« 清純派に開かれる道程 | トップページ | たったひと雫のぬくもり »

2007/10/29

まいみぃは赦してくれる

矢島舞美 初恋の淡い想い出は、人の生きる道に彩りを与え、時に心を縛り付けるもの。
きっと、不器用で要領の悪い生き方しか出来はしない。
幼い少女に心の潤いを見い出す背徳感が、いつしかこの身を支配してゆく。頑ななまでに凝り固まった心の裏側には、過去の想い出に縋り、救いを求める切なる願いがひしめいている。

あの遠いセピア色の記憶が蘇る。臆病な僕を引っ張り、優しく包み込んだ初恋の人。もう手の届かない面影は、不明瞭な記憶に埋もれてなお、おぼろげな光を放ち胸を切なくさせる。
今、もう一度逢えたなら、あの時感じた温もりに包まれて、初々しいときめきを思い出せるだろうか。

忘れられない面影は、現代に通ずる永遠のアイドル像と交錯する。
ハロプロ次世代最終兵器℃-uteのリーダー、矢島舞美(まいみぃ)。その柔らかな陽射しを思わせる微笑みは、俯き加減で歩く僕を励ます、かつての初恋の人そのものだったんだ。
(参照:雨に咲いた花

優しさの包容力と、しなやかな肉体美の調和。完成度の高い美少女でもあり、強靭な身体能力有するアスリートでもあり、
ファンへの配慮こと欠かないアイドルでもあるまいみぃ
非常にサバサバした性格で、悩みなどなさそうな天真爛漫さが特徴的。自他共に認める天然キャラが、実年齢より幼い印象を与え、親しみやすい雰囲気を育む。年齢差のあるアイドルユニットとしては、格段の仲良しぶりを見せる℃-uteは、まさにリーダーであるまいみぃの影響が大きかったに違いない。
そのキャラクター社交性体育会気質など、全てにおいて僕と対極を成す存在であるまいみぃに、なぜこうも惹かれるのか? それは、欠落した人間性を捜し求める本能的欲求。初恋の人として刻まれた少女の印象は、常に僕を刺激し続け、知らぬ間に意識下に確かな領域を築いてしまった。
在りし日の少女と生きた軌跡。僕は、モノクロームな記憶と重ね合わせるように、まいみぃを分析する。

プロ意識の肉体表現
例えるなら、よく調教されたサラブレッドのごとく、軽やかに地を駆ける。ハロプロスポーツフェスティバルにおいて、短距離走の主役となった韋駄天まいみぃ
長身細身の流麗さから想像しにくい、卓越した運動能力が光る。圧倒的な脚力で他を寄せ付けない、秀でたアドバンテージを有している。フットサルでのプレッシャーなどからも、才能の片鱗が見てとれる。
自らの肉体をもって、鋭意プロ意識を体現する一方、ファンと接する際の姿勢もまた、見逃せない。真心を込めたもてなしの気持ちを感じ得る、握手の妙。曇りのない笑顔と、正中線を捉える意識の集中が素晴らしい。全身から発する意識の高さは、
まいみぃ独自の表現方法といえるかも知れない。
矢島舞美、嗣永桃子

恐れを知らぬ奔放さ
芸能界への第一歩を記した、映画出演「仔犬ダンの物語」。
この中で、主演の嗣永桃子と反目する役柄を演じたまいみぃ。
劇中では、次第に和解の方向に向かっていくが、これが現実となることはなかった。
幻のユニットZYX結成にあたり、桃子との亀裂は決定的になった。奔放が故に気遣いが足りないまいみぃは、幼さも手伝って、「怪物」のプライドをズタズタに。レッスン中、愛情溢れる
桃子の煮豆弁当を、自分の豪勢な弁当と比べて揶揄するまいみぃ。この後、地獄の蓋を開いたかの惨状を呈したのは、言うまでもない。
千奈美と裏で手を結び、桃子包囲網を敷いたと噂されるが、根拠はない。和解の兆し説もあるが、この二人が仲良く語らうのを見た者は、未だかつて存在しないのだ。
セクシャルなフェロモン
天然キャラで、恋愛と縁のなさそうな風情のまいみぃ。その反面、本人の無意識の内に、濃厚なフェロモンを発し、ファンのみならずメンバーまでも怪しげな領域に引き込むことが、ままあるようだ。
柿の種の食べ方をご指導する名目で、ナッキー(中島早貴)の口に柿の種を大量に流し込むまいみぃ。無邪気に笑いながら、ナッキーを窒息せしめようと企てるサディスティックな振る舞いが、至極淫靡である。
新陳代謝が良好なまいみぃは、ライブで汗ダルマになることしばしば。パフォーマンスに全力を注ぐ姿は、時に艶めかしくも美しく映る。スポーツに興じるかの、爽やかな汗の匂いが大好きな有原栞菜。まいみぃにくっついては、クンカクンカしているらしい!?
先日放送された音楽戦士において、マイマイ(萩原舞)の入浴中にムービー片手に乱入し、児童ポルノ収録を試みたエピソードを披露するまいみぃ。何となく暇だから、幼女の裸体を…という発想。青木さやかならずとも、「変態」なのである。
音楽戦士

