« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/30

2007年 アイドル総決算

ハロープロジェクトにおける次世代ユニット、その目を見張るほどの躍進が目立った。Berryz工房℃-ute両ユニットの若さ漲るエネルギーは、今や本体であるモーニング娘。を越え、一時代を築こうとしている。
満員御礼のコンサートの盛況ぶり、オリコンチャート上位を記録したりと、並々ならぬ人気の底上げを感じ得る。特に、Berryz工房の単独アリーナコンサートは、驚異的な人気を裏付けたものといえる。
かつて、キッズと呼ばれていたこれらの面々の中でも、嗣永桃子鈴木愛理矢島舞美の注目株に関して、僕なりの考察を深められたのは意義があったと思う。

歴史に刻まれた少女達 頂点の舞台へ
ももち論 遠ざかる旭日
バトル・オブ・アイリーン
まいみぃは赦してくれる

AKB48を初体験。予想を上回るパフォーマンスと、高いプロ意識を見せ付けられ感嘆したのを憶えている。それとは逆に、関西の雄エンジェルプロダクションのエース級の二人には、
意識の浅はかさによるアイドル性の欠落を思い知らされた。
一方で、独自の路線をひた走る徳島発コニーズの世界観には、やはり圧倒された。くるみっき~とのジョイント、ムード歌謡の要素取り入れなど、自由自在な発想に仰天した。来年は何が飛び出すのか、期待が高まる。

世界を一新するエネルギー
夢を追う少女の輝き
異界に浮かぶ萌ゆる太陽

ほんの一瞬、画面に映し出される美少女子役の中からも、将来性に富んだ原石を多数発掘出来た気がする。
誰しもその名を知る、美山加恋の意外な素顔。CM美少女の、はっとするような初々しい輝き。それら全てが、画面を通して、殊更に新鮮な魅力を訴えかけているかに思われた。
なお、今年で節目を記した形となった、記念すべき10万アクセス達成も。これを機に歩みを顧みたが、それは同時に、ジュニアアイドルの奥深さを再認識することとなったようだ。

走り去る少女との距離感
一瞬の映像に生きる少女達
追い求める魂とその軌跡

U-15ジュニアアイドルの世界を襲う、偏見に満ちた悪意。謂れなき批判と、侮蔑の嵐が吹き荒れたこの一年だった。
児ポ法を盾に、アイドルの名誉を傷付ける蛮行。法律の都合の良い解釈による、不当な逮捕劇。確かに、行き過ぎた表現がまかり通る現状はあるものの、曖昧な法律をそのままに規制強化を叫ぶのは筋違いというもの。
一時は、心交社その他の商品が店頭から姿を消し、出版元、消費者双方に重大な影響をもたらした。結局、心交社の事件はその後、不起訴となっている。

偏見に支配される世界
清純派に開かれる道程

紡がれる時の只中に光を見付け追い求める内にも、新星ひしめく海原に漕ぎ出しているのかも知れない。
未開の新天地に旅立つ期待感を胸に秘め、新たなる時代の到来を待ち受ける。
眩く光り輝く美少女に目を奪われがちだが、全体を見渡せる広い視野を持ち続けたい。ジュニアアイドルの底知れない可能性と、儚い少女期の美しさ。一瞬で過ぎ往く少女の時を、心に刻みたいと願うなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/18

夢を手に、純粋な少女のままで

Berryz工房

どんなに頑張ろうとも、報われることの少ない閉塞感に苛まれ生きている。たとえ、ほんの一時でも夢と希望に満たされるなら、人にうしろゆび指されようとも、追い求めるのをやめはしないと心に決めている。
ひたむきに努力を積み重ねて、王道を駆け登った少女らのサクセスストーリー。そこに見えてくるものは、努力した成果が確実に結果として夢に繋がることを、まざまざと知らしめてくれた。

最新シングル「付き合ってるのに片思い」の初動売上枚数が「本体越え」を成し遂げ、名実共にトップアイドルに登りつめたBerryz工房紅白歌合戦にも初出場が決まり、まさにアイドル王道の到達点に達するかの、大躍進が光る。
かつての幼い面影から、大人っぽさを増した美少女達。それでも変わらない魅力の源は、間違いなく少女らしいピュアな雰囲気にある。

個性を際立たせる為の、行き過ぎたイメージの革新。それを実践したモーニング娘。は、今や衰退の流れを止められない。
髪を染め、似合わないパーマをあてる。訛りをそのままに、ベタなギャップをアピール。珍妙な楽曲で注目を集めるだけのプロデュース。それらの愚行は、アイドルユニットとして最も大切な、根幹の部分をないがしろにした。
美少女アイドルにとっての生命線は、純粋なイメージを堅持したままに、ありのままの気持ちと美しさをひたすらにアピールすることにある。
アイドルとは、一体何なのか? どうあるべきなのか?
それが知りたければ、Berryz工房を見よ! 歩み続けた王道の軌跡が知りたければ、そのライブDVDを見よ! 
Berryz工房コンサートツアー2007夏ウェルカム! Berryz宮殿」DVDに垣間見えるのは、真っ直ぐな気持ちを込めたひたむきさと、進化した表現力、完成されたパフォーマンスに尽きる。アイドルのあるべき姿を、年の瀬に総括するのだ。

