« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/27

少女美のジグソーパズル

嗣永桃子 アイドルの水着の在り方を考える時、個々のイメージを重視した演出を肝に銘ずる必要がある。それは、肌の露出のみならず、水着のチョイスから髪型やシチュエーションに至るまで、細かな配慮を要することになる。
写真集という形でアピールを試みるのは、一般的ではあるが…動画と違い、切り取られた静止画においては、ひと目見た印象でイメージが決定付けられてしまう怖さが、常についてまわる。ここでの間違いは、その完成度に微妙な差異を生じさせる。

ハロープロジェクトにおける水着演出については、ことのほか賛否両論の意見が交わされる。極めて古典的なアイドルアピールでありながら、こうも意見が分かれるのは、甚だ意外に思える。(参照:ありのままの魅力を知る視点
ハロプロ全体で見るならば、イメージを逸脱した、もしくは作り過ぎた作品もあっただろう。しかし、ここ最近話題となっているキッズのソロ写真集、そのどれを取ってみても、独自のイメージを踏襲する、安定感ある完成度を示しているのは疑いないところ。
菅谷梨沙子写真集に始まり、矢島舞美鈴木愛理夏焼雅嗣永桃子と、続発するキッズ写真集リリース。流れから察するに、次は熊井友理奈写真集か!?と思わせたが、どうやら梨沙子の2ndが発売されるらしい。
さて、これらソロ写真集で特徴となるのは、短時間ながらメイキングDVDという映像媒体を添付している点か。普段では、あくまでメンバーの一員として映像に取り込まれるわけだから、ソロでのメイキングとなれば意味合いは全く違ってくる。ここで、どういった色を出せるかが、見所のひとつといえる。
これらメイキングの中で一際輝いたのは、眠れるアイドル魂
嗣永桃子に他ならない。
まさに理想といえるフリフリお姫様風衣装に身を包み、心からの笑顔弾ける桃子。楽しそうにラクロスをする桃子の風情が、何ともまた微笑ましい。一緒に戯れたくなる、楽しい雰囲気満載だ。桃子のプライベートな素顔を、ひたすらに堪能することが出来るソロDVDを、是非とも作って欲しい。
写真集自体も、珠玉の出来映えといっていい。プリンセス・モモのイメージを追求しつつ、かなりガチな水着を取り入れて、新鮮なエッセンスを加味。無邪気な笑顔的を射たイメージ出し惜しみない水着と、三拍子揃った写真集が、良くないはずがないのだ。
ただ、欲を言うなら、髪が伸びていた方がよりイメージに近付けただろうか。それとやはり、高校生が故の身体の成熟ぶりが、お姫様イメージをそれとなく阻害している気も。中学生になって間もなくの時期にリリースしていたなら、真の意味で伝説に残る作品になっただろう。

極めてタイムリーな少女の美しさを写し取ったという点で、℃-ute不思議少女鈴木愛理が挙げられる。
清楚なセーラー服に始まり、メイド風な衣装スリムな肢体に映える水着など、独特な雰囲気で魅了する。桃子写真集ほど明確なコンセプトは感じないが、ありのままの少女に触れるかの清涼感に癒される。
一般的には、桃子写真集が断然評価されることと思うが…飾りのない清純な少女の魅力を求める僕は、あえて、この愛理写真集に高評価を与えたい。
他に、矢島舞美写真集なども、出来は良い。菅谷梨沙子写真集に続いた意外性もあり、大胆な水着が新鮮な驚きをもたらした。
気になるのは、本来大人っぽい舞美が、スクール水着(正確には違う?)やフリル付き水着など、水着の選択を間違えているらしき点。スク水は、桃子や愛理に着せてなんぼであるのは、言うまでもない。
夏焼雅写真集は購入していないが、妖艶な雅ちゃんらしからぬ水着の間違いが、やはり見受けられるようだ。
良く言えば、無難に水着を取り入れた結果なのだろうか!?
鈴木愛理

