« 儚さと純粋さを込めた一投 | トップページ | 異界に浮かぶ萌ゆる太陽 »

2007/07/30

歴史に刻まれた少女達 頂点の舞台へ

Berryz工房

たゆまぬ努力と経験値を積み重ねて、登りつめた頂点の舞台。圧倒的なパフォーマンスと、個性味際立つキャラクターの魅力は、まさに現代における正統派アイドルユニットとしての地位を確立させた。
さいたまスーパーアリーナでの単独公演としては、史上最年少記録を樹立したBerryz工房。今や、スキャンダルにまみれたモーニング娘。を、遥かに超えた人気と上昇気運を掴んだといっても過言ではない。
アイドルの歴史に名を刻んだ少女達の原動力は、何といっても、コンサートにおける楽曲の良さ若さ溢れるパフォーマンスに他ならない。頂点を極めた美少女アイドルのコンサートを観ずして、何がアイドルマニアか。Berryz工房を無視して、アイドルを語ることなかれ。
輝かしい感動の舞台を、記憶の中に永遠に。
2007桜満開Berryz工房ライブこの感動は二度とない瞬間である!」DVDで、眩い少女の成長に思いを馳せるのだ。

ジリリ キテル、スッペジェネ
オープニングから、ノリの良いナンバーで桜満開のステージ。
いかにも乙女チックなピンクの衣装で、アクセル全開といった感じ。
大舞台でも手馴れた感があるが、千奈美によると実は緊張していたらしい。執拗に小指ツッコミを受ける桃子だが、メンバーにはどうにも気になる様子。キャプテンは、前髪を久しぶりに作ったらしいが、前髪にかけては桃子の固め具合が強力である。
VERY BEAUTY
名曲の香り漂う、メロディアスな曲調が素晴らしい。唄いやすいのか、各メンバー共に声がよく伸びている。
意外にも、歌やダンス表情の出し方などで苦労したエピソードも。ウインクする梨沙子や、色っぽい?桃子だったりと、曲に入り込んでいるメンバーが垣間見えるようだ。
笑っちゃおうよ、ハピネス
ステージを大きく使った、アリーナならではの360度アピール。センターステージでの観客との距離感、一体感は圧巻なようだ。衣装の左右の角度で、色合いが変わる新しい発見とな!? 細かい工夫が見てとれる。
花道を全力疾走する場面では、至極の桃子走りが堪能出来る。にしても…茉麻の二の腕は、ビリーズブートキャンプか何かか!?
桜→入学式
夜公演限定配布のCDに収録された、完全未発表曲。前向きな旅立ちを表現したかの、春に相応しいナンバー。
ミディアムテンポの割には、大きな振り付けが特徴か。かなり、ステップが難しかったとのこと。エンディングロールにも流れるなど、今ライブを象徴する一曲といっていいかも知れない。
夏焼雅、清水佐紀、嗣永桃子

MC
中学、高校へ新入学となる三人に、茉麻雅ちゃんが心境をインタビュー。早起き登校して余裕の電車通学を志す辺り、実にキャプテンらしい。友達増やして、出会いの輪を広げたい桃子。男友達まで多そうだ。クォーター梨沙子が英語話せないのは、逆に不自然!? 映画テロップなしは、いくら何でも無茶。その前に漢字勉強して欲しい。
日直、ひっぱりだこ
久しぶりの、でっかいダブルユー再来。「ダブルユー」というキーワードは、今や禁句なのか!? ともあれ、成長した二人は、さながらファッションショーのモデルばりのステージ捌き。特に、熊井ちゃんの腰の高さが違う! 発売予定の水着写真集は、一種の芸術作品になる予感。
この大舞台で完全ソロが信じられない桃子。プロ放出の、キモカワイイ笑顔が弾ける。テンションMAXで、折れそうなくらい反る小指にツッコミ集中!
メンバーにとって、桃子はとにかく「小指」らしい。。
熊井友理奈