サヨナラ激しき恋
アルバム「4th 愛のなんちゃら指数」からのナンバー。オープニングタイトルにしては、大人っぽく斬新な印象を覚える。
アダルトな歌詞と曲調がサマになってきた少女達。特に、ももさき(嗣永桃子、清水佐紀)の高校生コンビが、感情込めた表情で表現力を遺憾なく発揮。
何はともあれ、「なぜに桃子はピンクが似合うのか?」との疑念が残った。
MC1
「Berryz宮殿」という、夢のテーマパークにご招待!? いつものように、キャプテンがメンバー紹介するが、やや普段の呼び方で親しみが感じられる。
まあさシェフの料理はいかにも精が付きそうだし、笑顔ソムリエ桃子には泥酔を禁じ得ないだろう。パティシエりしゃこのピザ化は納得だし、やはり千奈美は今回も猪木節で、ひと安心といったところ??(失礼)
告白の噴水広場
オリコン自己最高位を記録した、驚異の最強シングル。極めてレトロな雰囲気が、我ら30代のノスタルジィを直撃する。
戦時中のような?シンプル過ぎる制服姿のPVが、話題を集めたりもした。
この昭和テイストは、まさしく王道と呼ぶに相応しいものがある。平成の山口百恵である?嗣永桃子が似合い過ぎる名曲。
何はともあれ、「なぜに桃子はピンクが似合うのか?」との…。
清水佐紀、夏焼雅

スプリンター!
みやさき(夏焼雅、清水佐紀)の、文字通りラブリーな関係を、ステージ上で赤裸々に。かつて、「悪の枢軸」と揶揄された
不穏な空気は、爽やかなナンバーで掻き消された。
思いがけないショートパンツの生足に、妖艶な雅ちゃんはもとより、キャプテンにまで色香を感じ得る。太腿のラインが、小柄な子供っぽさからの脱却を物語る。
私がすることない程 全部してくれる彼
意外と良好な関係を維持してきた、ももりしゃ(嗣永桃子、菅谷梨沙子)によるスローバラード。前のめりな程、曲に入り過ぎている桃子と、ビジュアルで魅せるりしゃこ。桃子の短足と、りしゃの流麗なスタイルという点でも、対照的である。
秀でた表現力からも、りしゃこより断然際立つ桃子の心意気。桃子の人差し指が指すものは、王道アイドルの限界突破であるのは言うまでもない。
菅谷梨沙子、嗣永桃子

MC3
客席からの声援を利用して、やまびこ遊びに興じるももさきりしゃ。(嗣永桃子、清水佐紀、菅谷梨沙子)
ほとんどアドリブにも思えるやり取りが、ことのほか新鮮に聞こえる。アジアンテイスト極まる桃子の容貌は、確かに「日本の女」に違いない。「日本の母」なら、間違いなくまあさだろうが…。中野サンプラザ34年目に、倍以上と感心する三人。
突如、夢から現実に引き戻された気分だ。。
思い立ったら 吉でっせ!
ゆりちなまあさ(熊井友理奈、徳永千奈美、須藤茉麻)の摩天楼トリオが、おもしろポップな能天気ナンバーにチャレンジ! それでなくとも大柄な三人が、大きな振り付けで豪快に跳ね踊る。サビのがに股、まあさが四股を踏んでいるように見えるのは僕だけか!?
天を突き抜けるかに伸び続ける熊井ちゃんは、まさにスカイスクレイパーであると実感させた。
夏焼雅

夏 Remember you
雅ちゃんの完全ソロは、在りし日のファーストコン「まるごと」を思い起こさせる。月日は流れ、今やトップアイドルグループにおける実力派という位置付けを手に入れた。
落ち着いたステージングと、バラードをものともしない高い歌唱技術。あどけない面影は消えても、少女の成長は、計り知れない輝きを我々に教えているようだ。
青春大通り
光り輝く青春時代へと回帰させる、生きることを謳歌する人生の応援歌。あの全てに希望を描いていた時は、もう記憶の彼方へ遠ざかり、見えなくなってしまった。
達成感に満ち溢れた、少女らの清々しい表情。目に映るのは、険しい道のりを乗り越え、夢と希望、そして栄光を手にした眩いひとつのストーリー。
暗く澱んだ心に光を取り戻すように、届けられた気持ち。
未来へ続く今であれ
Berryz工房

少女がアイドルを夢見る時、憧憬の眼差しを集める、華々しいステージを思い描いたはず。殊更に輝いて見えたのは、可愛さを引き立てる演出であり、渾身のパフォーマンスであり、声援に包まれて昇華する盛り上がりだったろう。

人の心に訴えかけるのに、必要なものは何なのか?
ただ、飾り立てることだけでない、心からの伝えたい思いがある。熱烈な応援をするファンと、それに応えようとすることで生まれるコミュニケーション。アイドル王道がそこにあるならば、決して踏み外さないよう真ん中を歩くべき。
惜しみない声援を送りたいアイドルには、あるがままの美少女でいて欲しいから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »