« ありのままの魅力を知る視点 | トップページ | 胸に在り続ける記憶 »

2006/11/01

哀しみの日

どうにもやりきれない思いにとらわれる。存在さえ許されないかの如きほんの一瞬で吹き消される、儚い灯し火。あの日、あの時、差し出した手に残る感触は、果たして幻だったのだろうか。

本日は『℃-ute 村上 愛』について皆様へ大事なお知らせがあります。
村上 愛は昨日2006年10月31日をもって、学業に専念する為『℃-ute』を脱退した事をご報告致します。

(ハロープロジェクトHPより抜粋)

常々、心がけたいのは…事実に基かない情報で、あれこれ詮索するのは控えるべきだとの考え。それでも、僕はまだ人間が出来ていないのかも知れない。
待望のメジャーデビュー初のイベント参加を経て、僕の中に新しい視界を広げてくれた℃-uteの面々。ようやく真新しい未踏の世界へ足を踏み入れた矢先、耳障りな雑音に悩まされる。
僕は℃-uteのアルバムを聴きながら、「アイドルとは、擬似恋愛の対象。ひと時の夢が見られれば、それでいい。」と、必死に自分に言い聞かせる。そう思ってはみても、何の根拠もない情報に、実のところ心乱されうろたえていたのだ。そして、このタイミングでの「卒業」ではなく、「脱退」。「学業優先」という理由は、辞める子がいつも口にする台詞にも思える。
僕は、いつも思う。アイドルが恋愛するのは構わない、と。
ただそれは、熱い想いを抱いたファンならばなおのこと、毛ほども感じさせて欲しくないと願うのは当然だろう。人の私生活に
土足で踏み込む輩は、糾弾されるべきだ。それでも事が公になってしまえば、結果としてファンの夢を打ち砕くことになってしまう…。

もう既に過去のものにされつつある、めぐの存在。これ以上、
深く言及するのは避けよう。願わくば、今回の件が他メンバーの心根に影を残さぬよう、そしてめぐの決断が幸せに導かれるよう祈ろう。
ただひとつ、記憶に残るのは…別れゆく舞波を出迎えつつ、
ほんの一瞬映った涙を押し殺すめぐの面影。仲間に惜しまれながら去っていった舞波の姿に、めぐがダブることはもうない。
めぐの涙は、きっとあの哀しみの日に置き去りになるのだ。

|

« ありのままの魅力を知る視点 | トップページ | 胸に在り続ける記憶 »

コメント

そう、哀しいです…
あまりにも対照的で最悪な脱退劇にいつものことながら自らの無力さを痛感します。

投稿: sleeping maiha | 2006/11/02 03:42


何か本当に信じられないくらい、酷い幕切れですね…。
めぐ推しの方の、心中察するに余りあります。
こういった事が、他の子にもあるのでは!?と心配になってしまいます。ZYXの法則とか、本当に勘弁して欲しいです。。。

投稿: santa | 2006/11/03 17:05

お久しぶりです
トラックバックありがとうございました

今回の件は突然の出来事すぎて・・・
しかし悲しんでばかりはいられない
℃-uteは始まったばかりです
残ったメンバーの為にも今迄以上に応援してあげてください
それもめぐの為だと思います・・・

ちょっとお決まりの言葉しかいえませんがスミマセン・・・

投稿: 小麦 | 2006/11/06 22:40


予想外のこととはいえ、非常に後味の悪い感じを、メンバーにもファンにも残したようです。理由はどうあれ、めぐにはきちんとファンの前でお別れを言って欲しかったですね…。
僕個人としては、℃-uteを変わらず見守ろうと思います。ただ、今月の応援企画は、仕事で行けないかも…残念ですねぇ。。。

投稿: santa | 2006/11/07 22:19

始めまして、めぐのファンです。
細々と復帰署名始めました。
私のBlogをご覧頂き、
ご賛同頂けましたら署名お願い致します。
またお知り合いがいらっしゃいましたら
教えてあげてください。
よろしくお願い致します。

http://blog.livedoor.jp/meg1992/

投稿: のぶ | 2006/11/15 03:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/12520536

この記事へのトラックバック一覧です: 哀しみの日:

» 『℃-ute 村上 愛』について皆様へ大事なお知らせ [なんか面白い事な〜い?]
Hello! Project -Official Site-村上 愛は昨日2006年10月31日をもって、学業に専念する為『℃-ute』を脱退した事をご報告致します。 矢口に続いての脱退。 卒業ではなく脱退の理由はなんだろうね。 将来有望のメンバーと見込んでいたであろう彼女と、事務所の関係が上手...... [続きを読む]

受信: 2006/11/02 00:52

« ありのままの魅力を知る視点 | トップページ | 胸に在り続ける記憶 »