« 閉塞感を打破する美少女の風 | トップページ | 2008年 アイドル総決算 »

2008/12/22

異界を漂う甘い夢

コニーズ

いや応なく飲み込まれた瞬間を、僕は憶えていない。なぜ、こんなにも心を衝き動かすのか、知ることもない。
底知れぬアンダーグラウンドに生きる時が、息苦しいほどのときめきと充足感を与えてくれる。僕は突如、引き込まれたのだ。
あの禍々しいまでに心焼き尽くす、萌えの巣窟に。コニーズが繰り広げる、異界の深淵に。

僕がこうして、見知らぬ街である両国に降り立つのは、必然だったろうか。しもやけで腫れ上がった手を擦り合わせる。
あの茹だるような暑さからは、随分と様相を変えたものだ。
(参照:楽園に焦がれた異界の住人
年内はないかと思われた、いわば受験生であるcoco's(コニーズ)のクリスマスライブ
予想に反し嬉しい誤算となった、お馴染み両国FOURVALLEYでの「冬休みだよ、両国集合! 2008」。頃合い良く仕事に一段落ついた僕は、当然の如くこの地を訪れたのだ。

早めの整理番号で後ろ寄りの座席を確保したのだが、これがそもそも間違いだった。
いわゆる、立ち見の直前に位置する席。
酔っ払ったヲタどもが、チョップやエルボー、体当たりまで仕掛ける危険極まりないポジション。正直、ライブハウスでの酒類提供はやめて欲しい、とまで思うに至った。

何はともあれ、初っ端からクライマックス、コニーズの異界突入である。
アラレちゃんのテーマが胡散臭く響き、サンタコスプレのコニーズ登場。か、可愛いよ、ゆいぴょん、きはちゃん。
今回は久々に、ホットこいさんずでなく、単独での出演。それでも、独特の存在感は抜群の二人なのだ。
グダグダを無理矢理貫き通す、コニーズコントのクオリティといったら。小室など時事ネタを織り交ぜたきはちゃんのブラックジョークにツッコむ、理性派ゆいぴょんの構図。
リアルにランドセルに抵抗感を示すゆいぴょん、それを嗜めるきはちゃんの無邪気さ。本当に来年から高校生なのか!?
定番「ジャングルジムのてっぺんで」「ナカちゃん音頭」と披露し、準備不足で無難にこなすのかと思いきや…未公開の新曲披露というサプライズが待っていた。
ゆいぴょんピアノ演奏による、きはちゃん魅惑のボーカルに打ち負かされる。巧みな旋律にのせて、ハートフルポップなナンバーでキャンディ配布と、切ないラブバラードが胸に響く極上のおもてなし
異界と呼ぶには似つかわしくない、この夢見心地は一体何なのだろう。脳が揺らぐような甘い心地良さの中に、コニーズの新境地を見い出した気がする。
ハートウォーミングな余韻に浸っていたら、あの胃薬の曲かいっ! 胃弱な僕を気遣う気持ちは有り難いが…ふむ、この聞いたことあるメロディは?? モスラかいっ!!
…やはり、ここは紛れもなく異界であった。

その後の公演は、甚だ苦痛でしかなかった。アルコールで理性を失った熱狂ヲタの攻撃に、ただただ怯えるハメに。頭に数発、三沢ばりのエルボーもらった時は正直キレかけた。ライブで、これほどヲタが怖いとは思わなんだ。
傷だらけになりつつも、物販コニーズ粘着はお約束。夏の大混雑に比べれば、大分余裕のある客足に見える。話し込んでいる常連らしき人が二人ほどいたが、いくらでも割り込めそうな雰囲気。
それでも僕は、写真撮るのがやっとだった。かように異界とは、隔絶された意識空間を意味するもの。疲弊した僕には、コニーズと触れ合うまでの余力はなかったのかも知れない。
ゆいぴょん、きはちゃんの受験成功を祈りつつ、両国駅に向かう姿を見送った年の瀬であった。

深層に浮かぶ湖畔の情景が、瞼の裏に蘇る。こんなにも穏やかで、言い知れぬ優しさがあったのだろうか。そう、それはまるで夢のよう。世界の終端にある癒しそのもの。
隔絶されたはずの異界にありて、甘い夢に漂う幸福感に満たされるのならば。もう、このときめきは抑えられないだろう。明日もあさっても、未来さえも消え去るのだろう。
純朴すぎる少女が手渡した片道切符。行き先は異界だった。

|

« 閉塞感を打破する美少女の風 | トップページ | 2008年 アイドル総決算 »

コメント

>アルコールで理性を失った熱狂ヲタの攻撃に、ただただ怯えるハメに。頭に数発、三沢ばりのエルボーもらった時は正直キレかけた。ライブで、これほどヲタが怖いとは思わなんだ。

アルコールで理性を失っているというよりは、そもそもそういう人たちなんですよ、あいつらは。アイドルオタの大部分は虫も殺せないような心優しい人達なのですが、悲しいかな、一部に全く無慈悲で品性に著しくもとる連中がいる。

コニーズが東京や大阪に行くことで、ああいう悪い虫がついてしまうことを、実のところ、相当、憂慮してます。

※内容が過激ですので、問題があるとご判断されたら、削除してください。

投稿: | 2008/12/23 13:27

思うに、貴重なイベントの機会なのだから、盛り上がってハメを外すのは大いに結構だと。
ただ、最低限、人の迷惑にならないよう心がけるべきでしょう。

手が当たってしまったら、一言謝る。そんなことは言うまでもなく、社会常識です。
他にも、ステージからのプレゼント投げ入れに飛び込んで、血を出していた人がいますが、全くもって非常識としか言えません。
出来ないのを分かっていながらアンコールしたりと、やり過ぎな面が本当に目立ちました。
誰もが楽しめるよう、もう少しモラルを身に付けて欲しいと思いました。今回はこの点、かなり残念ですね。。

投稿: santa | 2008/12/24 23:17

おっしゃられていることはもっともですし、santaさんの書かれた文面を読めば、普通の人間なら反省するのでしょうが、他人に迷惑をかけることなどなんとも思っていないようなオタが案外多いのが現実です。

今回はまだいい方で、さらに酷い連中になると、自分の気に入らないことがあれば暴力や示威行為に訴えたり、メンバーに対して暴言を吐いたりと、とても信じられないような事態もしばしば見受けられます。

良心や品位がみじんも感じられないどうしようもない連中です。

投稿: | 2008/12/24 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/43495790

この記事へのトラックバック一覧です: 異界を漂う甘い夢:

« 閉塞感を打破する美少女の風 | トップページ | 2008年 アイドル総決算 »