素肌ピチピチ
リズミカルかつコミカルな曲調が、斬新で楽しい。「平均年齢13.8歳のBerryz工房は、素肌ピチピチ!」と、自ら宣言!? 確かに異存なし。千奈美の表情豊かなアピールは、こんな曲で真価を発揮? 
ファンの集いで初めて聴いたが、確かにライブで盛り上がるには打って付けという印象だった。
ありがとう!おともだち。(VTR)
カラオケBOXのような小部屋で、ミニパーティー!? 設定では一応、雅ちゃんの部屋ということらしい。
ゲームしたり、ケーキ食べたりする素顔が良い。桃子アゲアゲ結びが似合い過ぎていて、高校生なのに最年少に見えるって、どんだけ~っ!? ケーキの苺を楽しみに残していて、千奈美に食べられるって、子供かい!
あいたいけど・・・
胸さわぎスカーレット」のカップリング。青春を謳歌するかの、清々しいラブソングに癒される。
得てして、カップリングには隠れた名曲が多いものだ。オーディオコメンタリーなのに、メンバーも思わず口ずさんでしまうサビの爽やかさは、必聴の価値あり。
友情 純情 oh 青春
ラストを飾ることの多い、ノリノリの超アップテンポナンバー。バズーカ発射の演出効果により、会場のテンションも最高潮に。
桃子の小指はくの字に折れ曲がり、キャプテンの蹴りはミドルのレバーの位置に。千奈美のカメラアピールと、茉麻の前髪破壊を引き出した盛り上がりに、驚愕である!
清水佐紀

MC~エンディング
ピンク一色の会場で、この上ない達成感に満たされる。キャプテンはもとより、熊井ちゃんの涙腺までも緩むセンターステージ。いつになく気丈な桃子のタメが浅いのも、プロらしからぬ
感動にあてられているのか。
熊井ちゃんのあるがままの思い。「二度とない感動の瞬間」。かけがえのないステージとなったはずだ。
Bye Bye またね
追憶の少女、石村舞波のラストステージを飾った、珠玉の名曲。歴史的な舞台のラストに、これ以上にないナンバーである。
ベリをここまで引っ張ったキャプテンの達成感、デビュー初期に苦しんだ梨沙子の過去の日々、笑顔を絶やさないことを教え去った舞波の思い出。全てが昇華され、感動の涙として湧き出してゆく。
桜吹雪舞う舞台に、少女達の輝かしい瞬間が訪れる。
Berryz工房に、惜しみない祝福を。
Berryz工房

特典として、舞台裏の代わりにオーディオコメンタリーを収録。メンバーの率直な感想やレッスン秘話など、興味をそそる試み。昼公演限定の曲「サクラハラクサ」映像特典も加えて、より一層完成度を高めている。

長きに渡るアイドルの歴史に、確かな足跡を残したBerryz工房。このひと時の栄光が終着駅ではないことを、果てしなく駆け登ることをやめない少女らのエネルギーが教えてくれるだろう。
ただひたすらに王道をひた走る一途な眼差しひたむきな努力感謝の気持ち少女の純粋な心が導いた最高のステージは、いつか僕らが夢に見た、アイドルの輝きと感動を届けてくれる。希望に満ちた旅立ちの予感に包まれて。
頂点の舞台は、新たな歴史の始まりを告げる出発点なのだから。

|

« 儚さと純粋さを込めた一投 | トップページ | 異界に浮かぶ萌ゆる太陽 »

コメント

まだ、初心者の領域ですが
僕もベリーズ工房のファンになりました(先日のハロコンより)
本当にキラキラ☆光っていてかわいかったぁ。。。
歌とか振り付けとか覚えて、今度参戦する時は完全燃焼したいですね。

投稿: 館の主 | 2007/07/31 08:00

ほほぅ‥館の主さんも、ベリに目覚められましたかw
夏祭りにも行かれたそうで。やはり、コンサート等の現場で惹かれる方が多いようです。
パフォーマンスは流石!という感じですよね。

個人的には、個性豊かなキャラも面白いかと。
楽曲の良さなども、もちろんオススメですよ。

投稿: santa | 2007/08/01 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/15948859

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史に刻まれた少女達 頂点の舞台へ:

« 儚さと純粋さを込めた一投 | トップページ | 異界に浮かぶ萌ゆる太陽 »