« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/24

記憶に刻まれた輝ける少女期

Berryzcute1 時の経つのは早いものだ。殊に、成長盛んな少女の時間は、瞬きする間にも早足で過ぎ去っていく。
僕が、Berryz工房に惹かれていったのは、初めて購入したライブDVD「まるごと」が、きっかけだったろうか。拙いながらも懸命なパフォーマンス、躍動する少女らに魅了されたのを、よく憶えている。
あれから僅かに思える時で、少女はすっかり大人びてしまった。
その顔は自信に漲り、幼さ故の可憐さは陰を潜めた。
僕の中で、ひとつの時代が終わりつつあるのを感じる。求めるものを手に出来ない、やるせない焦燥感と共に。

ハロープロジェクトにおけるアイドル熱が、急速に冷めてきた。モーニング娘。に絶望し、Berryz工房で再燃した熱い高揚感が、もうほど遠い感触に思える。
常に未完成な少女らしい魅力を求める僕にとって、メンバーの成長は確かにあるが、相次ぐ恋愛スキャンダルが追い討ちをかける形となったようだ。
今のところ、次世代を担うエッグ世代にも注目に値する存在がなく、ファンクラブ継続も断念した。これには、マンネリ化するFCイベントと、高速握手による縮まらない距離感によるところも大きいが…。

今春、Berryz工房℃-uteによる初の合同コンサートが催された。これは、かつてのキッズ世代が集結する、斬新な試みとして興味深いものであった。本来、触れ合いを重視し、コンサートに興味を示さない僕でさえ、最後まで参加を迷ったほどだ。
このDVD「仲良しバトルコンサートツアー2008春」を、なぜか
おいも屋で見付けた僕は、つい勢いで購入してしまった。
Berryz工房バージョン。要するに、店長の趣味らしい。
もしかすると、これが最後のDVDレビューになるかも知れない。簡潔に感想を記し、より後味良く観賞していきたい。

大きな愛でもてなして
センターステージでベリキューが舞い踊る様は、何とも華やか。横アリの会場全体を駆使したステージングは、興行経験の裏打ちを感じさせて、なかなかに素晴らしい。
エッグのバックダンサーが、ソロライブにない新鮮さを醸し出していて良い。結構、元気良く踊っていて衣装も可愛らしい。
右側の眼鏡の子が気になるが、はて、さっぱり分からない。。
僕らの輝き
バラエティ豊かな制服風衣装が、目に心地良い。ベリキュー織り交ぜた面白い取り合わせだが、熊井ちゃんの巨大さがひと際目立つステージに。少年から少女へ脱皮しつつあるちっさーの、この髪型は果たしてどうなのか、少なからず疑問が残る。
千奈美の制服はなかなか似合ってると思うが、冷徹な握手の対応によって、どうにも拒絶反応があるのは否めない。
サヨナラ 激しき恋
今や高校生となってしまった僕らのプリティアイドルももちだが、奇跡的なアイテムであるジャンパースカートにより、かつての中学生風情を取り戻した。アイドル絶頂期を越えつつあるももちが、最後にひとかけらの郷愁を与えてくれたようだ。
野暮ったいセーラー服が妙に似合うナッキーに、いつの間に成長したハギティ。 そりゃ、僕も歳をとるはずだ。
ドドンガドン音頭
テンション上げ子怒涛の大暴走劇。お約束とはいえ、正直ちょっと梅さん見直したかも!? 完全なお祭りモードのスイッチが入る、テンションあげあげ盆踊りで煩悩まみれに。
ピンクの半被が、チャーム物販を彷彿とさせる、粋でいなせな美少女節がこだまする。エッグ紹介の折りに飛び跳ねる女の子達。やんちゃ過ぎてパンツ見えてしまうよ!
しかし、あのメガネっ子は一体…。
ホントのじぶん
テンション上がった勢いとはいえ、この盛り上がりは、つまり
この曲がBuono!キラーチューンであるのを誇示している。
ワイルドな黒の衣装と、エッグの爽やかな色彩の衣装の対比。昔のジャニーズみたいに、常時、若手バックダンサー付きでも良いのでは?とか思ってしまう。
発育著しい愛理。ショートパンツのお尻に釘付けになってしまったのは、とりあえずここでは内緒にしておこう。
夏DOKIリップスティック
まいみぃの身体能力をフル稼働させた、超体育会系の真夏ナンバー。ダンスのキレが凄まじいと定評のあるキャプテンナッキーを引き連れ、渾身の躍動感で魅せる。
とにもかくにも、振りが大きくダイナミックだ。両ユニットを代表するリーダー格だけあって、新陳代謝も半端じゃない。
まさに、しのぎを削る今テーマを物語るダンス競演であった。
Berryz工房、℃-ute

