« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/31

世界を一新するエネルギー

渡辺麻友 いつの時代でも旋風を巻き起こした、アイドルグループの圧倒的な存在感
アイドルというジャンルが確立した時代。誰もが羨み憧れたアイドル全盛期を経て、多人数による様々な趣向のアプローチを有する、新たな形態が派生した。
おニャン子クラブを先駆けとしたアイドルグループは、いつしか、多様な個性の相乗効果をもたらすのに、これ以上にない成果を挙げることとなる。以降、東京パフォーマンスドール桜っ子クラブチェキッ娘など、それぞれの持ち味を生かしたプロデュースによる、数多くのグループが生まれては消えていった。
モーニング娘。の躍進によるハロープロジェクトの台頭は、グループアイドルの可能性を拡げ、アイドルの在り方・定義に、革新的な影響を及ぼしたといえる。選りすぐりの、個性味溢れるユニット編成常にメンバーを入れ替え、新鮮な驚きを与える工夫次世代を担う、フレッシュな人材の育成。これらの試みは、現代におけるアイドル的地位を、確固たるものとした。

新しい時代において、アイドル発信基地と呼ぶに相応しい街、秋葉原。「会いに行けるアイドル」をコンセプトに誕生した、AKB48というアイドルグループの新風。秋元康プロデュース、
夏まゆみ振り付けによるライブパフォーマンスで、一躍その名が知られ、秋葉原名物と認知されるまでに至っている。
ジュニアアイドルの幼さに癒される僕には、馴染みの秋葉原といえども、縁の薄かった存在。メンバーの平均年齢は高めで、主に女子高生を中心に編成された形は、往年のおニャン子クラブを意識しているものと思われる。
ドン・キホーテにAKB48劇場はある。いつも素通りする、この場所に訪れることは、かなりの気まぐれか、僕の中で見届けたい何かがあったのだろうか。
当日販売のチケットは、朝から並ぶ必要ありと耳にし、抽選での予約販売にてチケット入手。何やら、最近結成されたばかりの?チームBとやらの公演を観ることになった。
劇場ロビーで、座席抽選という状況に戸惑う。が、どうやら予約分の半券チケットでは、これに参加出来ないらしい。どうにか入場した劇場は、思ったよりこぢんまりとしており、二本の大きな柱が視界を塞ぎ、異様な圧迫感を感じる。
しかしそれよりも、開演前から異常なテンションで騒ぐヲタが、かなり鬱陶しい。物々しい展開を見せつつも、AKB48の新しい面々は、想像を上回るパフォーマンスを見せてくれたようだ。
期待通りの、制服風チェックミニスカートで登場したかと思えば…動物の着ぐるみ浴衣ハワイアンな夏装い等々、バラエティに富んだ衣装が、新鮮で目に心地良い。楽曲もまずまずで、力強いボーカルと躍動感あるダンスも、及第点といったところ。
年齢的にも落ち着きがあるのか、MCも十分なボリュームで、小休止としての役割を果たしている。この日は、母の日というのもあって、母にちなんだテーマでメッセージや質問を交わしていた。なお、サプライズとして、片山陽加バースデイイベントも催された模様。
メンバーは、ほとんど知らないが、最年少の多田愛佳と眼鏡っ娘の仲谷明香は、比較的分かり易かった。主にセンターを務める渡辺麻友が、おっとりしたお嬢様風な雰囲気で、個人的に惹かれただろうか。

普段から、石丸系イベントでの静かさに慣れた僕には、観客が熱狂するテンションに付いていくのは、甚だ至難に思える。AKB48のパフォーマンスには、一見の価値があるが…やはり僕には、幼い少女の成長を静かに見守るのが、性に合っているようだ。

揺るぎなき一大勢力が支配する世界に、新たなアイドルグループが波紋を投げかける。そこに育まれる競争心、際立つ個性、洗練された演出に、世界を一新するエネルギーは秘められているのか。
巧みな戦術でアプローチする、アイドルプロデュースの仕掛け人達。それでも根幹となるのは、いつの時代でも、少女のひたむきな努力と清純な輝きであることに変わりはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/22

取り戻せない少女の時間

篠原愛実僕の立ち止まる時間を、仄かに照らし出す美少女の輝き。瞬く間に過ぎ去る少女期に憂いを覚え、
微かに見え隠れする儚い美しさを追い求めるのが、いわば、僕の生きる道。
成長盛んな少女期にあって、最も顕著なものとして、大人と子供の中間にある、著しい外見的な変貌が挙げられる。急激に身長が伸びることによって、ややもすると危うげにも映る、手足の長いユニセックスな肢体。それに、あどけなさを色濃く残した面影と、無邪気な心を溶け合せた、独特の魅力。
少女の横顔には、かつての幼さへの郷愁夢溢れる将来への希望、その両方が見えてくる。

