« 純粋さが教える心の痛み | トップページ | 一瞬の映像に生きる少女達 »

2007/09/28

新星が輝く新時代

ピュアピュアVol.44 巨人には上原がいなければならず、中日には川上がいなければならぬ。日ハムにはダルビッシュがいなければならず、楽天には田中がいなければならない。
これらを踏まえて、大前提として言っておきたいことがある。

ピュアピュアには、一木有海がいなければならない。
もう一度言おう。
ピュアピュアには、あみーごがいなければならない。

前号のエース不在による大失態を演じたピュアピュアだが、今Vol.44において無事にエース復帰と相成った。
これで一応、ピュア系ジュニアアイドル誌としての面目は保たれたが、前号の物足りなさを記憶に留め、よき教訓として貰いたい。(参照:儚さと純粋さを込めた一投
さて、帰る者あれば去る者もあり。ピュアピュア誌上において、一時代を築いた飯田里穂が遂に卒業を迎える。
思えば、辰巳出版ジュニアアイドル写真集の金字塔を打ちたてた「プール」以来、ピュアピュアの顔であり続けた存在感が揺らぐことはなかった。途中、似合わないセクシー路線に傾きかけた時期もあったが…1st写真集がもたらしたU-15次世代アイドル時代の幕明け幻の美少女ありりんこと中村有沙とのグラビア共演など、印象深い活躍で歴史に名を刻んだ。
去りゆく少女から、若きエースに手渡されるバトンの重み。時代が移り変わる貴重な瞬間を、この目に焼き付けよう。

飯田里穂
幼い頃と変わりない面影に、成熟した肢体。少女期によく見られるアンバランスさは、ある意味、健やかな成長といえるのか。ラストということで、セーラー服肌を露出したキャミと水着で、これまでの集大成的グラビア。綺麗にまとめられているが、僕としてはやはり、「プール」の頃の幼い可愛さに惹かれたのを
よく憶えている。
少女美の一瞬の儚さを教えてくれた彼女に、感謝を込めてありがとう。そして、さようなら。
一木有海
次代を引き継ぐ正真正銘のエース再臨! 待ち望んだ復帰だが…前号で酷評を呼んだ某カメラマンによる撮影が、気にかかる。画質の粗さは改善されているが、意味なく引きの構図が
多い等、無駄な演出が多い気が!? やれやれだ。。
それでも、エースの底力でカメラマンの腕前をカバー。スラリとした成長感が、少女らしい魅力を遺憾なく放出。セーラー服ショートパンツから伸びる細い脚が、これまさに少女の脚線美である。文科系の香り漂う部活トークも、実にらしい感じ。
澱みのない美少女たる存在感。やはり、エース級なのだ。
三好杏依
ドラマや映画、CM出演など、芸歴七年というから驚き。印象に残ったのが、「メリット」CMでの美幼女ぶり。ピュアピュアに載るには幼過ぎる感があるが、相当な美少女に進化する予感をはらむ。
黒髪ロングに端正な顔立ち。他に類を見ないオーラを感じ取れる。反面、グリーンピース嫌い、調味料好き?という子供らしさが、親しみやすく好印象。見守り続けたい逸材といえるだろう。
前田希美
おはガールでお馴染みの子だが、ピチモとしても活躍するモデル風少女。キャンディミント卒業以降、おはスタから遠ざかる僕には、正直知らないことの多い現役おはガの彼女。思ったよりもずっと、素朴で普通っぽい印象を受ける。
制服夏らしい軽装のグラビアに見え隠れする、元気で躍動感ある雰囲気天然疑惑を否定するも、むしろ天然ボケな方がいい味出せそうな!? ウラピュアでロリ服好きとあるが、次回は是非これでグラビア見てみたい。
荒井萌
レギュラーグラビアが板についてきた萌え美少女。最近では、「永谷園ティーカッププードルぬいぐるみキャンペーン」CMで、優しく柔らかな笑顔が話題となっている。
この子の最大の特長が、柔らかな癒しの風情にあるといっていい。少しふっくらとした頬のラインと、クリクリした綺麗な瞳。それでいて、スリムなスタイルが成長期の少女らしさを際立たせる。「ラブベリー」モデルを通して、ギャル系ファッションにも興味津々!? 間違っても、やめた方がいいかと。。
高田里穂
りっぴー去る時、現れた「里穂」の名を持つ新星少女。同じ名前でも、全くタイプの異なる大人っぽい美少女ぶりに驚く。
純正統派ともいうべき、クラシカルな美しさが秀逸。しっとりとした落ち着いた雰囲気が、実年齢より大人びて見せる。
残念ながら、今グラビアでは独自の良さを活かせてはいない。衣装の工夫をし、前髪を作った方がいい。
様々な分野でチャレンジしたいと願う姿勢が、好印象に。注目していきたい。
後藤果萌
ドラマ「こどもの事情」で、橋本甜歌を凌ぐ演技と存在感で魅せた演技派の一人。実は、Vol.23でも掲載されていたが、この時すでに、ミュージカルやCMの話題で豊富な経験を物語っていた。
中学生となり、爽やかな容貌に微かな色香さえ感じる、健やかな成長を見せる。涼しげなワンピに、ドラマのままの制服と、終始明るく爽やかなグラビアが心地良い。
複雑な役柄に反し、元気で意欲に満ちた素顔が素晴らしい。
大ブレイクを期待出来る女の子だといえる。
一木有海