新しく芽吹いた生命。それは、アイドルの世界において、頂点へと駆け登る少女の未知なる可能性を知らしめてくれた。
時間が少女を大人へと導いても、刻まれた輝きの時は、永遠に脳裏に残り続けるに違いない。
きっと、忘れはしない。何時でも挫けない、強かさを秘めた少女であった時のこと。弱くて泣いた涙でなく、絆と達成感で流した涙があったこと。ただひたすらに夢を追いかける、一途で純粋な少女の視線があったことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/15

正統派アイドルのアルゴリズム

ミスマガジン2008

パソコンを買い替えてみた。無職だというのに、無謀なことだ。
4年ほど使っていたパソコンが低スペック故に、不便さを感じるようになった。膨大なアイドル画像の読み込みに、毎度のごとく手こずる。デフラグしてみても、ほとんど効果なし。
動画エンコードなど重い作業中では、他に何も出来ない。度重なる熱暴走。なんでもノートパソコンの寿命は短いらしいし、そろそろ潮時と判断した。
新しいパソコンは、デュアルコア、大容量メモリ搭載のお買い得モデル。正直、ネット中心の僕にはオーバースペックだが、新OSであるビスタが重いのは避けたいと選択した。
このビスタというやつが、どうにも使い勝手が悪い。些細なことでも、XPで出来たことが出来なくなっていることが多い。
更に、愛用していたソフトの大半が対応せずに、使えなくなってしまった。ネット上を対応ソフトを探しながら、ブツブツと不満を
こぼしている毎日だ。
まあ、まだ使いこなせていないこともあるが…今のところ、見た目が綺麗なことくらいしか利点が見当たらない。

いわゆる、U-15ジュニアアイドルを専門分野とする僕には、多少なりとも他分野における刺激が欲しいところではある。
見知らぬ領域に足を踏み入れようとする時、とりあえず見た目から入るのは、賢明な手段のひとつである。
いわばグラビアアイドルの世界で象徴的なのは、青年コミック誌企画によるミスコンが、一例として挙げられるだろう。

80年代から歴史を紡ぐミスマガジン。2008年度の栄えあるグランプリに輝いたのが、桜庭ななみである。
エントリーが発表された時点で、彼女が受賞するのが、ほぼ確定していたといえる。それだけ、抜きん出る特別なオーラを、当初から既に得ていたと思う。
爽やかでクセのない端正な顔立ち。上背のある細身のスタイル。個人的な好みはさておいても、明らかに飛び抜けていた
元々、この類いのミスコンに注目することは、ほとんどない。
今回は、チャーム出身の梅本静香がエントリーしていたので、多少気にかけていたに過ぎない。
残念ながら僕から見ても、しーちゃん(梅本静香)がグランプリを手にするのが無理なことは、目に見えていた。しーちゃんはキャラこそ良いものの、万人受けするルックスを持ち合わせていない。この手のミスコンでトップに立つのは、まず不可能に思える。読者特別賞ということで、大いに健闘したと思う。
この他、審査員特別賞大谷澪、受賞を逃した小池唯なども、今後注目に値する存在だろう。