ほんの僅かな時の中で、幼い少女は、魅惑的な美少女に成長を遂げている。貴重な少女の時の流れを、記憶に留め置く唯一の方法。それは、映像として記録すること。僕が、写真集やDVDに執着を見せるのは、そんな理由からでもある。
事務所の方針云々で、これらの試みをためらうことは、あってはならない。少女の時間は、二度と取り戻せないのだから。

僕が見逃したくない少女を厳選してくれる、ピュアピュアという名の美少女アルバム。Vol.42は、やはり期待通りに、少女美の何たるかを魅せつけてくれたようだ。

篠原愛実
夏帆卒業記念、表紙・巻頭グラビアに替わっての、登場らしい!? 本格的なグラビア掲載は、Vol.28以来だろうか。
幼かったつぐも、今や天てれ卒業し、立派なお姉さん。年下の子らとの共演で、より洗練されたお姉さん風な雰囲気を、身に付けた模様。セーラー服デニムミニスカと、等身大な優しい
つぐらしさ
。ただ、デコ出しはイマイチだろうか。
ピチモ流入の流れが止まらないのか、つぐまでも。さやりぃは、天てれ勢と相性抜群!? 警察官や自衛官にも憧れる一面。ニューナンブや64式を、ぶっ放すつぐも見てみたいかも…。
一木有海
天性の乙女ちっくと、あどけない可愛さで、僕の心を萌やし続けるあみーご。恐らくは、今この時、少女美絶頂期にあると思われ。
セーラー夏服で団子を頬張る無邪気ショートパンツ美脚シーソー乙女ちっくピンクワンピで柔らかスマイル。って…
僕を萌え殺す気かっ!!
ランドセルで肩がこるか弱さ場の空気で将来の夢控える謙虚さ先輩にビクついて目立たない配慮する地味さ。って…
僕の心を虜にする気かっ!!
頼むから、写真集かDVDを今すぐ出してくれ。我が身、萌え尽きて、廃人と化すその前に。
伊藤夏帆
大人しげで儚げな魅力」という点で、際立つ少女。今回は意外にも、肌の露出多めのテニスウェアを初披露。
折れそうな細さと、スラリとした手足が、まさに成長期の少女の美しさを物語る。強いて言えば、スコートの方が、彼女のイメージにはより近かったかも。中学生風なグレーの制服も、可憐な雰囲気によくマッチ。
小学校にも修学旅行あるのか?と、疑問抱きつつも、様々な小学校エピソードに興味引かれる。学校でいつも泣いてる幼き日々が、目に浮かぶようだ。
荒井萌
新キッズ・ウォー」経て、小学生限定ムックSho→Boh vol.5
表紙で、鮮烈な印象を与えた美少女。僕の知る限りでは、小池里奈に次ぐ「少女らしい急成長」を果たした、注目すべき逸材。
ショートカットに、クリクリした澄んだ瞳。前述した通りの、華奢で手足の長い細身のスタイル。小動物的な幼い愛らしさと、危うい少女の魅力が、見事に共存している。モノトーングラビアを、ものともしない存在感を感じ得る。
特に、53ページの優しげな微笑みに、痛く心惹かれた。生まれたて美少女の、柔らか癒しスマイルに、萌え死ね。
松井さやか
やはり、セーラー夏服がこれ以上にない正統派美少女である、我らがさやりぃ。ピチレとは全く違った、自然な素顔を見せてくれるのが嬉しい。透き通るようなキャミ美肌美脚のショートパンツで、さり気ないセクシーも絶妙なスパイスに。
これはやっぱり、水着を是非とも…と、思っていたら、ピチレで水着撮影の話題が。ピチレで、かいっ!! しかしながら、
水着撮影抵抗ないとなると、写真集等の期待が高まる。一方、ブログの話が弾んでいるが、女の子コメント率が高いので注意。
岡本杏理
初登場したVol.32の、小さいながらのスリムな印象から、急成長する予感はしていた。わずか一年半で、10センチ以上身長が伸び、その美しさには既に「女性」を感じさせる。驚くべき変貌である。
衣装に関わりなく、麗しい清楚なオーラが満ち溢れる美少女ぶり。インタビューからも、非常に真摯な姿勢が見てとれる。
ただ、「美少女は、身長160センチ以下が理想的」を持論とする僕からすると、これ以上大きくなっては欲しくないところ。ベリの熊井ちゃんほどになってしまうと、少々引いてしまうのだ。
鮎川穂乃果
かつて、小学生初のアダルト誌グラビア掲載で話題となった、曰く付き少女。あくまで、純粋なイメージを重んじるピュアピュアへの掲載は、あまり歓迎出来る心情ではない。とはいえ、インタビューを見る限り、漫画やアニメを愛する、等身大の小学生そのもの。アダルト誌掲載による、イメージダウンを想像出来ないとすれば、それは確かに「幼児」だからに相違ない。
丸顔故に、肉付きよく見えてしまうスタイルは、理想に程遠い。いい意味で期待を裏切ってくれれば、化けるだろうか!?
一木有海

