« 塗り替えられる世界 | トップページ | 花開く少女の可能性 »

2007/05/02

追い求める魂とその軌跡

ごく軽い気持ちで始めた、このブログ「癒しを求める小さき魂」。僕にとって、最も自然な形で綴ることの出来る、唯一のテーマは、アイドルでしか有り得なかった。
中学生の頃から、足掛け20年アイドルを見つめ続けてきた半生は、ネットを通じて主張する表現方法に、どれだけの役割を果たしただろうか。今でも、僕には分からない。
ただ、この書き綴る作業は、表現するばかりでなく、自分自身の考えを検証し新しい自分を発見するのに、大きな意味があったように思える。つまりは、自己満足の最たるものと、意識するべきなのだろう。

自己満足に終始する今ブログだが、それでもやはり、少しでも目に留める人がいてくれるのは、素直に嬉しいもの。
ふと、カウンターに目をやれば…ようやく10万アクセスを達成した模様。かなりのスローペースとはいえ、正直言って、これだけ多くの人達に興味を持ってもらえただけで、十分に満足。
見てくれた人達に、謹んで感謝の意を表したい。

さて、この区切りを良い機会に、これまでの歩みを振り返ってみようと思う。僕自身の印象に残る記事を取り上げながら、「いやたま」の歴史を思い返してみたい。
そもそも、このブログのタイトルは、他ならぬ「少女に癒しを求める矮小な魂」である僕自身と、いわば、ジュニアアイドルの「穢れない幼き魂」の意味合いをかけたもの。意味の分からない、堅苦しい響きではあるが、結構気に入っていたりもする。
ブログを始めた当初、最も大きな衝撃を覚えたのが、Fカップ小学生入江紗綾。知っての通りの、「美貌とスタイルを兼ね備えた小学生」の出現には、その反響からも様々な材料を提供してもらったと、今にして思う。
かつてのハリケーン、再び

アイドルを語るのに、避けて通れないのが、ハロープロジェクトという一大勢力。モーニング娘。への興味が薄れかけたこの時期、次世代のキッズに急激に惹かれていったのは、必然だったのかも知れない。
ライブDVDのパフォーマンスに魅せられた、Berryz工房。ほどなくして訪れた別離、追憶の少女石村舞波卒業の模様を収めたDVDレビューが、今も心に残る。個々のメンバーに関する記事も書いたが…中でも最も思い入れがあるのは、何といっても、嗣永桃子を私的妄想で綴った、ももち論。このブログで異彩を放つ、病的なまでの妄想世界が特徴的。
他にも、メジャーデビューに漕ぎ着けた℃-uteの分析。最も気になる不思議少女鈴木愛理のアイドル性に関しても取り上げた。
忘れえぬ日々 追憶の少女
ももち論 神の小指
ももち論 轟く咆哮
ももち論 嗣永プロの野望
ももち論 血の刻印
天翔る夢の翼
バトル・オブ・アイリーン

正統派の雰囲気を持つ美少女に注目するのは、僕のアイドル遍歴からも語られる。永遠の少女たる前田亜季の存在は、
心の灯し火として胸の中に。少女期の永久の面影に、自ら幕を下ろした。
新進女優、長澤まさみのアイドル資質を、嗣永桃子との対比で問いかけた記事。地元栃木の新星美少女小池里奈の出現に、胸ときめかせた記事。写真集集めに奔走した時期を、黒髪たなびく新世紀美少女夏帆の写真集で語った記事なども。
深い印象を残したものとして、心の水面に映る少女こと、川原真琴の透明感ある美しさが挙げられる。その控えめな優しさについては、独自のアイドル論にも取り上げさせてもらった。
永遠の少女 最終幕
少女が鳴らす鐘の音
新星美少女の出現
夢を辿るアルバム
心の水面に映る少女
優しい少女の風に吹かれて

アイドル論といえば、欠かせないのが、水着による表現・演出方法Berryz工房菅谷梨沙子の水着写真集を歓迎する記事では、反対意見もあり議論が紛糾。アイドルの水着の在り方を、考えさせることとなった。
一方で、年齢にそぐわない行き過ぎた水着表現が、ジュニアアイドル界に暗雲をもたらす事態も。偏見による規制強化が、大いに懸念されている。
ありのままの魅力を知る視点
侵される領域
行き過ぎた暴走

