごーーーいソックリさんかと思ってましたw

投稿: 館の主 | 2009/07/04 21:07

ハロプロも、他の音楽情報誌やBLT等には出しているのに、ピュアピュアが駄目な理由がよく分かりませんねぇ。。
エッグにも小粒ながら見てみたい子いますよ。
可愛い子であれば、読者は大抵納得するものです。

松井珠理奈という子、もちろん否定する気はありませんが、少々カラーに見合わない感じがします。
こういったタイプの子ばかり掲載しては、U-15誌の意味がない気が…。

一時代を築いた有海が、最後にきてないがしろにされるのは悲しいです。せめて、あと一回くらいは見てみたいものです。
辰巳からの写真集を今でも夢に見ますよ。
もう、何もかも手遅れなんですね。。

投稿: santa | 2009/07/05 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/45535537

この記事へのトラックバック一覧です: 散りばめられた星屑:

« あるまじきタブー | トップページ | 時代が灯す清純派の光明 »