« 美少女と交わした約束 | トップページ | 忘れえぬピュアな輝き »

2008/03/29

少女美のトータルバランス

真っ白い画用紙に絵を描くとするなら、清々しい淡い色彩とバランスの取れた構図を、僕なら重視する。
くっきりと正中線を貫き、均整の取れた美の描写。それでいて、優しく甘いあどけなさを残す雰囲気が、温かいぬくもりを宿すようで目に心地良い。
世にある全ての優れた価値あるものに共通するのは、絶妙なる均衡性に他ならない。
そう、つまりトータルバランスである。

美少女を評価するにあたり、注目すべきはトータルバランス
万人が認め人気を博する理由は、精緻に整った美貌と柔らかなキャラクターが融合した、類い稀な輝きを有しているから。
僕がいつも思い描いているのは、一見して平凡な印象ながら、注視すればするほどに欠点を見付けられない美少女のイメージ。
最低限必須の条件として、サラサラの黒髪歯並びの良さ肌の綺麗さ等々挙げられるが…最も重要なのは、いかに中間的で埋もれてしまいがちな、心身両面でのバランスの良さを感じられるかどうか。
人々の心を魅了してやまない美少女性とは何なのだろう。そのバランスという点で見ていきたい。

ハロープロジェクト・キッズにおける、嗣永桃子の存在感は際立っていた。
美少女と呼ぶには、あまりに凡庸としたルックス。それが今や、誰もその存在を無視出来ない注目株に成長を遂げた。
桃子のアイドル気質は、常人の知るそれを遥かに凌駕していたのだ。
圧倒的なプリティ要素で完全武装したまま、極めて確信犯的に、アイドル界に殴り込みをかけた嗣永桃子の凄まじさ
何よりもアイドル処世術を知り尽くす桃子は、単に自己アピールに励むだけが唯一の方法でないと理解している。思うがまま、他者や世論を操ることで、自身の価値を高める演出法を心得ているのだ。
桃子は時に、積極性に固執することなく、自分を貶め辱めることで自己演出を試みる。
撮影を知りながら同じジーンズを何度も穿き、貧乏キャラを定着させる。スポフェスでカメラがきたのを確認した上で、わざと転ぶ。拒絶されると分かっていながら、嗣永憲法をメンバーに強制…等々、数え上げればキリがない。
要は、桃子の繰り出すアイドルアピールには、計算された押し引きの、微妙なバランスが含まれているのである。

天才てれびくんMAXを晴れて卒業となった、一木有海
過去に前田亜季飯田里穂らを輩出し、卒業後の活動にも変化が見られた。新年度天てれの陣容と、今後の活動展開が気にかかる。(噂では中村あのん新てれび戦士説もあるが、恐らくガセであろう)
最新ピュアピュアVol.47から一木有海の名が消え、僕に初めて購入を断念させた。なぜ、それほどまでに惹かれるのか?
一木有海を一言でいうなら、シャープな輪郭と無邪気な微笑み、加えて古風で奥床しい大和撫子の魂、その三点共存にある。
アンチ有海によく槍玉に上げられる、鋭い曲線を描く顎のライン。スラリと伸びた四肢の華奢さも相まって、幼さの残る面立ちを、この顎で引き締めている。急激な身体の成長過程にありながら、正統派美少女のバランスを保持しているのだ。
更に、子供番組に似つかわしくないくらい、控えめで真面目なキャラクターが覗ける。一歩退いて、後輩に見せ場を譲る姿勢が度々垣間見える。かと思えば、年下に厳しく指導し、最年長の役割を意識した振る舞いも。
物事に真剣に取り組む故、涙する場面が、一木有海をよく象徴している。周囲への配慮に事欠かず、一歩退いた少女の生き方。人との関わり合いのバランスに重きを置く、日本人としての美意識を、僕はそこに見た気がしたんだ。
一木有海

ともすれば見過ごしてしまいがちな些細な不均衡が、少女の
美しさに、ほんの僅かな歪みを引き起こす。
研ぎ澄まされたバランスの上で、完璧な美少女性を手に入れた少女達が、目前を通り過ぎていくのを感じる。
押し寄せる時の只中にあって、僕らは知らぬ間に、途方もない奇跡の瞬間を目撃しているのかも知れない。
絶妙なバランスを保ったまま、二度とはない輝ける少女時代へと、時計の針は刻まれていくのだろう。

|

« 美少女と交わした約束 | トップページ | 忘れえぬピュアな輝き »

コメント

こんにちは。
まさにその通りですね。
ユッキーナは詳しく無いからよくは分からないけど、そういう子だったら是非会って見たいですね。。。
桃はまさに、アイドルはどうあるべきなのかを知り尽くした、本当のプロだと思います(笑
言うと怒られちゃうかもしれないけど、ルックスで行ったら、絶対に梨沙子の方が上だし・・・でも何でその梨沙子に肉薄するくらいの人気があるかって言ったら、あのアイドル性なんでしょうね。
今回は一木有海ちゃん出てませんでしたからね・・・
それでも僕は武藤彩未ちゃん見たさに買ってしましたが(汗
僕は天てれでみーちゃん(有海)に出会えたことを幸せに思います☆
あれだけの子に出会えるなんて、滅多に無いことだし・・・てれび戦士を卒業しても、今までよりもっともっと自由にいろんなところで活躍してほしいです♪ 

投稿: 館の主 | 2008/03/29 08:26

ユッキーナは、とにかく普通の女の子です。
芸能界向けでないものの、この平凡さが温かくて好きですね。
美少女性もズバ抜けてますし。

桃子は言うに及ばず、天性のアイドル気質がスゴイですからねぇ。一度、心を掴まれると抜け出せなくなる、魔性の魅力を感じます。

有海の天てれでの評価は、イマイチだったような気が…!?
僕は、有海の清純派アイドルとしての資質を、かなり高く買っています。卒業後のこれからこそ、真価が問われるべきかと。
ピュアピュア武藤彩未ちゃんは、衣装がどうも。。
他に見所なかったようで、かなり残念でした。
次号表紙との話なので、大いに期待しましょう。

投稿: santa | 2008/03/30 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/40671545

この記事へのトラックバック一覧です: 少女美のトータルバランス:

« 美少女と交わした約束 | トップページ | 忘れえぬピュアな輝き »