地方ローカルを発信源に、地道に活動するアイドルらの、身近な距離感に驚かされた。特に、徳島発のcoco's(コニーズ)が放つ、素朴な可愛さ異界へ誘うオリジナリティに、痛く驚愕した。生み出す発想が、ことさらに異色な、ロコドルならではの
魅力といえるだろう。
異界が放つ、萌えの一撃
萌える魂の慟哭 コニーズ登場!

ジュニアアイドルという範疇で、書き連ねてきた歩み。振り返ってみると、様々な魅力が溶け合う宝箱であったように思う。
少女ならではの、未完成な美しさ。幼いあどけなさと、拙さが育む無垢な心。成長を夢見る、一途な眼差し。心に訴えかける、美少女アイドルの純粋な魅力を、これからも追い求めていくことだろう。
癒しを求める小さき魂」少女の幼き魂が、あなたの癒しとならんことを願いつつ。

不朽の名作を伝える、もうひとつのブログ「アオイソラ 少女の空
ささやかな幸せを与えてくれる、逸品探しの一助となれば。

|

« 塗り替えられる世界 | トップページ | 花開く少女の可能性 »

コメント

10万アクセスおめでとうございます♪

santaさんの文章力は本当にスゴイ☆と思います

僕のブログとは違って、綿密に作られていて本当にスゴイと思います。

これからもがんばってくださいね。。。

投稿: 館の主 | 2007/05/02 03:28


塵も積もれば…と、いうやつですねw
これもひとえに、館の主さんはじめ、見てくれる方々のお陰です。ありがとうございます!

>文章力は本当にスゴイ☆
文章力というよりは、妄想をいかに表現出来るかに執着したといいますか。。いわば、妄想力は、少なからず磨かれた気がしますね。
これからも、マイペースにやっていくつもりです。
どうか宜しくお付き合いください。

投稿: santa | 2007/05/03 23:34

10万アクセスおめでとうございます

キャナァーリ倶楽部とかどうですか
橋口恵莉奈がかわいいかもしれません
チャームでは力をいれていない、歌もよいかもです
http://www.kokuchi-ch.net/movie/UN8FHB7jtK0my7uLuiW5TaJJtp4zhLBv/view.php

投稿: ゅぅ | 2007/05/05 18:18


ゅぅさん、コメントありがとうございます。

キャナァーリ倶楽部というのは、つんくプロデュースの新ユニットのようですね。
正直、全くのノーマークでした。貴重な情報を頂きまして、感謝です。

なかなか可愛い子がいるみたいですね。橋口恵莉奈ちゃん、良い感じです。
これから注目してみたいと思います。

投稿: santa | 2007/05/06 17:47

10万アクセスおめでとうございます。(お祝い、まことに遅ればせながら……orz) 私の所はまだまだ遥か遠くですw>10万アクセス

santaさんはブログの先達としてもアイドルファンの先達としても、参考になる点が多々あります。
これからも楽しみに読ませていただきます。

投稿: オロロン | 2007/05/13 22:29


オロロンさん、ありがとうございます。
まあ、10万アクセスといっても、あくまで目安ですね。
僕にとっては、これまでを振り返るのに、ちょうど良い機会だったわけです。

「アイドルを形作る出発点」という意味でも、ジュニアアイドルからは目が離せないでしょう。もちろん、チャームキッズも然りです。
今後とも、よろしくお願いします。

投稿: santa | 2007/05/14 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/14921806

この記事へのトラックバック一覧です: 追い求める魂とその軌跡:

» 鈴木 愛理 [あたしのおススメNEWS]
鈴木 愛理(すずき あいり、1994年4月12日 - )は、千葉県出身の女性歌手、女性アイドルである。 ℃-uteの一員。 アップフロントエージェンシー所属。 [続きを読む]

受信: 2007/05/02 06:45

« 塗り替えられる世界 | トップページ | 花開く少女の可能性 »