写真集という切り取られた場面の集合体に、的確かつバランス良く水着演出を盛り込む難しさ。キャラクターに照準を合わせたアピールを目的とするならば、動き躍動する映像で表現するのは、比較的容易いこと。
美しさの一瞬一瞬を手繰り寄せて、繋ぎ合わせていく、アイドル写真集のジグソーパズル。無邪気な笑顔と、爽やかな水着で魅せる美少女の想い出アルバムは、確かなイメージの背景を得て、深く脳裏に刻まれてゆくんだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/22

怪物の一撃 血塗られし桃源郷

嗣永桃子僕は、動けないんだ。
自身が直面する危険を顧みずに進まねばならぬ、片道切符の人生。
朽ち果てた生命力をもって繰り出された僕の右足は、液状化し泥沼化した、お台場の埋立地に沈み込んでゆく。
捕らわれた獲物が放つ、最期の呻きを聞かせよう。我らが崇拝する、あの気高く大いなる魂に。
眠れる怪物が覚醒の時を刻む時、僕の意識は黄泉の彼方へと旅立つだろう。

ももちよ、ももちよ、ももちよ‥
僕の時間を止めたのは、あなたの飽くなきプリティアイドルスピリッツ
眠れるアイドル魂。その未知なる覚醒に導かれたのは、生命と引き換えに挑んだ、弱肉強食が織り成す凄惨な領域。
立ち込める血煙りの彼方から姿を現す、空前絶後のアイドル
モンスター

捧げる下僕の命運は、血に飢えた猛獣への供物となるだろう。
大いなる眠れる魂怪物たる嗣永桃子の血肉となるだろう。

怪物の存在は、空想上の産物でしかない。そう信じて疑わない僕の愚かな思い込みは、やがて内なる成長を遂げ、想像の殻を破り現実世界へ降り立つことになる。
アイドル王道を貫き通す、眠れる怪物との初コンタクト。
Berryz工房ファンの集いにおいて、嗣永桃子(ももち)に接近遭遇を試みる。

