« 止め処なき夢の領域 | トップページ | サヨナラ少女の季節 »

2009/03/25

アイリーン 炎の戦線

鈴木愛理我が心、戦地に赴く。灼熱の砂漠に立つ陽炎のように、そこには逃れられぬ死と、言い様のない恐怖が充満していた。
強力な電撃戦により、電光石火の進撃を見せたドイツ第三帝国だが、大戦末期にかけての頑なな防衛戦線は凄惨を極めた。
北アフリカ戦線における圧倒的な戦果で、「砂漠の狐」と恐れられたロンメル率いる装甲師団。エジプト、カイロの手前まで迫った快進撃は、いたずらに伸びた補給線により消耗し頓挫する。
アメリカの支援を受け態勢を立て直した大英帝国は、巧みな偽装工作で入念な準備を進め、猛烈な反撃を開始した。
これが世にいう、エル・アラメインの戦いである。

アイドルの世界において純正統派を貫こうとするなら、団結力のあるユニットの中で、際立つ才能と技術、そして清純な雰囲気を身に纏うことが最も端的な方法。
ハロープロジェクトの現役最高峰、Berryz工房を凌ぐ個性派集団として名を馳せる℃-ute。その存在意義は、もはや稀代の清純派鈴木愛理アイリーン)なくして語ることなど出来はしない。
かつての幼年期から図抜けた才能の片鱗を見せつけ、常に存在を誇示してきた経緯がある。今現時点におけるハロプロメンバーの中でも、トップクラスの歌唱技術を得ているのは誰しも認めるところ。
荒廃し切った時代が求めているのは、才能のみならず、穢れなき清純派志向の魅力溢れる美少女にあるのみ。ここにきて再度、あのアイリーンの真髄を徹底検証してみたい。
(参照:バトル・オブ・アイリーン

美少女の潜在的攻撃力
いわば機甲師団ともいうべき℃-uteが徐々に洗練されていく過程にあって、突出したプリティアイドル資質を持つ愛理のソロ展開が活気を帯びたのは、実に自然な成り行きといえる。
矢継ぎ早にリリースされた写真集は、並みいる先輩方を押し退け、売上上位ランクインすることしばしば。ただ、パターゴルフするだけの単独DVDまで人気を呼ぶ、異常な事態にも。
これは須らく、ナマコで泣くほどの、か弱い女の子らしさが醸し出す可憐な魅力の成せる業。それにつれ、増幅する美少女としての確固たる存在感といったら…。
水不足の砂漠でパスタ茹でる弱兵イタリア軍も、英軍大攻勢の折りには、意外なほどの粘り強さで徹底抗戦して見せた。
弱さの中にも、裏打ちされた何かがある。アイリーンの真骨頂である。

奇抜な発想で立案された作戦
天然が故に、人外の生物である河童をこよなく愛するのも、愛理にとって異質なことではない。池と沼の違いは、「河童がいるかどうか」。つまり、そういうことである。
グッズを集め、着ぐるみを着て寝る正気の沙汰ではない日常。奇妙な河童の踊りを惜しげもなく披露する、愛理の精神状態が常人には理解不能だが…これは考えようによっては、非常に機転を利かせたアイドルアピールと取れなくもない。
事実、「ベリキュー!」では、そのあまりの愛らしさにももち(嗣永桃子)のハグを誘い出し、極上百合萌え機銃掃射を成功させたこともある。
不可思議な趣味と挙動で、人を引き付ける作戦。強力な火力を誇る88mm高射砲を対戦車戦に応用した、柔軟な兵器運用にも通じる、斬新な作戦展開といえるだろう。

アイドル的戦略機動性
効率的に軍を機動させ、敵を包囲せん滅するのが、ロンメルの優れた機甲戦術のひとつ。アイドルにも、多角的な機動性が今求められている。
ボケとツッコミ、どっちつかずの愛理はキューティーガールズ内でも、キャラ否定された過去がある。常にフワフワとした雰囲気を帯びる愛理は、人間関係において、微妙に煙たがられる節があるのは確かなようだ。
Buono!での成功は、お姉さんキャラである雅ちゃん(夏焼雅)と、プリティ属性の似かよったももちと、うまく溶け合えたからに他ならない。単独CM出演も、目に見える分かりやすい裏付けとなった。
目標をもってまい進するのも良いが、臨機応変にキャラを使い分けられれば、夢に向かう機動力は増すことだろう。
騎士道精神を重んじたロンメルは誇り高い軍人であるが、ユダヤ人500万人を虐殺したヒトラーを、ナッキー(中島早貴)のように敬愛する気にはなれない。
恵まれた家庭環境で真っすぐに育った愛理にも、才能に溺れることなく、正統派たる誇りを身に付けて欲しいものだ。
桃子にハグされる愛理

軍馬に跨りし誉れ高き勇姿が、この胸を馳せる。軽快な走行機動性を見せる、我がⅣ号戦車から見渡す荒涼たる砂漠の光景。
いつしか、無数の徹甲弾が飛び交い、その強固な装甲は熱く綻び、血と硝煙の匂いにまみれるのだろう。

バトル・オブ・アイリーン。少女の選んだ道程は、数知れぬ偽りと嫉妬に身を焦がす、いわば炎の戦線
生と死の堺を彷徨い、嗚咽する魂と、ざわめく心を身の内に抱えなおも生きている。不退転の決意が、皮肉にも過酷な運命を手繰り寄せていく。
猛猛しく血飛沫が飛び散る、酷たらしい彼の死地にありて。

|

« 止め処なき夢の領域 | トップページ | サヨナラ少女の季節 »

コメント

普段ショッピングをしてても、ついカッパグッズに目が行って、これ愛理さんにプレゼントしたら喜ぶかなあ……。
ってことをよくやってます。

つい先日もカッパお手玉をプレゼントしたばかり。
彼女にはファンにそういう行動をとらせる何かがあるのでしょうかねえ。

投稿: ねこぽく | 2009/03/27 22:20

>カッパお手玉をプレゼント
お手玉とは、これまた和風なチョイスですねぇ。
カッパグッズに埋もれて、幸せそうな愛理が目に浮かぶようですw

彼女の場合、天然が故に計算とは思えない無邪気さが、成長しても残っているのが良いですね。
その点、桃子とは違う味でしょうか。かなーり好きなタイプです。

投稿: santa | 2009/03/29 02:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/44467161

この記事へのトラックバック一覧です: アイリーン 炎の戦線:

« 止め処なき夢の領域 | トップページ | サヨナラ少女の季節 »