« 交錯するフィールド | トップページ | 塗り替えられる世界 »

2007/04/08

嘘という名の裏切り

細分化されることで、本来の姿が見えにくくなる現在のアイドル像。何かを許し、見過ごすことで、より曖昧さを増してゆく危機的状況は変えられないのか。
時代が変わっても、決して見失ってはならない根幹の部分。
それは、命綱であるイメージを大切にするよりもなお、優先されるべき重要なもの。ファンを大切に思い、どこまでも誠実であることが、絶対に譲れぬ大前提。

数あるスキャンダルに見舞われ、汚点を残してきたハロープロジェクト。若い世代に支えられて、勢いを取り戻しつつある今、大きな痛手となる出来事が…。
ご存知の通り、加護亜依の再度の喫煙による契約解除(事実上の解雇)。謹慎中でありながらの、無自覚な振る舞いには少々驚いた。それ以上に衝撃を覚えるのは、彼女がいとも簡単に、ファンに対して偽りの意識を持っていたこと。
もし、これがスクープされなかったならば…彼女は再度の喫煙も、年上男性との交際も全て偽り、いかにも真摯に反省したかのように見せかけ復帰を果たしたことだろう。
以前のフライデー独占取材において、心から反省した上で自分を見つめ直し、事務所の仕事に取り組んでいたあの姿勢。少しほっそりとしたその姿は、心に訴えるものがあった。僕は、ただ一度の過ちを、皆が許してくれると確信していた。
嘘で塗り固めるようにして、彼女は全てを裏切ろうとした。本当のファンなればこそ、彼女を信じる者は、もう誰もいない。アイドルとは違う分野で、復帰を望む声もあるようだが、個人的にはこのまま消えてもらいたい。
アイドルの世界を汚された、この屈辱的な不快感。彼女を推していたファンの憤りは、なおさらだろう。

古くから当たり前のように流説される、アイドルの年齢詐称疑惑。実際に暴露されるケースも多々あるが、その度に言い様のない不快感に見舞われる。
事務所等のしがらみの多いジュニアアイドルの世界。一見、年齢詐称が横行しそうに思えるが…保護者や学校関係の監視する目もあるせいなのか、あからさまな疑惑は一切存在しない。しかし、成人後のグラビアアイドルなどでは、極めて不自然に疑問視された末に、露呈する現状が根強くあるようだ。
最近の例としては、グラドル夏川純の騒動が挙げられる。週刊誌などで報じられた疑惑を、テレビのレギュラー番組で頑なに否定した挙げ句に、結果ウェブ上で事実を認めるという顚末。
まさに、嘘の上塗りで逃れようとした悪しき典型。正直言って、呆れるよりも哀しい虚しさが募る。
年齢を偽るということは、自身の誕生日を祝福してくれる、ファンの尊い善意を裏切ることを意味する。つまり、彼女の場合、デビュー以来毎年ファンを偽り続けたことになる。イメージ戦略の一環だとしても、これは許されることでは有り得ない。
年齢詐称は誰でもやっている」「年齢の割に若く見えるからいいじゃないか」といった意見もあるが、言うまでもなく論外である。大事なのは、アイドルは決してファンを失望させてはならないということ。ましてや、自身の勝手な都合で、ファンの気持ちを踏みにじる行為を、断じて許してはならない。
嘘をつくアイドルは、芸能界を永久に追放される」くらいの、
厳しい風潮があってもいい。それだけの期待と熱い想いを背負って存在するのが、本来のアイドルの姿なのだと信じる。嘘がまかり通る、見せかけのアイドル像など要らないのだ。

混在する世界の中で、忘れられてゆく誠実な心。人の気持ちを裏切ることに何の抵抗も感じない、漠然とした意識に支配された空虚な精神。人としての心を失ったまま、誰かに夢を魅せることなど出来はしない。
どこまでも真っ直ぐに、どこまでも正直に、拙いながらも諦めることなく努力する姿。僕らの気持ちに一途に答えようとするアイドルだけが、本当のエネルギーを与えてくれる。
真実に照らされた思いは、きっと心に響くのだ。

|

« 交錯するフィールド | トップページ | 塗り替えられる世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/14597913

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘という名の裏切り:

» 夏川純 年齢 [夏川純 年齢]
夏川純の年齢疑惑について語ったサイトです。彼女の年齢詐欺について興味のある方はぜひご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2007/04/08 08:23

« 交錯するフィールド | トップページ | 塗り替えられる世界 »