« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/31

雅ちゃんの甘い誘惑

夏焼雅

「雅ちゃん、やめてよ‥。雅ちゃん、もうやめてよ‥」
気だるさを帯びたまどろみの底から聞こえてくるのは、僕自身の絞り出すような呻き声。微かに蔑んだ表情を浮かべながらも、大きな瞳は捕らえた獲物を逃がすまいと、僕の身体を釘付けにする。
おもむろに近付いた雅ちゃんは、転がる物質の可否を見極めるかのように、ヒールの爪先で軽く打撃を加える。横腹を突つかれ続ける僕は、鈍痛を覚えながらも、地べたを這いずり廻り
哀願するしかない。
「雅ちゃん、やめてよ‥。雅ちゃん、もうやめてよ‥」
次第に息遣いが荒くなる雅ちゃんの加える打突は、より一層
激しさを増す。ついには顔面を捉える一撃で、僕の視界は醜く歪み、激しい出血により真紅に染まってゆく。
のたうち廻る苦悶の中にあっても…艶めいた色気に満ちた、
なまめかしくも美しい大人びた少女
に魅入られてゆくのが分かる。
僕の出血が止まらないのは、激しく高鳴る鼓動が際限なく血液を送り出すからに他ならない…。

全身が気持ちの悪い汗に濡れている。寝床から身を起こした僕は頭を抱えて、しばらく動くことすら出来ない。
雅ちゃんは、僕を虐めているんじゃない。えもいわれぬ妖しく甘い誘惑で、僕を殺そうとしているんだ!!

Berryz工房の中でも、僕の最も苦手なタイプ夏焼雅雅ちゃん)である。
貪欲なまでのアイドルアピールでプロと揶揄される嗣永桃子、リーダーシップとパフォーマンスを両立させた頼れるキャプテン清水佐紀、天真爛漫な元気さが取り柄のスマイリスト徳永千奈美、クールビューティーにして幼い無邪気が意外な熊井友理奈、メンバーを包容する欠かせない母性溢れる須藤茉麻、欧風美少女ぶりが絵になるほどアフォカワユイ菅谷梨沙子
そして、夏焼雅を最も特徴付けるのは言うまでもなく…年齢に見合わない大人っぽい容貌から放たれる、むせ返るほどの色香である。
元来、あどけない少女らしい魅力を好む僕にとって、ベリにおける雅ちゃんの存在自体が、常に強い刺激を伴うこととなる。他メンバーにはない大人びた色気を有する雅ちゃんは、ある意味において特別な恐るべき存在感を醸し出す。僕は、触れてはならないものに近付き、恐れおののきながらも、その魅力の核心を探ろうと試みる。

二面性のある優等生
デビュー当初から現在に至るまで、優れた歌唱力と際立つ大人っぽさで、エースの位置付けを欲しいままにした雅ちゃん。常に期待に応える活躍を見せ、危なげのない優等生ぶりを発揮。ただそれとは別に、複雑な相反する面を心に抱えているように思える。
DVDなどでよく見られる、朗らかにハシャぐ雅ちゃん。かと思えば…ラジオなどでは、あまり喋らず大人しい一面も。他メンも認めているが、つまり躁鬱のギャップが激しいのだ。更に言うなら、匂いたつ色気溢れる外見と裏腹に、人一倍シャイな面
垣間見える。雑誌の水着グラビアも、なぜかエッチに映るらしい!? 付け加えると、ファンの間で話題に上るぺったんこな胸も、顔立ちに比してギャップである(失礼)。
みやさき愛の絆
ベリにおいて、愛憎渦巻く昼ドラ的展開を呈したのが、キャプテンとの強い結び付き。愛玩動物に対するそれであったりしゃことの関係に比べて、親友かそれ以上の?愛情をもって確固たる同盟関係を築き上げた。一時は、キャプりしゃの関係が冷戦に突入するなど、切迫した事態に陥るが…現在では、ほぼ和解に至っている。
一部、「悪の枢軸」と謳われ、元メン石村舞波を組織的に疎外したと噂されるが、それはないであろう。舞波は、いわばおねえさんズ寄りで親キャプテン派に属する。雅ちゃんとの関係は、
微妙過ぎて今となっては窺い知れないが…。
怪物を研究対象に
アイドル性を放出する怪物嗣永桃子を興味深く観察し、鋭くツッコむ雅ちゃんは有名。デビュー当時から共に切磋琢磨してきたダブルエースとして、互いに無視出来ない間柄。最近は桃子に人気を譲りつつある雅ちゃんだが、自身とかけ離れたプリティな要素を、毛嫌いしつつも目が離せないといった感じ。
確かに、桃子の小指や立ち振る舞いは、雅ちゃんにとって極めて異質で、研究材料にはもってこいだろう。桃子走りを模倣する雅ちゃんは、やけに楽しげにも見える!?
みやさきと桃子

危険なまでの大人びた美貌の内に秘められた、複雑な愛と両極端な人格のハーモニー。妖しく艶めいた色香の源泉。それは、掴もうとするほど絡みつき、より深部に取り込まんとする
内面の奥深さにあるのだろうか。
悪夢の只中にあって、暴虐の限りを尽くす雅ちゃんは、清々しいまでの美しさに満ちてゆく。僕が身体に感じるのは、鋭く尖った形を成し出血を伴う愛情表現。妖しくも甘い誘惑を抗うことも出来ずに、僕の心は千千に引き裂かれるのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/01/17

天使が唱える癒しの魔法

一木有海 年が明けてからというもの、殺伐としたニュースばかりが流される。身内をバラバラに切り刻む心理は窺い知れるはずもないが、少なくとも僕の心がバラバラになりつつあるのは分かる。
正月ボケの抜けない僕はと言えば…オンラインゲームに興じて、
ヴァーチャルな世界で心遊ばせる日々。MMORPGと呼ばれる多人数参加型RPGは、なかなか面白い。ひたむきに剣を振るい、時に仲間を得て、自身を高める生き方に憧れ羨む。
僕は妄想を加速させ、脳を覚醒させる。
今、僕が立つのは冒険の幕開けを告げる仮想世界の入り口。広がる大草原に潜む危険を顧みず踏み出す勇敢さには、もちろん理由がある。後方支援を安心して任せられる、美少女パートナーがいてこそなのだ!
僕が危険に遭遇すれば、盾となる僕ごとファイヤーボールで焼き尽くす。当然、ヒールをかけて癒しのフォローも忘れない。
万一、僕が倒れれば、僕の屍を背負って教会まで健気に運んでくれるに違いない。最良のパートナーを得て、僕はいつでも、スリル溢れる命懸けの冒険を楽しむことが出来る。
しかし、現実に僕が手に入れられるのは…少女美を封印した
魔法の書物
ピュアピュアが関の山なのである。

見慣れないロングヘア美少女川島海荷を表紙に掲げたVol.40は、一際新鮮な印象をもたらす。新しい風が心に吹き込まれるのを感じて、早くも自身のステータス異常を自覚することに。
これはいち早く、美少女がもたらす魔法の呪いを解き明かす
必要がありそうだ。

川島海荷
普段からドラマに馴染みのない僕には、全くのノーマークだった子。いきなりの表紙・巻頭グラビアに驚きを隠せないが…いわゆる小動物系の愛らしいルックスで、写真写りも良好。中学生には見えないあどけなさと、意外に強気なキャラがミスマッチ。
瞳に力があって存在感あり、今後が楽しみだ。しかし、セーラー冬服よりも、いっそランドセルの方が萌えられそうな気が。。
一木有海
食べ物を前にすると、殊更に笑顔輝く肉食美少女あみーご。湖畔バーベキューのシチュでは、当然生き生きとした表情に。う~む‥癒される。。 しなやかな美脚に釘付けにされるのも、少女っぽさ抜群のオーラの仕業か。
普段着装いの多いあみーごなのだが、たまには制服などは
如何だろうか? ツインテールあげあげ結びチェックのミニスカートで、肉を貪るシチュを是非ともリクエストしたい。
天野莉絵
かつてその高貴な容貌から、「おさかな姫」と奉り入れ込んだ時期もあったが…成長するにつれ、ふっくらとした印象が濃くなり、気持ちが離れてしまった女の子。あくまで細いに違いないが、華奢な儚い少女ならではの風情は、失われてしまった感がある。
今号を見ても、実際に胸のボリュームとか、かなり凄い。遠ざかる少女期を愁う心境。ともあれ、ひと時の夢をありがとう、姫よ。
加地千尋
意外にも?ピュアピュア初登場とのことだが、「新キッズ・ウォー」の頃から少し成長した美少女ぶりは健在。制服姿なぞは、これまさに正統派!といった雰囲気。ただやはり、あの男勝りのイメージが抜けないので、これからはどんどん女の子っぽさをアピールして欲しい。
中2には見えない幼さ品行方正で自分の世界を持つキャラクターが独自の魅力。女優でもモデルでも期待出来る注目株だ。

入門したての見習い魔法使いが、いきなり強力な魔法を使いこなす最近のピュアピュアワールド。世代交代の枠を越えて出現する少女の力を、決して侮ることは出来ない。心を侵食する破壊力を、むしろ心地良く受け止めよう。
傷付き力尽きそうになろうとも、僕は頑なにポーションを使おうとはしない。可憐で幼い天使だけが、僕の心身を癒してくれる。
倒れた僕の傍らに立つ少女が呪文を唱えてくれるのなら、たとえゲームオーバーでも構わないんだ。

| | コメント (11) | トラックバック (8)

2007/01/03

失われた王国

モーニング娘。

小さいながらも繁栄を遂げる、とある王国。僕は国の更なる
繁栄を願い奔走する、位の高い役人。しかし、突如として舞い降りた悪魔が国民を誘惑し、連れ去ってしまう。空っぽになった王国は、呆気なく滅亡を遂げる…。

以上が、今年の僕の初夢である。
何とも後味の悪い幕切れか。。 正月番組に飽きるほど顔を見せる視聴率女王?細木数子によると…今年は、僕(火星人)にとって試練の年であるらしい。もしも、僕が細木数子に鑑定してもらう機会があったとすれば…恐らくは、ロリコンだの変態だのと罵られた挙げ句に門前払いを喰らうか、「心が病んでいる」とか宣告され果ては自殺する運命を言い渡されるのが関の山であろう。
僕は人にロリコン呼ばわりされても、正直言って気にも留めなくなった。幼い子の純粋さに惹かれるのは、汚れた世の中に感じる絶望感と、耐え難い渇きに晒される僕の心が指し示すシグナルに他ならない。そういった意味で、僕は確かに「心が病んでいる」のかも知れない。
僕が病んだ心を抱えつつ、なぜ死なないのかは言うまでもなく…そこに最後の拠りどころがあるからだ。
そこに美少女が放つ癒しの波動、密やかに萌える魂があるからなんだ!
もはや、僕の命綱に等しい美少女萌えを底知れず供給する
ジュニアアイドルの世界。空前のU-15ブーム到来で全盛を誇るこの世界に、果たして落とし穴は存在しないだろうか?
僕は、時折不安に駆られる。

一時期の隆盛から現在に至るまで、王国と呼ぶに相応しい牙城を築き上げたハロープロジェクト。時を経て、かつて主役を演じたモーニング娘。の存在感は、かなり稀薄なものとなった。
メンバーの高齢化に伴い、元祖モーヲタの一部がBerryz工房などキッズ寄りに流出久住小春の加入により若返りを図るも、今ひとつインパクト不足は否めず。学業優先などの理由による、度重なるメンバーの離脱。ここにきて、リーダーとしてモー娘。下降期を牽引してきた吉澤ひとみも卒業し、衰退に拍車を掛ける形となっている。
これに対し、世代交代を感じさせるキッズ人気の急浮上が、
極めて対照的に映る。特に、Berryz工房のシングルリリース頻度全国区のメディア露出充実するコンサート内容には驚かされる。今年春には、あのさいたまスーパーアリーナで単独コンサートを催すにまで至っている。他にも、動き始めた℃-ute、胎動を響かせるエッグ等、楽しみな要素は尽きない。
モーニング娘。の再興を予感させる一筋の光があるとすれば、新加入の光井愛佳の他にはない。全くもって未知数だが、
もはやこの若々しいパワーに期待するよりほかに望みはないだろう。
ジュニアアイドル界全体においても、昨年度々問題となった
小中学生の露出の問題を受けて、大幅な規制強化が囁かれている。(参照:行き過ぎた暴走 写真集やDVDなど出版物の表現・演出に、少なからず影響を及ぼすことが懸念される。

永きに渡り繁栄を誇る王国にも、やがて終末の時は訪れる。
新しく芽吹いた若い世代に次なる夢を託すことが、唯一の生き残る道なのだろう。再建のきっかけを失うことが、逃れられない滅びの序曲となる。そう僕の夢は暗示していたのか。
僕の心に存在する美少女アイドル達の王国。この国の興亡に、固い決意を秘め自らの命を捧げ吊り下げる。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »