« 変化が呼び起こす困惑 | トップページ | アイリーン 炎の戦線 »

2009/02/27

止め処なき夢の領域

可憐Girl's

かねてより心から望んだ生き方は、たった独りで人と関わらず生きていくこと。人間社会における過酷な現実は、僕に、それを決して許そうとはしなかった。
人は社会を作り、その範疇で生きていくしかない。一度でも社会から弾き出されたなら、たちまち生命の存続すら危うくなってしまう。その事実を、まさに身をもって知ることとなった。

個々には取り立てて特徴の見られない少女でも、結集することで、殊更に光り輝く可憐な魅力を放つもの。
U-15界隈におけるアイドルユニットとしては、近年稀に見る魅惑的な美少女ユニットである可憐Girl's。アニメ主題歌には勿体無いほどのキャッチーな楽曲に恵まれ、その清楚で可憐な美少女性も相まって、我々ジュニアアイドルファンに相当なインパクトと、この上ない萌えをもたらした。
当然、今後もアイドル道ひた走るのかと思いきや、何の前触れもなく3月をもって活動終了の一報が舞い込んだ。
このひと息に駆け上がる時期に、まさかの事態。落胆するのを通り越し、想像を絶する脱力感に見舞われた。一体、なぜなのか? 元々、アニメが端を発する企画モノな印象が強かったが、この人気高騰からいっても、もはや可憐Girl'sのアイデンティティは確立したように思える。
単に、期間限定という括りで、こうも簡単に解散させてしまうのは如何なものだろうか。常識的には、ちょっと考えられない。
所属事務所アミューズは、アーティストはともかく、アイドルに関しては積極的なアプローチを取らない方針なのか!?
これまで子供向けに展開した戦略を転換し、本格的なアイドルプロデュースを可憐Girl'sに施したとしたなら、事務所としての株も上げられただろうに、実に愚かな選択をしたものだ。

そういった意味で、日夜ヲタから根こそぎ搾取しようと躍起になるハロープロジェクトならば、こんな売り込みチャンスを見す見す逃すことは有り得ないだろう。
モーニング娘。が、名目上の看板となって久しいが…Berryz工房℃-uteで盛り返し、様々な派生ユニットを繰り出す展開は、ともすれば、極端にマンネリを恐れる足掻きにも感じられる昨今。
次世代に期待しようにも、可憐Girl'sに匹敵するほどの存在は皆無に等しい。最近では、既にハイティーンの真野恵里菜
メジャーデビューさせる等、苦肉の策に走っている感が否めない。
デビューを控え、各種アイドルグラビア誌に矢継ぎ早に登場する、まのえり。年齢はともかく、この娘の真摯さと素直さには、大変に好感が持てる。とあるインタビューでの、ファンとの触れ合いを大切にする姿勢に感嘆した。大人の事情抜きにして、頑張って欲しいとエールを送りたくなった。
さて、次世代というなら挙げておきたいエッグの存在だが…研修生という立場上、バックダンサーや新人公演など限定された活動に止まるのが、何とも残念。
ハロプロから遠ざかる僕だが、エッグは多少なりとも気にかかる。先日、ネット上で見つけた竹内朱莉という子の画像が、印象に残っている。何てことはない平凡な雰囲気なのだが、こういった素朴な少女こそ、ユニットアイドルとして輝くような気がしてならないのだ。
竹内朱莉

少女の歩く道のりを、僕の孤独な人生に照らし合わせる気は
毛頭ない。俯き加減で背中を丸める僕を、ひたすらに励ました少女らの笑顔。夢に溢れた瑞々しい生命力に、心を救われた思い出は数知れない。
この世界に生まれ、現実と妄想の狭間に身を置き、まるで夢から醒めたように死んでいく。約束されたのは、ほんのひと時の恍惚とした瞬間。束ねられた美少女アイドルの、止め処のない夢の領域に、僕は魅入られたのだ。

|

« 変化が呼び起こす困惑 | トップページ | アイリーン 炎の戦線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/44187355

この記事へのトラックバック一覧です: 止め処なき夢の領域:

» ジュニアアイドルの魅力に釘付け! [ジュニアアイドルの魅力に釘付け!]
ジュニアアイドルの魅力に釘付け! [続きを読む]

受信: 2009/02/28 21:43

» 目が離せないジュニアアイドル達 [目が離せないジュニアアイドル達]
目が離せないジュニアアイドル達 [続きを読む]

受信: 2009/03/06 09:07

« 変化が呼び起こす困惑 | トップページ | アイリーン 炎の戦線 »