ゆりかもめに揺られて、車窓に映る近代的な港の風景。フジテレビの特徴的な外観が近付く。初めて訪れるお台場の洗練された景色は、妄想に心遊ばせる日々を送る、僕の胸を高鳴らせる。
それでも、半信半疑だっただろうか。虚像が具現化するのを、目の当たりにするまでは。
一回目公演。「集合時間厳守」との通達に急かされ、早めにZepp Tokyoに到着。しかしながら、炎天下で待てども、一向に長蛇の列が進む気配なし。睡眠不足と食欲不振に悩む僕は、正直倒れそうな塩梅だ。
20分ほど遅れて入場が始まるも、入念な手荷物検査と書類確認に手間取る。数分に渡り、身分証明の写真と僕の顔を見比べるお兄さん。血色の悪い容貌が不自然なのは、あなた方の不手際のお陰だよ、と言ってあげたい。
ライブハウスである会場は、段差がなく、一階後方はさぞかし視界が悪そう。ここ最近の座席の引きが良い僕は、7列の真ん中辺りと、良席を確保。視界も良好だ。
何やら重たいナレーション(戦争云々)と共に、スクリーンになぜか二式大艇とおぼしき機影!? 確かに、戦火に身を投じるかの高揚感はあるものの、一種のプロパガンダなのか、と。「人生はゲーム」とか無理な結論付けで、要するに人間すごろくをさせたいだけらしい。
ステージ上に現れるベリの面々。まるで、画面に映るメンバーを追うかの非現実感が、未だ拭えない。しかし、ももち独自の
ムチムチ感とクシャクシャ笑顔は健在。ショートパンツの健康的な脚線に、脳天から萌えが噴き出しそうだ!
すごろくのマス目にある指令に従うゲーム内容。りしゃこのセクシーポーズ、雅ちゃんの投げキッス、熊井ちゃんのエアギターなど、見所が続くが…極めつけは何といっても、ももちのスクワット。身体をクネらせながら上下するももちが、特有のフェロモン放出し、桃源郷へご招待。果ては、お母さんと喧嘩する設定で、さとう珠緒ばりの「プンプン!」を披露。双眼鏡で凝視する僕を硬直させた。
恒例のミニライブでは、新曲「告白の噴水広場」の他、4曲ほど。「素肌ピチピチ」は、初めて視聴。集い系のイベントでは、僕のようなDDが多いらしく、極端なヲタ芸や盛り上がりは見られない。終始、眼に焼き付けたい僕には、好都合である。
そして、待ち望んだ怪物との接近遭遇握手会。いきなり、ももちから始まる並び順。ここで、最前ファミリー席らしい幼女が、何とも信じ難いスローな流しを実演する。ももちの笑顔が弾けたのはいいが…直後のヲタ流しが、遅れを取り戻すかの高速化を呈したのには、会場からブーイングである。
その高速化に呑まれたかのごとく、僕の番でも流しが相当に速い。写真集のことなぞ話して、プロのリアクションを期待する思惑が、まんまと外れることに。。
それでも、その瞬間、ももちの体勢は前傾となり、揺るぎない意思を秘めた眼差しが僕を貫く。微かにクネクネするモーションが、僕の視界を小刻みに揺らし、妙にプニプニした手の感触が、いつまでも離すまいと握り続ける。
ももちが掴んで離さないのは、紛れもなく、僕の魂そのものである。
魂を抜かれる愕然とした余韻に浸る僕の鞄を、暴力的に引っ張る力で我に返る。その後の、メンバーとの握手は、断片的にしか憶えていない。千奈美が異常に疲れていて?握手が弱かったのと、ほぼ同じ目線の高さである、熊井ちゃんのニキビが気になったことくらいか。
ほとんど声も掛けられなかった僕だが、確かに体感したのは…研ぎ澄まされた集中力で甘い視線を突き刺し、臓腑を抉り出すかのように魂を喰らう、プロフェッショナルたるアイドルモンスターの痛恨の一撃だったのだ。

あの心を荒らし尽くす、竜巻のごとき破壊力。身体のあらゆる
神経伝達を遮断する、猛獣の鋭い眼光。真紅に染まる視界の向こうから、絶対的な恐怖感が口を開く、この世のものと思えぬ光景
おぞましい惨状が、今、目の前に横たわる。リアルな感触と、血生臭い雰囲気を漂わせて。

ももちよ、ももちよ、ももちよ‥
王道アイドルが招き入れる、夢と現実の狭間とおぼしき悠久の楽園で、甘く切ない感覚に漂い流れるのなら。
この混沌とする世界において、いつしか忘れ去られたアイドルの精神を、その偉大なる影響力をもって知らしめるのなら。
心身を釘付けにする眼差しで、この身傀儡と化し、傷付き出血する肉体と病み疲弊した精神を、自在に弄ぶのなら。
我が人生に悔いはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/15

夢を追う少女の輝き

藍、るいか

アイドルという視点で少女を見る時に、忘れてならないのが、
外見の可愛さをより引き立たせるキャラクターと、感謝の気持ちを表現するサービス精神
例えばそれが、意に反してアイドルを演じているのであれば、その振る舞いから容易に意図を汲み取れてしまうもの。
幼い少女をプロデュースするのに大切なのは、その子に合った方向性を、いち早く見つけてあげること。アイドルと類似した分野で、戸惑いながら役割を演じる子と、自覚を持って真っ直ぐに進む子とでは、明確にボーダーラインが引かれることになる。