新曲「都会っ子 純情」では、女の子の決心を伝える台詞が、印象的な新展開。アップビートでキレのあるダンスと共に、まいみぃを体感するには最適なナンバーといえるかも知れない。

懐かしい風を感じて、ふと空を見上げる。僕の運命を暗示するかの曇天に、どこからか淡い光が紛れ込んで、澱んだマーブル模様に染め上げてゆく。
独りよがりの虚勢で、己の弱さをひた隠す。つまらないプライドを捨て切れず、うわべだけを取り繕う。苦しみから逃れることに固執して、言い訳ずくめの生き方。
少女はその全てを知っていて、再び僕の前に姿を現した。
心の澱みが薄れてゆくように、仰ぎ見る空が語りかけてくる。

煩悩に踊らされ、幸せの感覚を失くして過ぎた日々を。
浅はかで未熟な見識しか持たぬ、ちっぽけな魂を。
ひたすらに癒しを求め続けるだけの、愚かなる人生を。
まいみぃは赦してくれる。

|

« 清純派に開かれる道程 | トップページ | たったひと雫のぬくもり »

コメント

santaさん、こんにちは。
今「ゲキハロ」の真っ最中ですけど
ゲキハロには行かれないんですか?
僕は先日初の握手会(飯田里穂ちゃん)に参加してハロプロのコンサート以外のも楽しいなと思っています。
秋葉原とかのイベント参加したこと無いし、おいも屋のイベントとかも参加したことの無い僕にとってはすごい目新しい世界です。
キュートについてはまだ勉強中なんですけど、何かベリとは違う空気なんですよね。。。それは舞美ちゃんの空気感なんですね。
でも、マイマイは危なかったですね。。。
隠れ舞ファンなんで、ドキドキしましたよぉ。

投稿: 館の主 | 2007/11/07 02:34

間近で見て、触れ合うイベントが好きなのだと、最近になって自覚出来たと思います。
「ゲキハロ」も、コンサートにしても、パフォーマンスそっちのけで、双眼鏡を凝視するのは悲しいですしね。。

一時代を築いたりっぴーの握手会ですか。
何やらスゴイ表紙の写真集。もう、すっかり大人の身体なんですねぇ。
記念すべき初握手会、結構良いものでしょう!?
おいも屋などは、更にゆっくり会話出来る場合もあるので、オススメですよ。

>舞美ちゃんの空気感
先頭きって引っ張るのでなく、助け合いながら力を合わせるのが、まいみぃならではのリーダーシップ。
ベリに先を越された悔しさが、メンバーの絆を強めた感じがします。

投稿: santa | 2007/11/08 23:16

TBどうもです。

℃-uteはベリーズと比べて、やっぱり仲良しの度合いが全然違いますね。
これってsantaさんがおっしゃるとおり、舞美さんの存在が大きいでしょうね。
このリーダーなくして、あの和気藹々とした雰囲気は出ないと思います。

ベリーズはというと、マジメなキャプテンの下、各メンバーが個性をぶつけ合うライバル同士な関係性だと思うんですよね。
もちろん良い意味で。

投稿: ねこぽく | 2007/11/10 23:02

年齢差を感じさせない仲の良さと、凸凹な個性味が℃-uteの最大の魅力。
メンバー全てが、ボケもツッコミもいけるのが強みであり、ユニークですねw

リーダーの影響力は、計り知れないでしょう。
佐紀ちゃんは確かに、意欲溢れる生真面目なタイプで、メンバーの競争意識を煽る存在。
でも、個人的には、足並み揃えてスクラム組む℃-uteの雰囲気が好きです。つまり、リーダーまいみぃに一票を、です。

投稿: santa | 2007/11/11 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/16905966

この記事へのトラックバック一覧です: まいみぃは赦してくれる:

« 清純派に開かれる道程 | トップページ | たったひと雫のぬくもり »