« 追い求める魂とその軌跡 | トップページ | 取り戻せない少女の時間 »

2007/05/12

花開く少女の可能性

℃-ute

アイドルを追いかけ生きてきた僕の歩みからして、コンサートに赴くことなく現在に至ったのは、かなり意外に思える。
かつて、Berryz工房のライブDVDに魅了され、参戦を誓った僕だが、いつしか熱が冷めてしまった。
従来からあるアイドルイベントに加え、様々な形で心を引き寄せるアイドルアピールが、世に溢れ出すかのような変化を遂げた、ジュニアアイドルの世界。中でも、おいも屋本舗チャームキッズを代表とする、「生身の少女との身近な距離感」という誘惑が、遥かに勝ったといえるのではないか。つまりは、コンサートで一心同体の盛り上がりに興じるよりも、少女を肌で感じ触れ合う距離の近さを、選択したのだと思う。
当面の間は、映像媒体を通して、コンサートの雰囲気を愉しむことになるだろう。恐らくは、会場に居たとしても、楽曲そっちのけで、双眼鏡を覗くのが関の山。それならば、ライブDVDを購入して観た方が、純粋に愉しめるというものだ。

コンサートでのパフォーマンスに、比類なき高水準を維持する
ハロープロジェクト。次代における最終兵器にも、その遺伝子は受け継がれているのか。興味深いところではある。
様々な困難を乗り越えて、遅ればせながらスタートを切った
ハロプロ最終兵器℃-ute。デビューシングルでは、思いがけず、最高の結果を残した彼女達。その秘めた底力を計るのに、コンサートを見逃すことは出来ない。
デビュー単独コンサート「始まったよ! キューティーショー」DVDで、計り知れない可能性に、思いを馳せるとしよう。

JUMP
栄えあるデビュー曲、「桜チラリ」のカップリング。弾けるノリの良さが、オープニングナンバーには打って付け!
奇数構成のユニットになったことで、必然的に愛理どセンター!? やじうめ最前に配置したステージは、身長バランスからいっても、正解である。
EVERYDAY YEAH! 片想い
ほのぼのとした、いわゆるマイマイナンバー。ミクロなマイマイが、癒しを届けるヒーリング効果は、なかなか侮れない。
キューティーかつ儚げなマイマイ独自のボーカルが、心地良く耳をくすぐる。なぜか、岡井ちゃんの歌声に艶めいた響きを感じるのは、対抗心の表れか??
As ONE
まっさらブルージーンズの影に隠れた、出発点となるはずだった曲。ボーカル推しの愛理をメインにした、歯切れの良いリズミカルな曲調。個人的に、大変気に入っている名曲だ。
伸びやかに澄んだ愛理の歌声に、右脳が引っ張られるかのよう。いつにも増して躍動するまいみぃが、何ともカッコ可愛い。
MC2
汗っかきまいみぃが、すでに汗だるま。コンサというより、競技だよ。大人っぽい梅さんが、「頑張りますわ!」とか、セレブな貴婦人。身長を今だ気にするナッキーは、めーぐるとのバトルを思い起こさせる。
乙女ゴコロは桜色」洒落たこと言うアイリーンが、新たな桃色地獄へと誘う。が、「お鈴」は微妙。。 カレー大好きアリカン‥つんくセンスなし。やけに気合い入ってるマイマイが、ウレシスらしい!?しょこたん萌えである。いきなり、「今日の感想」述べようとする岡井ちゃんが、強引に幕引き?? トチる辺りが、いかにもの岡井少年だ。
キューティーガールズコント
お鈴、チッサー、ハギティによる、取り留めのないカワユスコント。アイリーンが、カレーで、がっかりするのは非日常的。恐らくは、寿司三昧とかだろう。マイマイ、ちっちゃくて可愛いのは必要である。普通に、おいも屋でサインしてそうだし。どさくさに紛れて、明日菜(妹)を売り込むチッサー。抜け目なし。
只ならぬ緩い空気感。結論としては…キューティーガールズ、やっぱりキュート!
キューティーガールズ