青年誌の有名どころ、ヤングジャンプの制コレ。その名の通り、制服の似合う女の子とのコンセプトで始まった、このミスコン。
その清楚なイメージから、僕自身、特別な思い入れを持って見守ってきた経緯がある。
かつてのグランプリに、心動かされた記憶が甦る。武田恵子の衝撃的な写真集。湯原麻利絵が、河村理沙織原奈未と共に挑んだ水着グラビア。遠野凪子メモリアル。おっと、忘れちゃいけない往年の幻美少女、遠山かすみ‥。
なにやらつい回想に浸ってしまったが…とにかく、制コレが清純派アイドルの登竜門であるのは、今も変わりはないはずだ。
最新版では、年齢で分け投票方式を一変したりと、新たな試みがなされている。個人的には何といっても、2007年度グランプリである川原真琴を推したい。精神的な弱みを、親しみやすい魅力に転化させたマコティに、深く敬意を表したいんだ。

あくまで雑誌の企画モノとして生まれたミスコン、YS乙女学院。主に、セクシー系グラビアアイドルが名を連ねる中、なぜかジュニアアイドル世代が入り混じっている辺りが面白い。
心交社という爆撃機から核爆弾を投下したローティーン核兵器しほの涼。どう考えても場違いな突撃を敢行した特撮アイドル藤井玲奈などなど。底の浅い雑誌企画ならではの、バラエティに富んだ顔ぶれで溢れている。
この他、ハロプロ脱落不遇の美少女、西田奈津美や、蹴落とされても這い上がる不屈の魂をもつ渡辺未優など、ある種、見所多い。
セクシー系ならぬ、カワイイ系で栄冠を掴んだ坂田彩の例もあるが…今年度はやはり、大人っぽい三原勇希がグランプリとなったようだ。その中でも、とりわけ僕の関心を引いたのが、人知れぬCM美女である相田美咲に他ならない。
真田広之と共演した「綾鷹」のCM美女が何と、弱冠16歳とは驚きだ。元々、モデルらしいが、そのスリムでバランスのとれた流麗な肢体には圧倒される。ブログからは、地味すぎてキャラが推し量れないが、興味を掻き立てる存在である。
相田美咲

ただ闇雲に、年齢でカテゴライズすることが全てだとは思わない。偽りなく心から求める声を口にするならば、それはもちろん、小中学生の無邪気成長期の危うげな魅力に他ならない。
僕のジュニアアイドル画像フォルダは、日に日に膨張していく。全てを混在させれば、著しく処理速度が落ちるのを知っている。
自らを再起動できない僕は、せめて脳内二次キャッシュを読み込んで、並列処理するしかない。
現代のアイドルに、正統派たる清純さと純粋な魂を見い出した時、僕は躊躇することなく、この愚かな人生をシャットダウンするだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/08/06

楽園に焦がれた異界の住人

コニーズ

堆く積まれた障壁が、四方から取り囲んでゆく。途端に息苦しく、何も見えやしない。そう、ここは完全に密閉されている。
どうして、こんなに燃えるように熱いんだ。照りつける猛暑の陽射しなんかじゃない。あの素朴すぎる少女らの熱気で、心が焼き尽くされそうなんだ。
この異界の底にあって、剥き出しにされた浅ましい魂は、己が欲求を誇示するがごとく、けたたましい咆哮を上げた。
なぜなら、辿り着いた異世界の深淵が、追い求めた彼の地であったから。
coco's(コニーズ)が創り出す、異界であったのだから。