時が過ぎ、振り返る、ただ懐かしい思い出。たったそれだけで、本当の少女の美しさを、記憶の中に留めることが出来るのか。僕は、問いかけ続ける。
少女らしく、はにかんだ笑顔のフォトグラフ。
そこにあるのは、生命力に満ちた美少女の記憶とリンクする、永遠の美しさと切ない想いなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/05/12

花開く少女の可能性

℃-ute

アイドルを追いかけ生きてきた僕の歩みからして、コンサートに赴くことなく現在に至ったのは、かなり意外に思える。
かつて、Berryz工房のライブDVDに魅了され、参戦を誓った僕だが、いつしか熱が冷めてしまった。
従来からあるアイドルイベントに加え、様々な形で心を引き寄せるアイドルアピールが、世に溢れ出すかのような変化を遂げた、ジュニアアイドルの世界。中でも、おいも屋本舗チャームキッズを代表とする、「生身の少女との身近な距離感」という誘惑が、遥かに勝ったといえるのではないか。つまりは、コンサートで一心同体の盛り上がりに興じるよりも、少女を肌で感じ触れ合う距離の近さを、選択したのだと思う。
当面の間は、映像媒体を通して、コンサートの雰囲気を愉しむことになるだろう。恐らくは、会場に居たとしても、楽曲そっちのけで、双眼鏡を覗くのが関の山。それならば、ライブDVDを購入して観た方が、純粋に愉しめるというものだ。

コンサートでのパフォーマンスに、比類なき高水準を維持する
ハロープロジェクト。次代における最終兵器にも、その遺伝子は受け継がれているのか。興味深いところではある。
様々な困難を乗り越えて、遅ればせながらスタートを切った
ハロプロ最終兵器℃-ute。デビューシングルでは、思いがけず、最高の結果を残した彼女達。その秘めた底力を計るのに、コンサートを見逃すことは出来ない。
デビュー単独コンサート「始まったよ! キューティーショー」DVDで、計り知れない可能性に、思いを馳せるとしよう。

JUMP
栄えあるデビュー曲、「桜チラリ」のカップリング。弾けるノリの良さが、オープニングナンバーには打って付け!
奇数構成のユニットになったことで、必然的に愛理どセンター!? やじうめ最前に配置したステージは、身長バランスからいっても、正解である。
EVERYDAY YEAH! 片想い
ほのぼのとした、いわゆるマイマイナンバー。ミクロなマイマイが、癒しを届けるヒーリング効果は、なかなか侮れない。
キューティーかつ儚げなマイマイ独自のボーカルが、心地良く耳をくすぐる。なぜか、岡井ちゃんの歌声に艶めいた響きを感じるのは、対抗心の表れか??
As ONE
まっさらブルージーンズの影に隠れた、出発点となるはずだった曲。ボーカル推しの愛理をメインにした、歯切れの良いリズミカルな曲調。個人的に、大変気に入っている名曲だ。
伸びやかに澄んだ愛理の歌声に、右脳が引っ張られるかのよう。いつにも増して躍動するまいみぃが、何ともカッコ可愛い。
MC2
汗っかきまいみぃが、すでに汗だるま。コンサというより、競技だよ。大人っぽい梅さんが、「頑張りますわ!」とか、セレブな貴婦人。身長を今だ気にするナッキーは、めーぐるとのバトルを思い起こさせる。
乙女ゴコロは桜色」洒落たこと言うアイリーンが、新たな桃色地獄へと誘う。が、「お鈴」は微妙。。 カレー大好きアリカン‥つんくセンスなし。やけに気合い入ってるマイマイが、ウレシスらしい!?しょこたん萌えである。いきなり、「今日の感想」述べようとする岡井ちゃんが、強引に幕引き?? トチる辺りが、いかにもの岡井少年だ。
キューティーガールズコント
お鈴、チッサー、ハギティによる、取り留めのないカワユスコント。アイリーンが、カレーで、がっかりするのは非日常的。恐らくは、寿司三昧とかだろう。マイマイ、ちっちゃくて可愛いのは必要である。普通に、おいも屋でサインしてそうだし。どさくさに紛れて、明日菜(妹)を売り込むチッサー。抜け目なし。
只ならぬ緩い空気感。結論としては…キューティーガールズ、やっぱりキュート!
キューティーガールズ