SHALL WE LOVE?
幻のユニット、ごまっとうの曲を、異色な組み合わせの4人がカバー。大人っぽい曲調が、やじうめにはピッタリだが…意外にも、ナッキーダンスの切れと、切ない表情にやられる。確変が噂されるナッキーだが、唄い踊る姿には、確かに惹かれるものが。写真だと、それほどでもない不思議な魅力
MC4
ナッキーが、高校生コンビにインタビュー!? ℃-uteのレギュラー番組を夢見る梅さん。これ、極めて正しい方向性
気の早い定期入れ自慢のまいみぃ。客席からの声に、きちんとレスする優しさが嬉しい。ベリMCでも、見られない反応では!? 古い卵処理を画策する栞菜は、「栞菜らず(必ず)」が言いたいだけか?? ナッキーもツッコむよ、そりゃ。。
会えない長い日曜日
チッサー、ハギティ、行きま~す」ガンダムの出撃シーン!? ビグザムに消されるボールであるかの小ささに、ニュータイプのポテンシャルを秘める二人。これ、いっそ、チッサーが男装でもして、マイマイと踊れば良い感じかも。
可能性の塊りである少女らに、ソロモンは堕ちるであろう。
萩原舞、岡井千聖

サヨナラのLOVE SONG
ハロプロ随一のファルセットの使い手、その真骨頂。アイリーンの歌声は、心に訴えるものがある。
才能の結集した少女群最終兵器のメインウェポンは、まさしくアイリーンヴォイス! しみじみ聴かせるバラードに、感動を禁じ得ない。例え、ハロプロが消えても、歌手でやっていけるね、この子は。
VTRコーナー
ナッキーのナレーションが新鮮。真剣なボイスレッスンの愛理と、カミまくりまいみぃは、ガチにリアル
まるごとのスッペジェネに反応してしまうのは、ヲタの習性!?
先輩からのアドバイスは、特典映像にも完全版が。中澤姐さんの有り難い?説教が堪能出来る。
桜チラリ
オリコン初登場5位を記録した、驚異のデビューシングル。花開く少女らの爽やかな始まりを奏でる、珠玉の春色ナンバー
駆け抜ける春風の心地良さに、次世代ユニットの可能性を感じる。事実上のエースであるセンター愛理を、やじうめで挟むステージングは、今後定番になるだろう。
鈴木愛理、有原栞菜

最後の挨拶で、初コンサート成功の万歳三唱。感極まる少女達。地道に粘り強く活動してきた末の、単独コンサート。何だか、こちらまで胸が熱くなった。
初単独としては、満足出来る内容。インタビューや舞台裏を収録した特典映像は、かなり嬉しい。コンサでは異例の握手会という試みは、メンバーの負担はあるものの、良いのではと思う。

新星ひしめき合うジュニアアイドルの世界において、際立つ個性味と高いパフォーマンスで、アイドルユニットの頂点を目指す少女達。その原動力となるのは、確かな経験の蓄積と表舞台への羨望、加えて、教え語られた感謝の気持ちを受け継ぐ遺伝子に他ならない。
混濁した世界に、もうひとつのアイドルの在り方を投げかける。封じられた少女の可能性が、今この時、花開くのだ。

|

« 追い求める魂とその軌跡 | トップページ | 取り戻せない少女の時間 »

コメント

栞菜が言っていた古い卵の処理、こちらの記事を読んで思い出させていただきました。
先日の新人公演に行ってきましたけど、栞菜カッコよかったですよ。

投稿: sleeping maiha | 2007/05/16 02:41


栞菜は、加入当初に比べると、大分ファンアピールがサマになってきた気がします。欠かせない一員になりましたね。

新人公演、今にして行っておきたかったかな、と。
正直、エッグを甘く見てましたが…前田憂佳ちゃんの可愛さとか、福田花音ちゃんのブログとか、かなりスゴイ!
楽しみな存在ですね。

投稿: santa | 2007/05/17 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/15043277

この記事へのトラックバック一覧です: 花開く少女の可能性:

« 追い求める魂とその軌跡 | トップページ | 取り戻せない少女の時間 »