« 記憶に留めたい美少女の輝き | トップページ | ももち論最終章 大いなる眠れる魂 »

2008/10/01

意識下に存在した鮮烈な眼差し

松元環季 秋といえばそう、番組改編の時期。例によってスペシャル番組目白押しだが、正直あまり興味は湧いてこない。
なぜってそれは、どこにも可愛い女の子が見当たらないから。
お笑い芸人が競うように躍起になってるのは鬱陶しいだけだし、無知で常識がないのを売りにするおバカタレントも、ただ愚かしいだけだ。
はっきり言ってしまうと、もう無常の世の中には、少女の無垢な魂と可憐な美しさしか見るべきものはないように思えてくる。
テレビというメディアは、未知なる美少女を発信する箱であって欲しい」 僕が望むのは、もうそれだけのことでしかない。

ジュニアアイドルに熱い視線を送り続ける僕だが、次々と現れる子役の存在も決して無視することが出来ない。
何となくドラマを眺めていると、突然目に飛び込んでくる子役の美少女達。それ以降、ドラマの内容は意識の外へ押しやられ、ただ少女を見るためだけにテレビに貼り付くこととなる。
ここ最近、僕を虜にした子役美少女は、そう多くない。ある意味、肥え過ぎた?目で厳選したものを、いくつか挙げてみよう。

話題に取り上げるには珍しいNHKドラマ「キャットストリート」において、主人公演じる谷村美月の幼少期に注目していた。
当然のごとく、有名子役である美山加恋に惹かれたと思いきや、むしろ共演者の鈴木理子に思いがけず魅了されることと
なる。
素朴なルックスでありながら、落ち着いた自然体の演技が光る。ドラマや映画出演経験が豊富で、生粋の女優資質が窺える。
今回、少々意地悪な役柄が残念ではあるが、実際には大変温かみあるキャラクターであり、大いに好感が持てる。
自身のブログでは、実に丁寧にコメントレスしており、細やかなファンへの気遣いが見てとれる。
少女らしい健やかさ、一途さ、優しさを感じさせてくれる女の子。期待をもって見守りたい。

昼のドラマとしては、かつてないほどに僕を萌えさせた、あの「キッパリ!」が帰ってきた! (参照:移り往く少女の色合い
うむむ‥美少女に一度は呼ばれてみたい、「おじさま」の甘美な響き。洋華ちゃん(田中明)に、またもや脳髄まで蕩けてしまうのか?と思いきや、キャスティングされていないとか!?
そんなぁ。。
落胆しながらも、成長した岡田千咲ちゃんがまた可愛らしく、
なんやかんや言いながらもチェックしてしまう。マドンナ役の重本愛瑠ちゃんも、なかなか可憐で宜しいかと。
しかし、元チャイドルの吉野紗香が不倫とは、痛切に時の流れを感じてしまう。「おじさま」に萌え盛る、我が身を顧みるべきか、否か。やはりそれでも、洋華ちゃんカムバック!!

幼い頃よりの演技経験卓越した才能という点で極めて類似しているのが、小池彩夢松元環季の二人。
あの空恐ろしい「牡丹と薔薇」で手厳しい洗礼を受け、叩き上げた演技力で映画出演、ピュアピュアグラビアレギュラー掲載と、急成長を余儀なくされた小池彩夢
かたや、3歳からの蓄積された経験の上積み、アニメ声優と子役の二足の草鞋、巷で話題の「20世紀少年」に出演など、大人の女優顔負けの活躍が光る松元環季
共に、同じ系統のルックスと雰囲気を併せ持ち、あどけなさと小動物的癒しが際立つ、現代において数少ない美少女だといえる。
特に注視すべきは、女優業にどっぷり浸かる松元環季に対し、小池彩夢はアイドルへの夢も持ち合わせているということ。
正直、清純派アイドルの彩夢ちゃん、めっさ拝んでみたいかも。
小池彩夢

テレビの画面を通して働きかける力が、僕の意識に滑り込んでくるのを感じる。密やかで瑞々しい質感をもって脳裏に刻まれた少女の面影は、突出した輝きを纏いそこに佇んでいた。
あるかなきかの、たどたどしい記憶と鮮明な映像が結び付くのならば、心の中に棲んでいたあの少女像が浮かび上がってくる。
鮮やかに胸を貫くのは、迷いのない純真な眼差し。揺るぎない意志を秘めた強かさに、なす術なく引き寄せられるんだ。

|

« 記憶に留めたい美少女の輝き | トップページ | ももち論最終章 大いなる眠れる魂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/42652303

この記事へのトラックバック一覧です: 意識下に存在した鮮烈な眼差し:

« 記憶に留めたい美少女の輝き | トップページ | ももち論最終章 大いなる眠れる魂 »