« 異界に浮かぶ萌ゆる太陽 | トップページ | 偏見に支配される世界 »

2007/08/29

記憶が伝える確かな思い

℃-ute

陽が傾きかけた夕暮れ時の淡い光を、立ち並ぶビルの窓が反射している。どこからか、懐かしい少女の拙い歌声が聴こえてくる。
遠い記憶の彼方から、色褪せた断片を取り出して手の平で弄ぶ。こうして中央線の車窓を眺めるのは、思えば20年ぶりほどになるだろうか。
四月白書」という曲でデビューした、山中すみかのイベント(当時はキャンペーンと呼んだ)に赴いたのを憶えている。
飯田橋ラムラで催されたイベントの記憶は、今でも鮮明に映像とメロディとして刻まれている。
時が過ぎても、心に残るアイドルイベント。それは、奇抜な演出や企画を施したものでなく、思いの深さに依るところが大きいのだろうか。

ハロープロジェクト・キッズの活躍によって触発される、コンサート参戦への漲る欲求。パフォーマンスよりも先に、触れ合う距離感を優先させた僕は、誘惑に駆られながらも、自身の本当に求めたいものを反芻し続ける。
そんな反動もあるのか、コンサート以外のイベントに過度の期待をしがちな僕は、闇雲に参加しようとする傾向があるようだ。
次世代ユニット℃-uteのニューシングル「めぐる恋の季節」PRを目的とした全国行脚、「Cutie Circuit 2007」。
駆け抜けた夏の最後に開催されたのが、「MAGICAL CUTIE 感謝祭」。観客参加型の運動会という、一風変わったイベントである。運動苦手の虚弱体質である僕が競技に参加するはずもないが、メンバーから手渡しのお土産があると聞き、その一点にかけ応援のみの参加を決める。

会場である東京体育館は、千駄ヶ谷駅の目の前にあり、かなり巨大な建物に見える。
開演一時間ほど前に着いた僕は、再入場不可との話を聞き、隅の方に腰を下ろして、思い思いに時間を潰す℃-uteヲタを眺めてみる。意外に普通っぽい人も多い中、カラフルな半被にメンバーの名前を入れた筋金入りも見られる。昔でいう親衛隊というのも、似たような出で立ちだった。
ただ、それらは組織化された集団で、規律も厳しかった。見た目は同じでも、ファンの在り方は随分と様変わりした気がする。

さて、今回のイベント、応援団を北スタンドと南スタンドに分け、それぞれ赤組、白組を応援するというもの。僕は、北スタンドの七列目通路側の席に着く。しかし、思いのほかグラウンドが遠い。双眼鏡がなければ、正直メンバーの表情すら分からない。距離の近さに期待をかけた僕には、少々がっかりする距離感である。
競技の方はというと、ヲタ排除と思われる小学生限定の二人三脚ボーリングのほか、大玉転がし玉入れなど、全七種目。
昨年秋のファンの集い以来となる℃-uteイベントでの僕は、とにかく、愛理まいみぃを双眼鏡で追うのに必死。
競技は、あまり観戦していなかったが…それでも面白かったのは、「サバイばる梅さんが仰天の活躍を見せた、マジカル☆サバイバルリレーという障害物競走。椅子に腰掛けて風船割るところを、なぜか背中で割ろうとしたり、網くぐりを背面でくぐろうとする梅さん。あお向けでもがく姿は、漁獲された未知なる生物といったところ。客席からもツッコミが飛んでいた。
マジカル☆玉入れで惨敗した白組の競技参加者が、メンバーに土下座するシーンも面白い。恐縮するメンバーも土下座で返し、土下座合戦を呈する有り様。それ、どこの水戸黄門??
自分の頭上に玉を投げる愛理も、実にらしかった。
結局、優勢だった白組を、応援合戦で逆転した赤組が逃げ切り勝利。勝敗は別にどうでもいいのだが、悲壮感の似合う愛理と、笑顔の似合うまいみぃという点で、結果オーライか!?
最後に恒例のミニライブへと移行するが、これがまた不慣れな僕にとっては甚だ苦痛に。。 例によって立ち上がり、テンション上げるハロー特有の雰囲気。それはいいのだが、過熱するにつれ強烈なヲタ臭が立ち込める。夏のコンサとか地獄だな‥と、実感するハメに。
余談だが、エッグのメンバーも一部参加していた。ほとんど知らないが、岡井ちゃんの妹である岡井明日菜は、ピュアピュアに掲載されたので知っていた。特筆すべき子はいないが…吉川友という子が、茉麻のようでもあり、在りし日のめーぐるのようでもあり、印象に残っただろうか。
本来の目的であったお土産手渡しでは、赤組の栞菜舞美ナッキーの並びで握手はなし。いつもより流しは緩やかに感じたが、話すことが思いつかず挨拶だけで終了。まいみぃはいつも通り、気持ちの込もった挨拶だったが、手渡してくれた栞菜やナッキーもより丁寧な対応に見えた。L判写真一枚というお土産の中身はともかく、この夏の成長が十分に窺えた。
大本命の愛理と接近出来なかったのが、何より残念ではある。

