« 行き過ぎた暴走 | トップページ | ももち論 血の刻印 »

2006/11/22

揺るぎない幸福の感覚

ピュアピュアVol.39 広がる格差から生まれる、勝ち組・負け組の社会通念。前途ある若者の未来を暗く塗り潰すかのように、悲観的な報道ばかりが流される。嘆かわしい日本の将来を案じたところで、何になるのか。どんな状況に置かれても、人は、すべからく己が人生を生きるしかない。大事なのは、いかにして自身の心根の中に幸せを見付けられるかどうかだ。

果てしなく堕ち続けてゆくこの感覚。何の躊躇もなく、底知れぬヲタ地獄に飛び込んだ僕なぞを、人は負け組と罵るだろう。
しかし、一体何をもって勝った負けたと言えるのか。ただ、財や名声を得られれば勝ちだと言えるのか。
幸せの価値基準は、人によって異なるもの。仕事に明け暮れて、人生を社会奉仕に捧げる人達を、僕は少々気の毒にすら思う。この際、はっきり言わせてもらおう。美少女に萌えられないならば、本当の幸せを見失ったまま、人生の大半を無下に過ごしていると!

恍惚とした感覚が僕を包み込む…。織り成す少女美に導かれて、天上の楽園に辿り着く僕が手にするもの。それは、透き通るように純粋で可憐な少女の魂を封じ込めた、唯一無二の宝箱。美少女エクスプレスピュアピュアVol.39であった。
煌びやかに光り輝く新星美少女小池里奈の表紙に萌えメーターがマックススピード! 僕の脳髄を超音速に突入させた、高性能新型エンジンを徹底解明してみようじゃないか。

小池里奈
秋深まる中、なおも水着で魅せてくれる新星美少女に感謝感激! 少女美絶頂期といって差し支えない、あどけなさとしなやかな曲線美のハーモニー。野暮ったいセーラー服と半纏がこの上なく似合うのも、栃木っ娘ならではの純朴さが成せる業。
しかし、半纏を知らないとは、意外にハイカラな印象だ…。
日夜、睡魔と闘い、どこでも寝られるようにと心がける姿勢が健気。アイドル戦線生き延びる術を知っているな、この子は。
一木有海
今回の次世代美少女、いつになく大人っぽい雰囲気を感じると思いきや…いつの間にやら、身長150センチ間近に。うむむ‥いよいよあみーごも、少女らしい美しさに磨きが掛かってきたか。ちょっと澄ました表情も、違和感なく秋少女の情緒溢れる質感たっぷりに。かと思えば、秋の味覚大好きな無邪気な面を覗かせる辺り、いとカワユシ
伊藤夏帆
何かしら不思議な透明感を感じ得る、魅惑的な少女。華奢過ぎる肢体が、ユニセックスな危うい魅力を帯びる。仲根かすみの少女時代を思わせる、清楚なルックスに将来性を感じる。
ジュニアモデルの世界は、かように未知なる原石の宝庫である。新世紀美少女「夏帆」の名に恥じない、今後の活躍に期待すべし。
橋本甜歌
テニスウェアに、これほど萌えないのも珍しい(失礼!)。雨に濡れそぼつ制服が、これまでにないセクシーさをさりげなく演出!? う~む。。ピチモの割に太過ぎる脚が、全てを台無しにしているような気が…。制御のきかない物欲と、早口でまくしたてる落ち着きのなさは相変わらず。てんかりんよ、栃木の素朴で潤いに満ちた郷土味を思い出して欲しい。
松井さやか
ピチモで最も注目すべきは、この正統派ジュニアモデルの一番星さやりぃだと断言しよう。温もりある優しさと、端正かつ柔らかな癒し系ルックスが絶妙に調和。かつて函館で、美少女探訪を繰り広げた時にも、北海道のレベルの高さを実感。さやりぃの美少女性が、まさにそれを象徴している。「普段の自分を出す」のを、心がける姿勢が素晴らしい。素顔の大切さを理解した時、少女は進化を遂げるんだ。
田中彩友美
更にピチモから吹き込まれる新風は、14歳にしてお姉さん風な包容力を持つ美少女の風。大人っぽさと優しげな瞳が特徴のあゆみんは、感情表現が豊かで、しっかり者のイメージ。制服や花柄ワンピなど、ナチュラルな装いが、優しい陽だまりのような感触を。向上心を持って様々なジャンルに挑戦する姿が、より大人っぽさを際立たせている。
一木有海

今号で注視すべきは…小池里奈のキュートな水着成長を垣間見せる一木有海、加えて、続々と現れては進化を見せる
モデル出身の美少女達。ジュニアモデルのピュアな魅力が、
アイドル界に徐々に浸透してきただろうか。
新たに生まれ出る穢れない少女の魂に出逢う時、えもいわれぬ癒しに満たされた、潤いのひと時を甘受する。その感覚を
幸福」と呼ぶのなら、俗世の汚れた通説などものともしない、尊いものを僕は既に手に入れている。
美少女に胸ときめかす熱い想いは、ゆるぎない幸福の扉へと通じているんだ。

|

« 行き過ぎた暴走 | トップページ | ももち論 血の刻印 »

コメント

待ってました!!(今回はレビューが遅かったので)

まさにその通り!!

普通の人は僕達のことを不幸な人と思うのかも知れないけど

『不幸なのはあなた達の方なんです!!』

って大きな声でいってあげたい

投稿: まーくん | 2006/11/24 14:20


た、確かに、脳内における妄想力は、人並み以上な自信があります!
何と言いますか…少女に萌えるというだけで、偏見を受けることもしばしば。美少女アイドルの素晴らしさを理解されないことが多く、とても歯痒い思いです。。
ひと時の甘い幸せを、心の支えにしてゆくとしましょう。

投稿: santa | 2006/11/25 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/12785946

この記事へのトラックバック一覧です: 揺るぎない幸福の感覚:

« 行き過ぎた暴走 | トップページ | ももち論 血の刻印 »