SHALL WE LOVE?
幻のユニット、ごまっとうの曲を、異色な組み合わせの4人がカバー。大人っぽい曲調が、やじうめにはピッタリだが…意外にも、ナッキーダンスの切れと、切ない表情にやられる。確変が噂されるナッキーだが、唄い踊る姿には、確かに惹かれるものが。写真だと、それほどでもない不思議な魅力
MC4
ナッキーが、高校生コンビにインタビュー!? ℃-uteのレギュラー番組を夢見る梅さん。これ、極めて正しい方向性
気の早い定期入れ自慢のまいみぃ。客席からの声に、きちんとレスする優しさが嬉しい。ベリMCでも、見られない反応では!? 古い卵処理を画策する栞菜は、「栞菜らず(必ず)」が言いたいだけか?? ナッキーもツッコむよ、そりゃ。。
会えない長い日曜日
チッサー、ハギティ、行きま~す」ガンダムの出撃シーン!? ビグザムに消されるボールであるかの小ささに、ニュータイプのポテンシャルを秘める二人。これ、いっそ、チッサーが男装でもして、マイマイと踊れば良い感じかも。
可能性の塊りである少女らに、ソロモンは堕ちるであろう。
萩原舞、岡井千聖

サヨナラのLOVE SONG
ハロプロ随一のファルセットの使い手、その真骨頂。アイリーンの歌声は、心に訴えるものがある。
才能の結集した少女群最終兵器のメインウェポンは、まさしくアイリーンヴォイス! しみじみ聴かせるバラードに、感動を禁じ得ない。例え、ハロプロが消えても、歌手でやっていけるね、この子は。
VTRコーナー
ナッキーのナレーションが新鮮。真剣なボイスレッスンの愛理と、カミまくりまいみぃは、ガチにリアル
まるごとのスッペジェネに反応してしまうのは、ヲタの習性!?
先輩からのアドバイスは、特典映像にも完全版が。中澤姐さんの有り難い?説教が堪能出来る。
桜チラリ
オリコン初登場5位を記録した、驚異のデビューシングル。花開く少女らの爽やかな始まりを奏でる、珠玉の春色ナンバー
駆け抜ける春風の心地良さに、次世代ユニットの可能性を感じる。事実上のエースであるセンター愛理を、やじうめで挟むステージングは、今後定番になるだろう。
鈴木愛理、有原栞菜

最後の挨拶で、初コンサート成功の万歳三唱。感極まる少女達。地道に粘り強く活動してきた末の、単独コンサート。何だか、こちらまで胸が熱くなった。
初単独としては、満足出来る内容。インタビューや舞台裏を収録した特典映像は、かなり嬉しい。コンサでは異例の握手会という試みは、メンバーの負担はあるものの、良いのではと思う。

新星ひしめき合うジュニアアイドルの世界において、際立つ個性味と高いパフォーマンスで、アイドルユニットの頂点を目指す少女達。その原動力となるのは、確かな経験の蓄積と表舞台への羨望、加えて、教え語られた感謝の気持ちを受け継ぐ遺伝子に他ならない。
混濁した世界に、もうひとつのアイドルの在り方を投げかける。封じられた少女の可能性が、今この時、花開くのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/02

追い求める魂とその軌跡

ごく軽い気持ちで始めた、このブログ「癒しを求める小さき魂」。僕にとって、最も自然な形で綴ることの出来る、唯一のテーマは、アイドルでしか有り得なかった。
中学生の頃から、足掛け20年アイドルを見つめ続けてきた半生は、ネットを通じて主張する表現方法に、どれだけの役割を果たしただろうか。今でも、僕には分からない。
ただ、この書き綴る作業は、表現するばかりでなく、自分自身の考えを検証し新しい自分を発見するのに、大きな意味があったように思える。つまりは、自己満足の最たるものと、意識するべきなのだろう。