色褪せた記憶が蘇る刹那、心ならずも郷愁を覚えるアイドルイベントのワンシーン。くっきりと足跡を刻むかのように記憶に留めたとしても、いつの間にか埋もれて消えてゆくひと時の悦楽
どれだけ美少女との愉しい時間を手にしても、それがやがて指の隙間からこぼれ落ちてしまうのを知っている。
僕は、時間と共に、自身の中に眠る大切なものを失っていた。遠い過去に置き忘れた、確かな思いは何だったのか?
アイドルを一途に見つめ続けた、あの日の僕がきっと教えてくれる。そう、信じてる。

|

« 異界に浮かぶ萌ゆる太陽 | トップページ | 偏見に支配される世界 »

コメント

感謝祭参加されたんですね。
僕はまだベリ入門編なので、キュートはまだ勉強中なので何とも。。。
でも、興味はあります・・・
エッグの子も勉強しないとなぁ・・・と思いつつ日々流されて。。。
身近に会えるイベントに多数参加しているsantaさんだと、こういうイベントだと物足りなさを感じるんじゃないんですか?

投稿: 館の主 | 2007/08/29 00:57

℃-uteは、ベリに輪をかけたくらい個性派集団なので、分かりやすいかと思います。
エッグは、正直僕もよく分かりません。ただ、かにょん(福田花音)やゆうかりん(前田憂佳)は、可愛いし何か才能めいたものを感じますねぇ。

ハロー系イベントで身近さを求めるのは、やはり難しいですよね。パシフィックヘブン等、たまに人数を絞ったイベントもありますが…抽選の倍率が高くて厳しいですし。。
まあ、高速でも握手出来れば良し!と、半分諦めてますよ。

投稿: santa | 2007/08/29 21:27

感謝祭参加おつかれさまでした。

握手会ではなく、お土産手渡しですか……なかなか斬新なことやってるんですねえ。
舞美さんの気持ちのこもってる様子は分かりますが、栞菜さんが丁寧な対応だったとはちょっと驚き。

以前、握手会で栞菜さんにスルーされたトラウマがあるので、何とかリベンジしようともくろんでたんですが、Cutie Circuitイベントは見事にハズレ。
下心があると当選しないようです(笑)

投稿: ねこぽく | 2007/09/01 23:15

お土産といっても、写真一枚なら握手出来た方がよかったですね。出来れば全員と。
参加者多かったし、夜遅めだったので仕方ないとは思いますが…。

ファンの間では、握手会での栞菜の評判は芳しくないようで。
スルーとは、あんまりですねw
でもこの日の栞菜は、肩の力が抜けてとても丁寧で好印象でした。着実に成長してるかと。
次の機会には是非、愛理と握手したいと思っております。

投稿: santa | 2007/09/02 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/16272067

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶が伝える確かな思い:

« 異界に浮かぶ萌ゆる太陽 | トップページ | 偏見に支配される世界 »