凄まじい暑さに、意識が朦朧としてくる。コンクリートで埋め尽くされた東京は、とてつもない体感温度を叩き出している。
拝啓、コニーズ様。徳島は、やはり暑いですか。暑中お見舞い申し上げます。そう、あの素朴ザ・エンターテイナーコニーズ東京遠足ライブに訪れたのである。
さて、両国とやら、とにかく初めてだ。国技館を通り過ぎ、児童公園の隣りにある小ぢんまりとしたライブハウスが、どうやら
両国FOURVALLEYらしい。
かなり遅めにチケット申し込みしたにも拘らず、12番という整理番号順で、二列目右端という良席を見事に確保する。
小規模会場ということもあり、ステージと近く期待が高まる。
ただ、なぜかすぐ脇を幼女の集団が陣取り、気が気でない状態に。VIBES with SAKIという、新参ユニットの応援団らしい。

さあ、待ち望んだコニーズ劇場、初っ端からの開演である。
今回も、くるみっき~とのジョイント、ホットこいさんずでの東京遠征であった。
コニーズ、お約束通り、ウルトラマンのテーマが小気味良い。
良くも悪くも、変わらない素朴な美少女ぶりが、素晴らしい。
ある意味、ナイスな?マイクトラブルもあったが、くるみっき~も合流し、例によってラジオ体操をブチかます。
ここで、本来は遠くから静観するクールスタイルであるはずの僕が、高まり過ぎてラジオ体操完全制覇! こ、こんなの、どう考えても自分のキャラじゃない…。
勢い余って、大好きなゆいぴょんにハンコ貰おうと手の甲差し出せば、くるみんがすかさずペタッと捺してくれた。
ナイスアシストだよ、くるみん。。
さらに、スマイルポイントと称して「笑点」のテーマを演奏したり、相変わらずグダグダ感たっぷりのMCが、異界におけるコニーズの真骨頂! 個人的には、メンバー全員をバレー部所属に仕立て上げるゆいぴょんが、俄然強めで気に入った。
そして締めはといえば当然、きはちゃん渾身の歌声でムード歌謡を熱唱することに。とてつもない異様な空気感が漂う。
正直、60年代の島倉千代子とか、渋すぎる選択だ。
最後に、客席に向けてカラーボール投げ入れで終演なり。
終始、トロ臭い僕は、あまりに勢いある球筋に、宇野ばりの醜態を晒しそうで、なぜか必死に回避してしまった。実に、もったいない。。
この後、Negiccoココロコロンといったお馴染みユニットが続き、僕の異界への旅路は終わりを遂げたのであった。

公演終了後の物販撮影タイム。とりあえず奥で待つ僕に、なぜかNegiccoのMeguちゃんが来て微笑みかける。どうやら、ファンと間違われたようだ。
思いのほかの客足だったのか、混雑が酷くて、のんびり撮影やトークする余裕はなかった。せめて買い物をと、ゆいちゃんに下敷き下さいと声かけると、すかさずくるみんが積極対応してくれた。どこまでもナイスだよ、くるみん。。
この日は珍しく出待ちしてみたが…これが正解であった。4人で何となく佇む絶好の機会に、どうにか撮影させてもらうことが出来た。なかなか会えないだけに、ひと安心である。
ひと時の楽園を脳裏に焼き付けて、少女らの後姿を見送った
暑い夏の日であった。
コニーズ&くるみっき~

アイドルとしての新境地を切り拓く、コニーズの圧倒的なエネルギー。アイドルとは真逆の、いや、脱線したままひたすらに走り続けることで、想像を絶するほど怪しげな雰囲気に満たされた、この異界の光景を創出したのだ。
僕は、異界にあって、ただ恍惚としていた。そこに、この魂を押し上げたのは紛れもなく、素朴な少女の魅力と、予測のつかない奇抜な発想の、絶妙なるフュージョンに他ならない。
心を絡め取るかにこの胸を熱く焦がしたのは、異界から姿を変えた、楽園の誘惑だったのだ。

参照リンク
異界が放つ、萌えの一撃
萌える魂の慟哭 コニーズ登場!
異界に浮かぶ萌ゆる太陽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »