« 未完成であることの輝き | トップページ | 少女期のラストフライト »

2008/11/11

待ち望む美少女の波

ピュアピュアVol.51 拮抗した力がぶつかり合い、白熱した今年の日本シリーズ。生粋の巨人ファンである僕からすれば、次期WBC原ジャパンともども、なかなかに見応えある内容であり、プロ野球の面白さを再確認することとなった。
巨人と西武、その勝敗を分けたのは、ひとえに絶対的なエースの存在に他ならない。上原、内海が及第点の仕事をこなした巨人に対し、エース涌井を軸に、岸が安定感抜群のピッチングを見せた西武の若き投手陣。
伸び伸びした野球を掲げた西武の若い力が、伝統ある巨人の強力打線を封じ込めたのは圧巻であった。

単に世代交代というのは簡単だが、経験豊富なベテランと若手が噛み合ってこそ、チームの歯車は回り出すというもの。
今回のピュアピュアを見てみると…ふむぅ、堅実なラインナップではあるが、今ひとつ新鮮さに欠ける顔触れともいえる。
はっきりいって、ほとんど前号と同じ子がレギュラーとして名前を連ねているではないか。これじゃまるで、実績ある選手ばかり起用していた、ひと頃の巨人みたいである。
一時期、僕を痛くときめかせた可憐Girl's武藤彩未も、最近はとんと掲載されやしない。それに、お忘れじゃないかい?
美山加恋ばりの昼ドラ主演、伝説美少女松嶋友貴奈の存在を。アンケートに、ことさら太字で掲載希望しているのだがね…。
つい欲求不満が噴出しがちな今号Vol.51であるが、レギュラーの安定感を吟味するべく見ていくとしよう。

小池彩夢
ひと息に表紙・巻頭グラビアに躍り出た正統派美少女。かなりボリュームある内容で、セーラー服パジャマ姿で魅了する。
相当な細さを垣間見る、タンクトップなどの装いもあり。やはり、美少女は華奢であればこそと、見事体現する結果に。
意外だったのが、水着を含む写真集のリリース情報。元々、子役の印象が強い彩夢ちゃんが、いよいよ本格的なアイドル展開なのか?と、期待させる朗報と相成った。
荒井萌
がっちりと、レギュラーの座をキープし続けるもえもん。相変わらず安定感あるグラビアは、13歳にしては少々大人っぽい風情すら漂う。事実、ハキハキと受け答え出来る対話能力は年齢不相応で、演技以外の様々な才能を匂わせるに足る。
ふっくらしていた顔の輪郭も微妙に削れてきて、流麗な少女美が際立つ最近の萌え美少女。個人的には、最後のページ、制服の横顔に文字通り「萌えた」。
一木有海
急転直下の彩夢ちゃん写真集リリースというのに、本来絶対的なエースであるはずの有海は、一体どうしたというのか?
巨人が優勝出来たのは、先発、中継ぎ、抑えが各々の役割を果たしたからだ。それなのに有海は、己が仕事を果たすことなくマウンドを降りようとしている。何ともやるせない。。
ベレー帽でお絵描きしてる場合じゃない。セーラー冬服がクラシカルで良いじゃないか! 後半の写真画質が粗く、暗くなっていくのは、有海の今後を暗示しているのか!?
残された僅かの時間に、エース復活の奇跡を夢見たい。
山口愛
史上最低視聴率を記録した朝ドラに出演したという、この美幼女? 11歳にしては、あまりに幼く可憐すぎやしないかい!?
豊富な演技経験ある割に、活発な素顔も覗かせる。等身大の小学生そのものだが、今時珍しいくらいのオーラを帯びている。
この子供らしい髪型からして、飾り気のないピュア。澄ました表情と、無邪気な笑顔の対比。成長を見守りたい逸材だ。
山谷花純
高学年らしい健やかさ、儚さを併せ持つ、瞳が印象的な少女。その端正な顔立ちから、ややクールさを感じ得るのだが、ドラマでイジメっ子とはハマリ役か。
ん? まてよ。「ラブレター」で耳の不自由な子を…ほほぅ、なるほど。ちょ、ユッキーナ(松嶋友貴奈)をイジメるのかい!?
美少女が美少女をイジメるなんて、なんて萌え‥ちが、なんてシュールな…あああぁ、なんてこったい!!(中略)
えらく取り乱してしまって失礼。と、とにかくこの昼ドラ楽しみ過ぎて、気分悪くなりそうだ。。
松尾瑠璃
久しぶりの登場となるが、天てれ時代からすると大分少女っぽさを増して、愛らしさに磨きがかかっている様子。
いわゆる女児ワンピが似合い過ぎる幼さ。小さい身体に馴染まない制服キュロットよりはミニスカート推奨と、言いたいことは山ほどあるが、ともあれ、可愛いことに疑いはない。
チャームでいえば、上まゆ的な親しみ溢れる笑顔が輝く。隊長のような合わせ鏡を得ることで、ブレイク必至な気がしないでもない。
小池彩夢

今、必要と感じるのは、主軸となり得る中心的な存在。もし、
一木有海がエース足り得る存在感を見い出せないのならば、新たな時代を引き継ぐ者が不可欠である。
密かな、新しい波音が聞こえてくる。僕の心に押し寄せるのは、清純さを誇る美少女の、凄まじい破壊力を秘めた大津波
こうしてただ立ち尽くすのは、その可憐すぎる美しさに溺れ、
心ごと逆巻く波間に飲み込まれたいからなんだ。

|

« 未完成であることの輝き | トップページ | 少女期のラストフライト »

コメント

思わず取り乱してしまうくらい楽しみですよね、ラブレター(笑

先ほどTBSの夕方のニュースを見ていたら芸能コーナーにユッキーナが出ていました。
鈴木亜美に注目が向いてしまうのは仕方ないとしても、ああ、いよいよなんだな・・・と実感できましたね~。

コレを機に地デジ対応テレビとかブルーレイとか導入したいところですが・・・今ある装備で堪能したいと思います(涙

投稿: 葉歌 | 2008/11/11 19:20

みんな日記で、そんな話ありましたね。まんまと見過ごしました。
このドラマ、幼少期のみとはいえ、ユッキーナがどんな演技見せてくれるのか大変楽しみです。
あの恥ずかしがりやな姿見てるだけに、興味をそそりますねぇ。

>地デジ対応テレビとかブルーレイ
記念すべき初ドラマを最高画質で残したい。
痛く共感しますが、当方貧乏すぎてVHSしかありません。
どうにもなりませんなぁ。。

投稿: santa | 2008/11/12 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/43082296

この記事へのトラックバック一覧です: 待ち望む美少女の波:

» 荒井萌 のネタ [アイドル・タレント・女子アナ動画「ネタくん」]
荒井萌 のネタ 他にも アイドル・タレント・芸能人・女子アナ お宝・面白からアダルトの抜けるネタまで、ネタになる動画なら何でも紹介 [続きを読む]

受信: 2009/01/11 23:24

« 未完成であることの輝き | トップページ | 少女期のラストフライト »