時代が変わる変換点に差し掛かる。確かな足跡を残した少女が、僕らの心に訴えたもの。それは、切り取られた歴史に映し出される、健やかな成長の奇跡
やがて、次世代の美少女の歴史が幕を開ける。一際輝く新星の煌きは、ほんの一瞬に思えても克明に脳裏に刻まれるだろう。
埋め尽くす星空の彼方から、いつでも輝きの尾を引いているのだから。

|

« 純粋さが教える心の痛み | トップページ | 一瞬の映像に生きる少女達 »

コメント

やっぱりそうですよね♪
夏帆ちゃんも里穂ちゃんもいなくなった今
真のエースはみーちゃんですよね。
う~ん、でも今回はイマイチだったような気がしますね。
まず、泳げない・日焼けに弱いみーちゃんには海は似合わないし。。。
もっとインドアなグラビアの方が良かった気が・・・
今回のイチはまえのんでしたね。
正直、「おはスタ」の前に「ピチレモン」か何かの番組でモデルとしての彼女を知っていて、正直萎えていた感じなんですけど、最近の活躍ぶり&グラビアは良かったですね♪
萌ちゃんは優しげな雰囲気が魅力ですね。
でも、今回は新しい子が出てこなかったので。。。ちょっと物足りなかったかも。

投稿: 館の主 | 2007/10/07 21:19

「真の一木有海らしさは、インドアにて」に同意です。
「海」の付く名前にちなんだのは分かりますが、やはり、らしさが出てませんね。湘南ギャルとか、本当蛇足ですよ。
陽の光を避けて、しっとりと。最も味が出るかと思います。表紙を飾ったVol.36など見れば、その点が対照的によく現れてます。

まえのん?前田希美ちゃんですか。
愛嬌溢れる感じが良いですね。印象としては、動きのある映像の方が、持ち味を生かせそうな気が…。
おはガの流れからして、卒業後でないとDVD等のリリースは期待出来ないかも!? 美山加恋も写真集、DVD展開あるようですしね。願わくばです。

確かに、新しい風が欲しいですね。
個人的には、松嶋友貴奈レギュラーグラビアと、ショーボーの森下真依ちゃんなどを強力に推したいです!

投稿: santa | 2007/10/07 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/16599095

この記事へのトラックバック一覧です: 新星が輝く新時代:

» ティーカッププードル [ティーカッププードル]
ティーカッププードルというと、なんだかぬいぐるみのかわいい犬を想像してしまいますが、れっきとした命ある犬です。その名前が示す取り、ティーカップに入るほどの小さいプードルという意味で、ティーカップに収まり前足をちょこんとのせたかわいい写真を見かけたことがあるのではないでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2007/10/16 12:55

« 純粋さが教える心の痛み | トップページ | 一瞬の映像に生きる少女達 »