チャームキッズの関西進出に、大きな障害となった?と噂される、エンジェルプロダクション(エンプロ)の存在。
大阪を中心として、ジュニアモデルのDVDやCD写真集を販売展開。撮影会などもあるらしいが、モデル事務所らしく、歌やダンスを含めた、アイドルパフォーマンスを磨く試みは行われていない様子だ。
エンプロを語るにあたって、特徴的なのが、比類なき低年齢幼女の容赦ないプロデュースにある。最近話題となっているのが、幼稚園児による水着を用いたDVDの発売。チャームキッズにも、同年代の幼女が在籍しているが、さすがに出版物が商品化されることはない。社会的批判に曝され兼ねない、大胆な試みをやってのける事務所である。
少し前までは、人数こそ多いものの、全体的にモデルの質が低かった印象がある。しかし、ここのところの、大幅な質の高まりには目を見張るものがある。加えて、PDFを用いない、多数の高品位な写真を収録したCD写真集の評価が、僕の中でうなぎ登り。
かくして、エンプロイベント初参加を促したわけである。

エンプロの現エースといって差し支えない、るいかの二人によるおいも屋サイン会。予想通りの盛況ぶりに、期待も高まろうというものだが…僕の求めていた「アイドルらしさ」は、そこに無かったように思える。
淡々粛々と進行するイベントで目に付くのは、少女らの意識の曖昧さを露呈するかの、表現力の欠如。ただ、呼ばれて来て、サインを書いているだけの女の子にしか見えなかった。
いきなり、挨拶もしないまま、サインを書き始める彼女達。
しばし呆然とする僕に、ようやくるいかちゃんが、「名前入れますか?」と、話しかける。名刺を見せる僕に、一言も発せずに黙々とマジックを走らせるるいかちゃん藍ちゃんに至っては、視線を合わせようともしてくれない。
自身が何かを試されているかの違和感を感じつつも、るいかちゃんの素朴な可愛さと、藍ちゃんの信じられないほど大きい瞳に魅了される。改めて、二人の美少女性の潜在力を確認したわけだが、アイドル性の欠落は、如何ともし難いものがあった。
この日、藍ちゃんのバースデイイベントも催されたが、なぜかるいかちゃんがコメントする異例の事態。握手時にも、求められるまでぼんやりとするなど、藍ちゃんのアピール不足が少々目に余った。相当な美少女だけに残念だ。。

なお、心交社のデビュー作がもたらした衝撃が、今だ覚めやらぬ加藤美月(みっちゅ)のサイン会にも参加してみた。
デビューDVD初版思わぬハプニングを引き摺るみっちゅだが、彩文館の新しい作品は、爽やかでかなり良い感じ。幼い容姿でありながら、ゆるやかに美少女度を増してゆく、気になる女の子だ。
エンプロにテンションを挫かれた形の僕には、思いがけないみっちゅの真摯な振る舞いが、ことのほか眩しく映る。挨拶はもとより、受け答えも懇切丁寧に。いわゆる、戸惑いや迷いを滲ませる表情は、一切見せなかった。
テンションの上がり切れない僕は、初対面というのもあり、何も話せなかったのが残念。ただ、伏兵と見ていたみっちゅが、
アイドルたらん大切なものを教えてくれたのは、嬉しい誤算であった。
サイン色紙

幼い少女であればこその、バランスを欠いた危うい風情の魅力。目指すべきがアイドルであったなら、全てに確固たる意識を求められる存在に辿り着くことの、何と険しい道のりか。
足下から続く到達点を意識し、ひたむきに着実に歩む少女の姿に、一際輝きを増す美少女アイドルの真実を見る。
夢を魅せるアイドルが帰着するのは、ひたすらに夢を追う少女の一途な思いなのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007/06/09

ももち論 遠ざかる旭日

嗣永桃子 何も見えない。
黒と赤の色彩がせめぎ合う、戦慄を誘う異様な空間。僕の視界に映るものは全て黒く塗り潰され、時折舞い散る赤が、ぬめりを帯びた感触をいつまでも手の平に残す。
僕は、なぜここにいるのか。これは、現実なのか。
何かにせき立てられるように、走り出す。出口とおぼしき、あの灯し火は、深淵に浮かぶ幽けし太陽であった。
求めるほどに遠くなる、微かな光。手を伸ばした僕の眼前に、轟音と共に、何者かが立ち塞がった!