自己満足に終始する今ブログだが、それでもやはり、少しでも目に留める人がいてくれるのは、素直に嬉しいもの。
ふと、カウンターに目をやれば…ようやく10万アクセスを達成した模様。かなりのスローペースとはいえ、正直言って、これだけ多くの人達に興味を持ってもらえただけで、十分に満足。
見てくれた人達に、謹んで感謝の意を表したい。

さて、この区切りを良い機会に、これまでの歩みを振り返ってみようと思う。僕自身の印象に残る記事を取り上げながら、「いやたま」の歴史を思い返してみたい。
そもそも、このブログのタイトルは、他ならぬ「少女に癒しを求める矮小な魂」である僕自身と、いわば、ジュニアアイドルの「穢れない幼き魂」の意味合いをかけたもの。意味の分からない、堅苦しい響きではあるが、結構気に入っていたりもする。
ブログを始めた当初、最も大きな衝撃を覚えたのが、Fカップ小学生入江紗綾。知っての通りの、「美貌とスタイルを兼ね備えた小学生」の出現には、その反響からも様々な材料を提供してもらったと、今にして思う。
かつてのハリケーン、再び

アイドルを語るのに、避けて通れないのが、ハロープロジェクトという一大勢力。モーニング娘。への興味が薄れかけたこの時期、次世代のキッズに急激に惹かれていったのは、必然だったのかも知れない。
ライブDVDのパフォーマンスに魅せられた、Berryz工房。ほどなくして訪れた別離、追憶の少女石村舞波卒業の模様を収めたDVDレビューが、今も心に残る。個々のメンバーに関する記事も書いたが…中でも最も思い入れがあるのは、何といっても、嗣永桃子を私的妄想で綴った、ももち論。このブログで異彩を放つ、病的なまでの妄想世界が特徴的。
他にも、メジャーデビューに漕ぎ着けた℃-uteの分析。最も気になる不思議少女鈴木愛理のアイドル性に関しても取り上げた。
忘れえぬ日々 追憶の少女
ももち論 神の小指
ももち論 轟く咆哮
ももち論 嗣永プロの野望
ももち論 血の刻印
天翔る夢の翼
バトル・オブ・アイリーン

正統派の雰囲気を持つ美少女に注目するのは、僕のアイドル遍歴からも語られる。永遠の少女たる前田亜季の存在は、
心の灯し火として胸の中に。少女期の永久の面影に、自ら幕を下ろした。
新進女優、長澤まさみのアイドル資質を、嗣永桃子との対比で問いかけた記事。地元栃木の新星美少女小池里奈の出現に、胸ときめかせた記事。写真集集めに奔走した時期を、黒髪たなびく新世紀美少女夏帆の写真集で語った記事なども。
深い印象を残したものとして、心の水面に映る少女こと、川原真琴の透明感ある美しさが挙げられる。その控えめな優しさについては、独自のアイドル論にも取り上げさせてもらった。
永遠の少女 最終幕
少女が鳴らす鐘の音
新星美少女の出現
夢を辿るアルバム
心の水面に映る少女
優しい少女の風に吹かれて

アイドル論といえば、欠かせないのが、水着による表現・演出方法Berryz工房菅谷梨沙子の水着写真集を歓迎する記事では、反対意見もあり議論が紛糾。アイドルの水着の在り方を、考えさせることとなった。
一方で、年齢にそぐわない行き過ぎた水着表現が、ジュニアアイドル界に暗雲をもたらす事態も。偏見による規制強化が、大いに懸念されている。
ありのままの魅力を知る視点
侵される領域
行き過ぎた暴走

地方ローカルを発信源に、地道に活動するアイドルらの、身近な距離感に驚かされた。特に、徳島発のcoco's(コニーズ)が放つ、素朴な可愛さ異界へ誘うオリジナリティに、痛く驚愕した。生み出す発想が、ことさらに異色な、ロコドルならではの
魅力といえるだろう。
異界が放つ、萌えの一撃
萌える魂の慟哭 コニーズ登場!

ジュニアアイドルという範疇で、書き連ねてきた歩み。振り返ってみると、様々な魅力が溶け合う宝箱であったように思う。
少女ならではの、未完成な美しさ。幼いあどけなさと、拙さが育む無垢な心。成長を夢見る、一途な眼差し。心に訴えかける、美少女アイドルの純粋な魅力を、これからも追い求めていくことだろう。
癒しを求める小さき魂」少女の幼き魂が、あなたの癒しとならんことを願いつつ。

不朽の名作を伝える、もうひとつのブログ「アオイソラ 少女の空
ささやかな幸せを与えてくれる、逸品探しの一助となれば。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »