« 哀しみの日 | トップページ | 行き過ぎた暴走 »

2006/11/07

胸に在り続ける記憶

嗣永桃子、夏焼雅

突然のめーぐるショックが、今だ醒めやらない心境だが…脱退発表直後のイベントにおいて、℃-uteメンバーは気丈にも再出発を宣言。寂しさは拭えないが、気持ちを新たに見守ろうじゃないか。
かつて石村舞波を失い、涙に暮れたBerryz工房の記憶が鮮明に蘇る。(参照:忘れえぬ日々 追憶の少女 あの頃から力を失ったかといえば、そんなことはない。共に生きた日々を胸に秘めて、新たな輝きを見い出したように思えるんだ。
コンサートを重ねる毎に、完成度を増すパフォーマンス。そこに、限りない少女の成長と可能性をひしひしと感じる。並みいるジュニアアイドル勢を寄せつけない、圧倒的なアイドルパフォーマンスをライブDVDで体感しようじゃないか。
熱い少女の夏物語、「夏夏!~あなたを好きになる三原則~」DVDを観ていくとしよう。

OPENING
ツンデレを期待させるナレーションから、いきなりの寸劇突入。ほぼキャラクター通りのキャプテン・千奈美の演技が安定している。夏のイメージが強い、ちなこ中心のステージとなる予感が。制服風の装い、しかもチェックのスカートがまさにツボだよ、反則だよ。。。 桃子直伝?のりしゃこアゲアゲ結びが、これ以上になく萌えさせる。
MC1
珍しくまあさが進行を務める自己紹介が、妙に新鮮。桃子斬り込み隊長とは、よく分かってらっしゃる菩薩様。ももち、桃のように甘~いイントネーションに、脳味噌がウニだよ、ももち。。。 りしゃこ、まあさの問いかけ無視なのかい!? 熊井ちゃんが太陽掴むのは時間の問題だよ、にょきにょきしすぎだよ。
千奈美、猪木かよ! 「にょろしくお願いしま~す」て、流石だよ千奈美。いつになく、雅ちゃんがお茶目なMCを。最近僕の夢に出てきて、誘惑するのはやめて下さい。中二病か??
笑っちゃおうよ BOYFRIEND
夢見心地なメロディアスなナンバーに、関西弁がなぜか絶妙に合う。真っ赤な衣装が少々ビビットではあるが、たまにはこんな曲もよいのでは。にしても、まあさの顔がキツク見えるのは、髪の結びが強すぎるせいなのか!?
ギャグ100回分愛してください
スタンドマイクで楽しい振り付けを封印した代わりに、よく見ると…桃子どセンターじゃないか!! 斬り込み隊長どころかメインステージだよ、ももち‥。指差しくるくるに、桃色回廊まっさかさま! 高音な歌声と表情が、いつも以上に生き生きと。
ちなこのコンパクト「のにゅ!」も、なかなか良い感じ。
MC2
突拍子もない桃子にツッコむキャプテンは、素でもありそうだ。脈絡なくしりとりを始める桃子に、ブリッコ→小指立つ→嗣永桃子の3コンボを喰らわす怖さ。「何か問題でも?」の台詞は、ももちの本心に相違ない。まあさに甘えられるのはどうなのか?と思えば…「ついてきちゃった」と、袖をつかむりしゃこに脳内機関停止に。桃子化する3人に、痛く萌え
チュッ! 夏パ~ティ
ベリきっての美脚3人娘による、ブリブリナンバー。至極なカメラワークで、モデル顔負けのプロポーションを魅せまくる。現役中学生の色気は侮れない‥。これは、雅ちゃんの色香と、ちなこの元気と、熊井ちゃんの無邪気が三位一体となった賜物だ!
Yeah! めっちゃホリディ
いつもより弾けてるりしゃこが見所。少々派手すぎる印象だが、不自然には見せない大人っぽさがりしゃこマジック。「まるごと」で見せた「がに股ズバッと」を期待したが、必要以上に遠慮した「ズバッと」は少なからず残念な感じ。。。
ハレーション サマー
ココナッツ娘。のカヴァー曲。かなり大人っぽい印象の曲だが…桃子にはやはり、あややナンバーの方がよく似合う。キャプテンの表情の作り方は巧みだが、桃子のそれには、どうしても背伸びしてる感が。とはいえ、躍動感のあるダンスは素晴らしい。
最後の「サンキュー」がキメきらないのが、桃子スタイル
お昼の休憩時間(VTR)
屋上でお弁当のシチュ。桃子、煮豆の悪夢再びな構図!? キャプテン、おにぎりデカ過ぎ。顔ぐらいあるぞ‥。桃子が千奈美に食べさせてる?? 雪解けか!? ももち雑巾がけが、何れにせよ萌える。千奈美の横着なほうき使いに、「ほうきになりた~い」はないだろう。。。
かっちょええ!
夏祭り風にアレンジされた楽曲に、和風な衣装がベストマッチ。この曲独特の激しいダンスは抑えられ気味だが、お面で顔を隠しながら踊るのは、なかなか斬新で面白い。しかし、歌い出しでキャプテンは何と言っているのだ??
MC3
一連の寸劇は、夏合宿といったストーリー性があるらしい。かなり内容のある寸劇だが、千奈美の台詞が延々と続く。やはり、千奈美中心のツアーという印象が色濃い。最近、急速に色気づく熊井ちゃんが、恋愛に興味津々なのは至極リアル。キャプを片手であしらう肉体的優位が脅威だよ、熊井ちゃん。。。

夏の暑さもあるのか、後半は相当キツそうな表情も見えた。
ただ、それを補って余りある寸劇の充実度、ボリュームある舞台裏特典映像の付加によって、極めて満足度の高いDVDとなったようだ。夏らしいセットリスト、千奈美の夏少女ぶりに焦点を合わせたのも正解だと思う。

失くしたものの重みを忘れることなく胸に刻みつけて、歩み続ける少女達。力強く階段を登るその足取りに、あらゆる経験を糧として成長する、若さ漲る美少女のエナジーを感じ取る。
在りし日の大切な仲間の記憶は、決して過去に消え去ったものでなく、今も少女らの胸の内に存在し成長を支えているんだ。

|

« 哀しみの日 | トップページ | 行き過ぎた暴走 »

コメント

ハレーションサマーの間奏で、桃子が一瞬だけUPになる部分が非常に好きです。
2アングルからの映像が、1秒ないくらい短い時間で出るだけなんですが…(^^;

>歌い出しでキャプテンは何と言っているのだ??
 これ、たぶん「お祭りだ!」って言ってると思います。

セットリストも良く、DVDにも映像特典が付いていたり、「夏夏」はお気に入りです!
実はウチも今日、仲間と見ていました、このDVD。

投稿: OMNIBUS | 2006/11/08 01:01

>OMNIBUSさん
細かい見所の情報、ありがとうございます。
実はまだ、数えるほどしか観ていないので、まだ色々と注目すべき見所が出てきそうです。
>たぶん「お祭りだ!」って言ってると思います。
そうだったんですか。キャプテンの発音は、たまに分かりにくいことがあるのかも!?
今回、コンサート自体も良いですが、僕としては特典映像とか大変嬉しいです。少女の素の表情に、何ともいえず惹かれるんですよねぇ。。

投稿: santa | 2006/11/08 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/12592354

この記事へのトラックバック一覧です: 胸に在り続ける記憶:

« 哀しみの日 | トップページ | 行き過ぎた暴走 »