« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/19

ありのままの魅力を知る視点

菅谷梨沙子 かつてアイドルが細分化されなかった時代では、水着による肌の露出は特別なアピールとは受け取られなかった。年齢や路線によって細かくカテゴライズされた現代では、水着ひとつとってみても、様々に見解が分かれる節がある。
あくまで、アピール手段のひとつでしかなかった水着が賛否を呼ぶ。行き過ぎたローティーングラドルのみならず、相応の魅せ方に止まる場合においても、時として批判の声があるのはかなり意外に思える。

先日発売された菅谷梨沙子写真集「Risako」。Berryz工房はおろか、キッズでは初のソロ写真集で水着ありとくれば、まさにファンにとって待望の一冊となっただろう。最年少のりしゃこが年長組を差し置いた件について、いささか戸惑いはあったものの、元々大人っぽいりしゃこだけに水着も何ら違和感は感じない。ベリメンが水着にならないことに、どこか消化不良を募らせていた僕からすれば、少々遅すぎる展開だと言えなくもない。
ところが、意外にも否定的な意見が多い。これまで、頑なに水着を拒み続けてきたキッズへの反動だろうか!? りしゃこが小学生である点が、行き過ぎているように映るのだろうか!? いずれにしても、モー娘。には見られなかった特異な反応だ。
僕が最も注視するのは、年齢を問わず、その子がより魅力的に見えるアピールをしているか?と、いうこと。同じ小学生でも、
りしゃこが水着になるのと、マイマイが水着になるのは全く訳が違う。「アイドルとは、あらゆるアピールを試みるべき」を持論とする僕から言わせて頂けるなら、水着はアイドルにとって欠くことの出来ないアピール手段であると断言出来る。

水着を用いることで、よりアイドルらしい魅力を引き出した好例を紹介しよう。セーラールナを皮切りに、ドラマ、アイドル誌と活躍。最近では、ドラマ「14才の母」で志田未来の同級生役を演じる小池里奈は、類を見ない天性の可愛さが光る期待の星。常に、客観的な審美眼を忘れない僕の眼をもってしても、その愛らしさはまさに新星美少女と呼ぶに相応しいものがある。
(参照:新星美少女の出現
そんな彼女の2冊目の写真集「一年四組十九番」は、前にも増して少女らしい成長を垣間見せる、クオリティを高めたものとなった。この中で、水着を扱う魅せ方は、極めて自然で余計な演出を排除した、少女本来の素材重視な作り込みが窺える。それでいてさりげなく、モダンバレエ、眼鏡、ツインテール、ジュース飲みといった萌え要素を散りばめる辺りが、大変素晴らしい。「Risako」に続くキッズ写真集は、是非ともこれを参考に作り上げて欲しいものだ。
これとは反対に、暴走を続けるローティーングラドルの世界では、次々と現れる少女らが危険な賭けに打って出る。「クリーム」といった、いわゆるアダルト向けお菓子系雑誌に、小学生で初めて掲載されたのが鮎川穂乃果。さすがに、あからさまな際どい描写は少ないものの…アダルト誌のインパクトと、セーラー服と白ビキニなど擬似を思わせる演出は、かなり危うい雰囲気を帯びる。実際に、撮影会でトイレに隠しカメラを仕掛けられる等、危険に直面する事態にも陥っている。年齢にそぐわない行き過ぎたアピール。あまり思わしくない例といえるだろう。
小池里奈

水着を含めた演出に限らず、何が正しくて、何がいけないのか? それを決めるには、少女の魅力の源泉となるものをよく理解し、その輝きを増幅させる錬金術をまず知らねばならない。
これ以上にない自然な輝きを発する美少女アイドルには、手の尽くされたあらゆるマネージメントが必要となるはず。 決して
必要悪となることなく、ありのままの少女に触れる素直な目線があれば、見えてくるものがあるのかも知れない。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2006/10/11

視界に広がる新たなフロンティア

℃-ute 最初の一歩が果てしなく重い僕のハロプロ初イベントは、ハロプロ最終兵器℃-uteのFC限定イベントとなった。
℃-ute応援企画第6弾は、ラフォーレミュージアム六本木でやるそうな。そもそも六本木なぞ行ったこともない田舎者の僕は、地下鉄に乗るのも数十年ぶり。人身事故防止のフェンス?で覆われた構内に驚きつつ戸惑う僕は、まんまと乗り違える。六本木一丁目駅に着いても、どちらへ向かえばよいやら分からぬ‥それとなくヲタヲタしい人らについて行くと、何とか辿り着けた。
予想を超える人だかりは、ハロプロの底力を見せつける。会員限定イベントにして、三部に分けただけはある。しかし、入場に際しての持ち込み検査は、テロを恐れるアメリカの空港並みだ。今回、一泊前提だった僕のバッグの隅々まで弄るお姉さん。下着やら何やら見られ放題な挙げ句、デジカメまで取り上げられてしまった。。。
肝心のイベントはと言うと…スーツで登場しためーぐるの巧みな話術で、滞りなく進行。愛理、マイマイ、ちっぺのミニコントに
脳内温度急上昇! おいも屋でイベントしても、何ら違和感のない小ささに萌える。比べてまいみぃー、梅さんの大人っぽいことといったら…。ここからは、内容に沿って記憶を辿ってみよう。

℃-uteの日反省会
マイマイDJボタンの押しミス、マイマイ暴走を止めるナッキー(スッペジェネくだり)、怒りのめーぐる総集編などのVTRを見ながら、メンバーがイジり倒す。めーぐるは恐れられている割りには、ツッコまれまくりで怒り心頭という図式。個人的には、℃-uteのスッペジェネは大変興味深い。めぐ「過剰な期待は禁物」とのこと。
めーぐると栞菜の身長対決
栞菜とナッキーが身長計を持って乱入。大胆かつ果敢に、めーぐるを攻撃する栞菜が意外に思える。実際、身長を気にするファンはそういないと思うが、かなり熱い争いを繰り広げる。結果はめーぐるが僅差で勝利。ほとんどアドリブのように見えたが、
だとすると、ベリよりもかなり喋りが利きそうな雰囲気。
キューティー探偵事務所(寸劇)
探偵物語の松田優作よろしく、マイマイのコスプレに場内爆笑。セーラー服栞菜と、犬の着ぐるみ岡井ちゃんも良い感じ。男装が凛々しいよ、まいみぃ。突然唄い出しては泣く愛理激萌え。「行ってくっかんな~!」が強烈な印象を残した栞菜が、
やけに目立っていい味を出していた。
ミニライブ、ダンスレッスン舞台裏(VTR)
まっさらブルージーンズなど3曲ほど。バスケユニホームで唄う姿を凝視したかったが、総立ちになってノリノリな雰囲気に戸惑いまくる。ライブ開始と同時に、当然のように一斉に立ち上がるのには驚いた。(秋葉系イベントでは、座ったまま手拍子がせいぜい) それでも、観客毎の温度差はかなりあるように見えた。中途半端な空気感が何ともいたたまれない。。
レッスン風景を見ながら振り付けを反復する隣のヲタが、かなり気色悪かった。別に、振りまで覚えることなかろうに…。
握手会
ハロプロならではの高速握手。噂に聞く、腕力を行使してファンを引き剥がす、剥がし役といわれるスタッフが配置に。血生臭い光景に遭遇するのを期待したが、比較的やんわりとした感じだった。
黒服に怯える僕は、ほとんど会話もなく握手するのみ。それでも、初めて触れ合うトップアイドルの卵達に気分は高まる。中でも、岡井ちゃんの強めの握りは期待通り。愛理は、やや下から窺うように潤んだ瞳で見つめてくる。無駄にデカくてゴメンね、
愛理。最後のまいみぃーは、温かく迎え入れるように気持ちの込もった握手を。うむむ‥ビューティホーだよ、まいみぃ。。。

やはり、その辺のアイドルとは一味違う、巧みなトーク秀でた演技力。ファンを楽しませるツボを押さえたパフォーマンスは、充分に満足出来るものだった。それとは別に考えれば、拙い相応の素の少女らしさに欠けていたのも、また事実。僕としては、当然その点を考慮して、バランス良く萌えを摂取しなければならない。
上野で一泊して、翌日には例のごとくおいも屋へ。二度目となる川上セイラ嬢のサイン会は、素の美少女萌えにはまさにうってつけ。前回の反省から、どうにか頑張って話しかけてみる。(参照:現代に舞い降りたプリンセス しかし、いつにも増して大人しいセイラちゃんは、リアクションが薄く苦戦を強いられる。クリスマス祭りの話題を持ち出す場面で、チャームのスタッフらしい男性のフォローがあり、痛く感謝。店長は、相変わらず頼りにならない。極めつけは、イラストを頼んだ時のこと。
「イラスト頼むと、みんな猫の絵描くんだねぇ。」「猫が好きなんです。」 ね、猫は可愛いよねぇ‥! セイラたん。。。(涙)
名刺で説明するまでもなく「santa」と英語でスラスラ書いてくれる辺りに、認知された感があっただけで十分さ。
サイン色紙

新しい扉を開けて、踏み入れた世界。瞬きするのもままならない輝きに満ちた世界は、泥濘に埋もれながら、癒しを求めて
彷徨う旅路に一筋の光を投げかけるのだろうか。
僕の視界に映るハロプロの原野は、吸い込まれそうな清涼感をもって、ひたすらに開拓の夢を抱かせるんだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »