« 記憶が伝える確かな思い | トップページ | 純粋さが教える心の痛み »

2007/09/04

偏見に支配される世界

世間に認知された感のある、ジュニアアイドルというカテゴリー。児童ポルノ規制法施行の影響を受け、悪質な演出を用いた作品が一掃されるはずだったが…その曖昧な解釈から、表現の自由を侵害する誤った方向を導き出そうとしている。
このほど、アマゾンのマーケットプレイス出品者向けブログで、U-15DVDカタログ削除の告知がなされた。これは、児ポ法に抵触する恐れのあるDVDを排除しようとする動きだが、削除該当リストを見る限り、極めて一方的な偏見に基いているのがよく
分かる。

参照リンク
マーケットプレイス掲示板  U-15DVDカタログ削除のお知らせ

これらの中には、「衣服の全部又は一部を着けない」どころか、水着にすらなっていないものも含まれる。
川原真琴の「ためらい」は、純粋なオリジナルドラマで肌の露出は一切ない。(麻亜里の「いざない」も同様) 「チャームキッズ祭り」は、日頃の成果を披露する発表会的イベントを収録したものだ。
水着演出の作品についても、とても吟味しているとは思えない。15歳以下の少女が、芸能活動の一環として水着になるだけで罰せられるなら、明らかに表現の自由をないがしろにすることを意味する。「性欲を興奮させ又は刺激する」基準は、人それぞれで一概に定義することは出来ない。つまり、このリストに挙げられている作品群は、児童ポルノに相当する可能性が全くないものが大部分なのである。(参照:行き過ぎた暴走

恐らくは、15歳以下の年齢表記があるタイトルを無作為に抽出したものと見られる。Tバックを着けて挑発的なポーズを映し、社会的批判を浴びた作品をリストに入れない。なぜか、格闘技団体のDVDがリストにあるなど、非常にいい加減な判断基準でリストを作成し、削除に踏み切ったのは明白である。
アマゾンが、そういった偏見で取り扱いをやめることに、何ら異存はない。ただ重要なのは、何の落ち度もないに拘らず、名前を挙げられたジュニアアイドルの名誉に関わること児童ポルノ呼ばわりすることで、未来ある少女らのアイドルイメージに傷を付けるのは、断じて許されない。そういった意味で、アマゾンの今回の処置は、救い難い悪行だと言わざるを得ない。直ちに、適正な基準でリストを訂正し、謂れなき批判で名誉を傷つけたアイドルに対して謝罪表明をして欲しい。

未成年保護の名目の下に、ますます偏見の度合いを増すジュニアアイドルの世界。規制強化の声が高まる中、盲目的に監視し締め出そうとする、傲慢で頑なな見方が横行する嫌な雰囲気
何が正しく、何がいけないのか見定めることは極めて難しい。それでも、緻密な作業と検証のもとに的確な判断がされなければならない。それを怠れば、悪意に満ちた当て付けと取られても仕方のないこと。
一方的に縛られた見方に支配された時、思い出して欲しい。
幼さが育む純粋さと、少女ならではの可愛さが与えるものは、決して性欲などではなく、人が生きる糧となる癒しと心の潤いなのだと。

|

« 記憶が伝える確かな思い | トップページ | 純粋さが教える心の痛み »

コメント

役所に対して、規制を意識してますよっていう
パフォーマンスなんですね。
規制自体が結構難しい中で、その規制を守らなければならない側は大変だと思います。
まぁ、その中でsantaさんが指摘したように「とりあえず」の規制に入ったのは、かわいそうですね。
僕の働いているパチンコ業界もそうですが、規制緩和とは全く真逆の方向に進んでる。。。
公務員は本当に国民の幸せの為に働いているんだろうか?・・・微妙ぉ。
まぁ法律や規則を作る人は癒しなんて高尚な趣味は無いんでしょうね。
どーせ、小さい頃から勉強ばかりしていて。。。
あ、愚痴ってごめんなさい。

投稿: 館の主 | 2007/09/05 03:17

確かにこれは、パフォーマンスそのものですね。
ただ、規制する立場にあるならば、当然正しい判断基準のもとに取り組まねばなりません。
素人目に見ても、いい加減な今回の措置には、かなりの憤りを感じました。

ジュニアアイドルの世界で本当に規制が必要なのは、ごく一部だと思います。規制緩和とまでいかなくても、十分に検討した上で、規制は必要でしょうね。
Tバックか、それ以上の肌の露出、あからさまなポージング、白水着による擬似下着など、行き過ぎた表現を規制するに止めるべきです。

投稿: santa | 2007/09/06 21:05

現実的な問題として本数が多く、チェック
できないというのと、法律又は第三者機関による
明確な判断基準がないためかも、と思います。
これから先、倫理審査機関を設けて審査される
ようになれば、それに則った規制になるかも
しれません。

解決すべき問題を先送りにして、とりあえず実施
というのは悲しいですが。

投稿: ゅう | 2007/09/08 02:17

U-15の注目度からして、発売本数が多いのは仕方ないですね。
法律の判断基準が曖昧なのも問題ですが、それを後回しにして規制してしまう姿勢が、何より問題です。疑わしいものは排除するという、アマゾンの姿勢には失望しました。

確かに、倫理審査機関のような形で適正な審査が行われるのであれば、より良いでしょうね。

投稿: santa | 2007/09/10 01:23

遅ればせながら、リストを見ました。
いろいろなところで指摘されている通り、あり得ないものまで削除されていますね。

石田未来さんをチェックすると、とんでもなくいい加減な基準であることが良く分かります…。

黒川智花さんも「児童ポルノ呼ばわり」されていると、研音サイドが知っても何のアクションもなしでしょうかね。

投稿: kuma_lya | 2007/09/10 22:43

U-15DVDカタログ削除と言っているのに、16歳や18歳も削除されていることに気づきました(笑)。
ひどすぎですね。

投稿: kuma_lya | 2007/09/11 00:16

あのリストを作った人は、恐らくアイドルの知識が全くないものと思われます。ただ、上から言われて、とりあえず作ったというところでしょう。
石田未来、黒川智花という名前を聞いただけで、過激なものはあり得ないと、少しでもアイドルに通じている人なら分かります。
この件に関して、大々的に報じられているわけではないので、事務所が動くことは今のところなさそうですね。
もし、そうなれば批判が集中するのは目に見えてますが。

>16歳や18歳も削除
現在でなく撮影当時で、ですか!? いい加減にも程がありますね。
これは、タレント、事務所側から批判する声があっても良さそうですねぇ。。

投稿: santa | 2007/09/11 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/16341325

この記事へのトラックバック一覧です: 偏見に支配される世界:

« 記憶が伝える確かな思い | トップページ | 純粋さが教える心の痛み »