それは、言葉に出来ない、魂を震撼させる存在。全てを貪り喰い蹂躙する、史上最悪の化け物に遭遇する。
地獄の底に堕ち沈んだ僕の命運は、今、決定付けられた。
デッドエンド。最期に残したのは、不可解な血文字の「ももち
アイドルなど、どこにもいない。黒い陽が昇り、赤い雨が降る、地の果てにそれはいる
心に投げかける、呻きにも似た怪物の咆哮。
大いなる眠れる魂アイドルモンスター嗣永桃子が、欲望の赴くまま、僕の心を喰い尽くす!!

なぜ、この暗闇から抜け出せないのか。それは、自らを極限まで貶め、決して日の目を見ようとしない、嗣永桃子(ももち)のプロたる戦術に帰結するからだ。
ももちは、常に果敢にチャレンジするものの、往々にして散々たる結果を招く。敗北を喫し、打ちひしがれるももちの放つ、妖艶なまでの乙女チックオーラ。見る者全ての視線を集めずにいられない、怪物の強力な誘引力。この時すでに、我々は、ももちに取り込まれて、底知れぬ闇に埋もれることになる。
無謀なリベンジ
昨年末、音楽戦士において、負けると分かっていながら、
なぜ、瞬き対決リベンジに挑んだのか。ももちの鋭い眼光が、この絶好の舞台を見逃すはずもない。青木さやかという、これ以上にない引き立て役を得て、まんまと独り舞台を創り上げるももち。
視聴者は、無意識の内に、この無謀で可愛らしいチャレンジャーに注視する。全て、思惑通り。計算ずくの展開である。
プロたるリアクション
DVDマガジン、イメージランキングで、度々最下位へ追いやられるももち。千奈美の容赦ない口撃(思いやりがない、頭悪い等)を味方につけつつ、いつも以上に嬉々とした表情のももち。巧みに自爆を呈しながらも、注目を集め続ける快進撃。
熊井ちゃんに「足手まとい」呼ばわりされて、いきり立つももち爆弾。「もっとイジメて」と言わんばかりの、リアクション芸。
ダチョウ倶楽部も、ビックリである。
弱点に見せかけた罠
ハロいぱにおいて曝け出す、怪物らしからぬ弱点の数々
ジェットコースターお化け注射など、か弱き乙女の苦手なものを列挙する、ももちの巧みな工作術。果ては、「毒舌」の毒を「孤独」の独と間違えたり、「」と「」で「幸せ」を表現して、自身の国語力の低さをアピール。つまりは、こうだ。
毒を含みつつ孤独の地に身を置き、羊のごとしファンを喰らう幸福感」を、暗に意味している。
ももちの発する言の葉は、我ら贄を引き寄せる罠なのだ。
音楽戦士

暗い闇に澱んだ太陽だけが、僕の影を照らし出す。永久とも思われる暗闇の彼方から、飢えた猛獣の気配が、忍び寄るように近付いてくる。
このまま、夜明けが訪れないならば、闇に埋もれた地の果てで、視力を奪われたまま怪物の餌食となる他はない。
確実に遠ざかる旭日が暗示するもの。それは、逃れられない
血に染まったデスティニー

襲い来る怪物を、ただ呆然と見上げながら、恐怖と絶望に満たされた心で、ひたすらに祈りを繰り返す。
たとえ、我が生命が燃え尽きても、ももちの中で生かせ給え。
猛り狂う、恐るべき怪物の本懐と、その未知なる野望を聞かせ給え。
欲望のままに破壊し殺戮し、幾度の惨劇を経て、手に入れるものを見届けさせ給え。
ももちよ、あなたの血肉となりて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »